小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「エスカレーターでの歩行」を条例で禁止してほしい人の割合は?

2021.10.06

2021年10月1日から、埼玉県で「エスカレーターの安全な利用の促進に関する条例」が施行された。条例では、利用者の義務として「立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない」と定められている。

この条例を定めた理由として、エスカレーターに歩いて乗ると、隣をすり抜ける際に荷物や体などが接触して転倒や転落事故を引き起こす恐れがあるためとされているが、もともとエスカレーターのメーカー各社のほとんどは、同様の理由で「踏段の上を走ったり歩いたりしない」という旨を正しい乗り方として紹介している。

実際に多くの人はどのようなエスカレーターの乗り方をしているのか。今回は、全国の男女1,400名を対象に、エスカレーターについてアンケートを実施した。

エスカレーターの乗り方、約8割が「片側を空けて立ち止まって乗る」

エスカレーターでの歩行が“禁止”に

まずはエスカレーターの乗り方について聞いた。

今回の調査では79.7%と約8割が「片側を空けて立ち止まって乗る」と回答した。また、15.2%は「歩いて」エスカレーターに乗っているようだ。

エスカレーターの正しい乗り方は「片側に寄らずに2列に並んで立ち止まって乗る」だが、正しい乗り方をしているのはわずか5.1%だった。

多くの方は「片側を空けて立ち止まって乗っている」ようですが、その理由としては、「歩くスペースを空けるのが暗黙のルールになっている」「迷惑になりたくない」という意見が多くあった。

また、「正しくは2列で立ち止まって乗るものだとは知っているが、スペースを空けずに乗っていると後ろからぶつかられたりトラブルになる」という意見もあった。

では、埼玉県以外に住んでいる人でも、“エスカレーターでの歩行”について条例などで禁止してほしいと思っている人はいるのか。

50.5%が禁止してほしいと「思う」と回答した一方、49.5%は「思わない」と回答し、真っ二つに分かれる形となった。条例など“公の力によって”禁止することについては、賛否両論あるようだ。

「傘を横に持つこと」「道路で広がって歩くこと」「路上飲酒」などを挙げている方が多くいた。また、コロナ禍という事もあり、「マスクの着用義務化」という意見もあった。

その他に住む街での“おかしなルール・マナー”を聞いたところ、「自治会入会の強制。」「ゴミは市指定の袋で出す。」「沖縄では、駐車場で車を前向きに止める人が多い。アメリカの影響らしいが、危ないので後ろ向きに止める練習をしてほしい。」といった回答があった。

まとめ

今回の調査では、約8割と多くの人が「片側を空けて立ち止まってエスカレーターに乗っている」と回答していた。

「急いでいる人の邪魔にならないように」「エスカレーターに乗るときのマナーとして定着している」という方が多いようだ。

また、2列に並んで乗っていると「後ろからぶつかられた」「通り道をふさがないように注意された」「舌打ちされた」という経験がある方も多く、「トラブルを避けるため」という理由もあるようだ。

「条例などで“エスカレーターでの歩行”を禁止してほしい」かどうかについての考えでは、真っ二つに分かれる結果となった。

数年前から駅などではポスターによって、エスカレーターは「歩かず立ち止まって乗るもの」という呼びかけがされているが、依然として「歩いて乗っている方」や「歩く人のために片側を空けて乗っている方」は多いようだ。

「エスカレーターは立ち止まって乗る」という“正しい乗り方”を浸透させようとするのであれば、埼玉県以外の地域でも条例など“公の力によって”禁止する必要があるのかもしれない。

「エスカレーターに関するアンケート」調査概要

調査期間:2021年9月30日~10月1日

集計対象人数:1,400人

調査対象者:男女

https://trend-research.jp/10128/

https://www.nexer.co.jp

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。