小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

安定した装着感とバッテリーの持続力で人気急上昇!ワイヤレスイヤホンを買うならネックバンドタイプが正解!?

2021.10.06

ワイヤレスイヤホンは、アップルの「AirPods」に代表される「完全ワイヤレス」タイプと、イヤホンの左右がバンドで繋がれており、コード部分を首にかけて使用する「ネックバンド」タイプの製品があります。

完全ワイヤレスは、名前の通り完全にコードがなく、イヤホン本体を耳に装着するだけで使用できるので便利ですが、ネックバンドタイプにも“ならでは”の特徴があります。そこで本記事では、ネックバンドタイプの完全ワイヤレスイヤホンに多い特徴やおすすめの製品を紹介していきます。

こんな人にはネックバンド式ワイヤレスイヤホンがおすすめ! そのメリットは?

イヤホン内部にはドライバーユニットなど複数のパーツが内蔵されているため、余剰スペースがほぼありません。完全ワイヤレスタイプの場合は、ここにバッテリーも搭載しなければならないのですが、ネックバンドタイプは左右のイヤホンを繋ぐバンド部分にバッテリーを載せることができます。

そのためネックバンドタイプのワイヤレスイヤホンは、完全ワイヤレスタイプよりも長時間駆動する製品が多いという特徴があります。

また、左右のイヤホンが繋がっているため、完全ワイヤレスイヤホンのように片方をなくしてしまう心配もなく、装着した際の安定感も見込まれます。ランニング時に音楽を聴きたいという人にもおすすめでしょう。

個人的には、完全ワイヤレスタイプは買い物をする際など一時的にイヤホンを外す場合、ケースに戻したり、手に持っておく、ポケットにしまうといった必要があるのに対し、ネックバンドタイプは首にぶら下げておけるので快適という点も気に入っています。

では、おすすめのネックバンド式ワイヤレスイヤホンをいくつか紹介していきましょう。

ハイレゾにノイキャン! とにかく高性能なネックバンド式ワイヤレスイヤホン【ソニー WI-1000XM2】

ネックバンド式ワイヤレスイヤホンの高性能モデルとして紹介するのが、ソニーの「WI-1000XM2」。ソニーストアで3万8500円となっており、ソニーストアで購入した場合はメーカー保証が3年付きます。

「WI-1000XM2」には、「高性能ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載。さらにイヤホン部分の内側と外側に搭載した2つのセンサーで集音し、騒音と音楽信号をデジタル化、騒音を打ち消す逆位相の音を生成する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を採用することで、精度の高いノイズキャンセリング機能を搭載しています。

対応の再生デバイスと接続すれば、従来のBluetooth Audioの最大約3倍の情報量を伝送でき、ハイレゾ相当の音質が楽しめる「LDAC」に対応しています。また、内部には9mmのダイナミックドライバーとバランスド・アーマチュア・ドライバーユニットの2基を搭載することで、低音から高音までをきめ細かく再生します。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】ソニー WI-1000XM2

快適な装着感と防滴対応でスポーツ時におすすめのネックバンド式ワイヤレスイヤホン【BOSE SoundSport wireless headphones】

BOSE公式HPで1万9800円のネックバンド式ワイヤレスイヤホン「SoundSport wireless headphones」は、名前にある通りスポーツをする際におすすめの製品です。

イヤホン本体にはフックのようなパーツがついており、耳のくぼみにフィットするように設計されているため、安定した装着感が楽しめます。また、本体は防滴設計になっているため、汗や雨による故障の心配もあまりありません。

スマートフォンにインストールした専用アプリ「BOSE CONNECT」と接続すれば、設定のカスタマイズや様々なコントロールが可能。製品をアクティブにすれば、イヤホンをなくしてしまった場合にも位置情報を確認できる機能なども利用できます。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】BOSE SoundSport wireless headphones

比較的安価にパワフルな音楽を楽しめるネックバンド式ワイヤレスイヤホン【Beats by Dr. Dre BEATS FLEX】

「Beats by Dr. Dre」の「BEATS FLEX」は、公式HPで8400円と比較的安価なネックバンド式ワイヤレスイヤホン。最大12時間持続するバッテリーは、10分の充電で1.5時間の再生が可能な急速充電に対応しています。

本製品には「Apple W1」チップを搭載しており、安定した接続性が魅力。特にiPhoneといったアップル製デバイスとの接続はかなり簡単になっています。

左右のイヤホンにはマグネットが内蔵されており、首にかけた状態ではくっつくようになっているため、取り回しも抜群。

BEATSといえば、低音域の響きが特徴的な製品が多く、本製品でも独自の音響プラットフォームにより緻密な低音を表現。加えて二腔式の音響構造を採用することで、中音域と高音域を巧みに鳴らし分け、音の厚みや精細さにこだわっています。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】Beats by Dr. Dre BEATS FLEX

※データは2021年9月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。