小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

不法移民の女性が古い屋敷で恐怖体験…Netflixのホラー映画「ノー・ウェイ・アウト」の見どころ

2021.10.05

「アメリカのホラー映画は正直あまり怖くない」と思っている人に観てほしい、日本人好みのジワジワ系ホラー。

2021年9月29日より独占配信中のNetflix映画『ノー・ウェイ・アウト』は、イギリスのホラー作家アダム・ネヴィルの小説『No One Gets Out Alive』を実写化。アメリカで製作された。

同じくNetflix映画の『ザ・リチュアル いけにえの儀式』も、アダム・ネヴィルの『The Ritual』が原作。

主演は『ザ・テラー』のクリスティーナ・ロドロ。

あらすじ

メキシコからオハイオ州クリーブランドに出稼ぎにやってきた、不法移民の女性アンバー(クリスティーナ・ロドロ)。

女性限定の古い格安アパートで暮らしながら、工場で働いている。

アパートの大家は、陰気な中年男性レッド。レッドの兄ベッカーも、独り言を呟きながらアパート内をうろついている。

生活を向上させるため努力を重ねるアンバーだったが、友人の裏切りや解雇など度重なる不運に見舞われる。

それと同時に、アンバーが暮らすアパートでは恐ろしい現象が起こり始める。

見どころ

本作はアメリカのホラー映画だが、じわりじわりと静かに忍び寄るような心霊現象は、日本人好みと言えるかもしれない。

姿がよく見えない状態で女性のすすり泣きが聞こえてくるところも、ジャパニーズ・ホラー的。

薄汚れたモノクロ写真や音質の悪いテープレコーダーなど、不気味な小道具もいい味を出している。

不法移民であるため、頼れる身寄りもなく警察にも通報しづらいというアンバーの立場も、心細さと怖さに拍車をかけていると思う。

アンバーの部屋にあるテレビの番組では、同じくアダム・ネヴィル原作のNetflix映画『ザ・リチュアル いけにえの儀式』と思われる事件が報じられており、製作者の遊び心も感じられた。

Netflix映画『ノー・ウェイ・アウト』
独占配信中

文/吉野潤子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。