小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年はギネス世界記録に挑戦!パナソニックの「エボルタNEOくん」が世界最長の1111mクライミングにチャレンジ

2021.10.02

「2021年エボルタNEOチャレンジ」

パナソニックは、「2021年エボルタNEOチャレンジ」を 11月7日(日)に開催すると発表した。 この「エボルタNEOチャレンジ」企画は、乾電池エボルタNEOの長もち性能を実証するためにさまざまなことに挑戦するプロジェクトで、2008年にエボルタ乾電池から始まった。

過去にチャレンジをしたエボルタくん

2021年の挑戦は、ギネス世界記録に挑戦する世界最長1,111mクライミングチャレンジだ。

乾電池を動力としたロボット「エボルタNEOくん」が乾電池2本(単3形)でロープを登り、ギネス世界記録1,111mの登頂を目指すというもの。

しかも、今回はチャレンジ企画初のオンライン参加型として、Twitterで募集した応援メッセージをロープに合成表示してメッセージを繋いでいくというギミックも仕込まれているのだ。

もしメッセージが途中で途切れてしまったらチャレンジが失敗という独自のルールを加え、電池のパワーだけでなく成功の可否にまで参加者を巻き込んだチャレンジとなるという。

この挑戦を成功させるためには22万文字以上の応援メッセージが必要とのことで、みんなの応援がカギを握るということだ。

なおこの挑戦の様子はニコニコ生放送、Panasonic Japan(パナソニック公式)Youtube、エボルタNEOくん公式Twitter、エボルタNEOチャレンジホームページにて12時間生放送する。

メッセージを反映したデモの様子。エボルタNEOくんの手と足の間に、スマホで打ち込んだメッセージ「ギネス世界記録がんばれ!@dime」の文字が!

【エボルタNEO世界最長1,111mクライミングチャレンジ 告知30秒動画】

https://youtu.be/qESSNh-yOHU

■クライミングチャレンジの概要

日時:2021年11月7日(日)10:00〜22:00(生放送番組内での実施)
概要:乾電池エボルタNEOの長もち実証のため、スタジオに設置された装置から循環して送り出されるロープを「エボルタNEOくん」単3形乾電池「エボルタNEO」2本を動力に登り、ギネス世界記録1,111mの登頂を目指す。ロープにはTwitterで集まった応援メッセージが合成表示される。

■ギネス世界記録の条件(抜粋)

・ロボットは非充電式の市販された電池のみを動力とすること
・ロボットはリモートコントロールや外部の補助なしでロープ登りができること
・ロープの勾配は地面とロープの角度が70度以上になるよう設定する
・使用する電池の本数に制限はないが、挑戦中の電池交換は認められない
・挑戦中はロボットの部品交換や修理は認められない。ロボットが動かなくなった場合は、その時点で挑戦終了となる

■ロボット「エボルタNEOくん」について

世界的ロボットクリエーター高橋智隆氏が設計・開発

<高橋智隆氏プロフィール>

■応援メッセージ投稿方法

Twitterで「#エボルタNEOチャレンジ2021」をつけて投稿
投稿例:がんばれエボルタNEOくん!#エボルタNEOチャレンジ2021
まだまだ登れるよ!ファイトだ!NEOくん!#エボルタNEOチャレンジ2021
*自身で「#エボルタNEOチャレンジ2021」をつけた投稿はロープへの表示対象だが、下記のLINEポイントプレゼントキャンペーンの対象にはならない。

エボルタNEOチャレンジ2021 応援ツイートキャンペーン

①エボルタNEOくん公式Twitterアカウント(@EVOLTA_ROBOT)をフォロー
②キャンペーン対象投稿の「#エボルタNEOチャレンジ2021」のボタンを押して応援メッセージを入力してツイート
①②のフォロー&ツイートをすると抽選で合計1,111名にLINEポイント(200ポイント)がその場で当たる!

・キャンペーン応募期間:2021年9月30日(木)~2021年11月7日(日)20:00
第1弾:2021年9月30日(木)~2021年10月7日(木)23:59
第2弾:2021年10月8日(金)~2021年10月17日(日)23:59
第3弾:2021年10月18日(月)~2021年10月27日(水)23:59
第4弾:2021年10月28日(木)~2021年11月6日(土)23:59
第5弾:2021年11月7日(日)~11月7日(日)20:00
*第1弾~第5弾まで全てに応募できるが、各回当選は1回のみ。

▼キャンペーン詳細はこちら
https://panasonic.jp/battery/campaign/challenge2021-cheer.html

また「#エボルタNEOチャレンジ2021」をつけて応援投稿した1ツイートにつき10円を、子どものスポーツをサポートする活動を行う団体に寄付(上限50万円)。

■12時間生放送について

日時:2021年11月7日(日)10:00~22:00(予定)
番組タイトル:【ギネス世界記録™にチャレンジ】
エボルタNEO 世界最長1,111mクライミングチャレンジ2021~みんなのメッセージでロープをつなげ!~

番組中に伝えるキーワードを答えてLINEポイント10000ポイントが合計40名(10名×4回)に当たる視聴者限定キャンペーンも実施予定。詳細は当日番組内および当日限定WEBサイトにてお知らせ。

≪番組放送媒体≫
・ニコニコ生放送:https://live.nicovideo.jp/watch/lv333491334
・エボルタNEOチャレンジページ: https://panasonic.jp/battery/contents/evoltaneo/challenge/2021.html
・エボルタNEOくん公式Twitter(@EVOLTA_ROBOT):https://twitter.com/EVOLTA_ROBOT
・Panasonic Japan(パナソニック公式)Youtube:https://youtu.be/dg0R5tA9VGc

過去のチャレンジ振り返り!

・2008年:グランドキャニオンに挑戦

エボルタを動力にしたロボット「エボルタくん」が、グランドキャニオンの断崖絶壁530mのロープを6時間46分31秒で登頂。

・2009年:24時間耐久走行(世界記録に挑戦し成功)

エボルタを動力にした車両型のロボット「エボルタくん」が、フランスのサーキットで24時間で23.726Kmを走り抜く耐久走行に成功。

・2010年:充電式エボルタ 東海道五十三次 

エボルタを動力にしたロボット「エボルタくん」が、東京・日本橋から京都・三条大橋までの約500Kmを走破。

・2011年:充電式エボルタ トライアスロン

エボルタを動力にした3種類のロボット「エボルタくん」がスイム・バイク・ランに挑戦。総距離約230kmを166時間56分で完走。

・2012年:長もち年越しチャレンジ

エボルタを動力にしたポスター型のメカが、14日間ノンストップで142,460回のバーベル挙げに成功。 

・2013年:EVOLTA×プラレール(世界記録に挑戦し成功)

たった1本の乾電池を動力源にプラレール🄬の長距離走行に挑戦。絵やメッセージで飾り付けられたコース
約5.6Kmを走破。

・2014年:廃線1日復活チャレンジ

単1形乾電池エボルタ(99本)を動力にした総重量約1tの列車が、約8.5kmのコースを完走。 

・2015年:鉄道走行チャレンジ(世界記録に挑戦し成功)

単1形乾電池エボルタを動力に長距離の鉄道走行に挑戦。22.615kmの区間を2時間47分9秒で走破。

・2016年:有人飛行チャレンジ(世界記録に挑戦)

日本最大の湖「びわ湖」にて「長距離・有人飛行」に挑戦。乾電池エボルタのパワーを動力にした飛行機が、琵琶湖を3,531mを飛行。 

・2017年:フィヨルド1,000m登頂チャレンジ

エボルタNEOを動力にしたロボット「エボルタNEOくん」がノルウェーのリーセフィヨルド絶壁、シェーラグ山で地上約1,000mのロープ登頂にチャレンジ。

・2018年:遠泳チャレンジ(世界記録に挑戦し成功)

単3形乾電池「エボルタNEO」2本を動力に、「エボルタNEOくん」が宮島口から嚴島神社の大鳥居まで遠泳。3時間22分34秒(距離3.002km)を泳ぎきった。

・2019年:エボルタNEO トライアスロン

エボルタNEOを動力にしたロボット「エボルタNEOくん」がトライアスロンに挑戦。目標タイムである1時間45分01秒以内を超える、1時間26分40秒でフィニッシュし、成功。

関連情報:https://panasonic.jp/battery/products/drycell/evoltaneo.html

取材・文/オビツケン

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。