小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ティグアン、エクリプス クロス、UX300e、乗ってわかった話題のクルマの実力

2021.10.11

@DIMEから話題のクルマのインプレッション記事を厳選して紹介します。

話題のクルマ

動力性能、先進装備、快適性、全てがバージョンアップしたVW「ティグアン TSIファーストエディション」

今、世界的にブレークしているのがコンパクト、ミッドサイズのSUVである。ドイツの雄、フォルクスワーゲンにも、下からT-CROSS、T-ROCK、そして現在のフォルクスワーゲンSUVのトップレンジとなる、欧州でのベストセラーSUV、2017年にMQBプラットフォームを携えて日本で発売が開始されたティグアンがある。そのティグアンのマイナーチェンジモデルが2021年5月に上陸。今回、マイナーチェンジモデル導入記念車のTSIファーストエディションに試乗した。

【参考】https://dime.jp/genre/1176618/

静かで力強いモータードライブの走りが楽しめる三菱「エクリプス クロスPHEV」の完成度

三菱『エクリプス クロスPHEV』

脱炭素社会の実現に向けて、産業界全体で様々な取り組みが行なわれているが、特に慌ただしくなっているのが自動車業界だ。生き残りをかけて国内メーカーも新型車を続々投入。最新事情に迫った。  二酸化炭素の軽減、脱炭素化などの観点から、電気や水素を使用するクルマに注目が集まっている。これまではガソリン消費量の少ないハイブリッド車が省エネ、クリーンエンジンの代表だったが、ここ数年でプラグインハイブリッド(PHEV)や、100%電気で駆動する電気自動車(EV)が各社から発売されるようになった。今、クルマを購入するならPHEVか、それともEVか。

【参考】https://dime.jp/genre/1156595/

ガソリン車より120万円高くても選ぶ価値あり!レクサスのフル電動SUV「UX300e」の使い勝手を検証

レクサス『UX300e』

脱炭素社会の実現に向けて、産業界全体で様々な取り組みが行なわれているが、特に慌ただしくなっているのが自動車業界だ。生き残りをかけて国内メーカーも新型車を続々投入。最新事情に迫った。  二酸化炭素の軽減、脱炭素化などの観点から、電気や水素を使用するクルマに注目が集まっている。これまではガソリン消費量の少ないハイブリッド車が省エネ、クリーンエンジンの代表だったが、ここ数年でプラグインハイブリッド(PHEV)や、100%電気で駆動する電気自動車(EV)が各社から発売されるようになった。

【参考】https://dime.jp/genre/1156627/

乗らずに死ねるか!今こそ乗るべき世界に誇る名車、日産「GT-R」の現在地

2007年、浜松近郊にある小さなサーキットで、デビュー直前の「GT-R」に乗った。参加したジャーナリストたちの誰もが、この日を待っていたのだ。2001年の第35回東京モーターショーで「GT-Rコンセプト」が登場し、国産最強を謳うスポーツカーの存在が明らかなった。さらに2003年にはあのカルロス・ゴーン氏が、完成の暁には2007年に発表・発売を行うと約束した。そして2005年に「GT-R PROTO」が東京モーターショーに出品され、いよいよカウントダウン開始か、と思った。さらに、そこから2年も待たされたのだから、期待度の高さも分かろうというもの。

【参考】https://dime.jp/genre/1150977/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。