小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

リュック、トート、ショルダー、通勤用におすすめの新作バッグ7選

2021.10.06

通勤に使える注目の新作バッグを@DIMEから厳選して紹介します。

新作バッグ

ミニマルな美しさとタフさを追求したサムソナイトのビジネスバッグコレクション「マイスター」

無駄のないスタイリッシュなデザインに、ミリタリーテイストのグリップしやすく厚みのあるファスナー引手や、ロゴタグのコバにアクセントカラーのブルーを効かせるなど、こだわりのディテールがミニマルな外観にデザイン性をプラス。

【参考】https://dime.jp/genre/1231866/

コンセプトはFROM WORK TO CLIMB!実用的で使いやすいマムートの新作バッグ&シューズ7選

マムートから、春夏コレクションで好評だった「From Work (ワーク) To Climb (クライム)」コンセプトのプロダクトがパワーアップして2122秋冬コレクションからもリリースされる。

【参考】https://dime.jp/genre/1221307/

経年変化や鞄のこなれ感を愉しめるCREEZANの牛革バッグ「DAY TRIPPER PLUS」

旅をテーマに展開する「CREEZAN」の中でも最もカジュアルなシリーズ「DAY TRIPPER(デイ トリッパー)」に、牛革を採用した新シリーズ 『DAY TRIPPER PLUS(デイ トリッパー プラス)』が登場した。

【参考】https://dime.jp/genre/1218353/

厚さ5cmで見た目もすっきり!13インチのノートPCを収納できるマザーハウスのレザーバックパック

正面から見た姿は、ハンドルとベルト以外すべての要素をそぎ落とした、シームレスなデザインに。マザーハウスからアンティーク・シリーズの「アンティーク ミニマル バックパック」がリリースされた。

【参考】https://dime.jp/genre/1215111/

オンもオフも使える通勤リュック

コスパ最強!機能とデザインを追求したオン・オフ兼用リュック「スマートダレスリュックVer.2」

コロナ禍で一変した生活様式に合わせ、DIME通販のベストセラー『スマートダレスリュック』をアップデート。3密を回避できる通勤手段として脚光を浴びる自転車に着目し、アクティブなモデルへと生まれ変わった。  自転車用リュックを彷彿とさせるスリムなボディーは本品の特徴だが、それだけではない。天部のマチ幅を広げた独自構造によって容量を約3L拡張しつつ、何と約200gの軽量化を実現したのだ。

【参考】https://dime.jp/genre/1089488/

収納力と機動力を追求!本当に使える機能だけを詰め込んだコスパ最強のウィークエンダーバックパック

ビジネスマンに人気のスクエアリュックはミニマムな外観が要だが、機能がシンプルすぎるという声もあった。そこで開発した超多機能なスクエアリュックがこちら。すっきりとした見た目はそのままに、小物の仕分けに便利なフロントポケットやPCスリーブ、マルチに使えるボトムポケットなどを搭載。主素材に軽さと撥水性に秀でた軽ターポリンを採用しているため、ちょっとした雨なら気にせず街歩きできる。

【参考】https://dime.jp/genre/846245/

スーツスタイルにフィットする機能性と実用性を備えたアルティザン・アンド・アーティストの「大人のランドセル」

2008年にファーストモデルをリリースしてから12年経つが、再販のたびに改良を続け、完売を繰り返してきた人気商品がこの『DIME』オリジナルの「大人のランドセル」。手がけるのはスタイリストなどプロフェッショナルのための鞄で有名な「アルティザン・アンド・アーティスト」だ。

【参考】https://dime.jp/genre/1027555/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。