小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

街乗りも長距離通勤もOK!フラットバーハンドルが快適な最新の電動クロスバイク6選

2021.11.05

パナソニック『XU1』

軽快な乗り味でありながら、前傾がきつくないクロスバイクは5km以上の自転車通勤に最適。ある程度のスピードも出せるので、忙しい朝の時間を効率的に使うことができる。

 通勤自転車の大本命といえるのが、MTBとロードバイクの中間的なポテンシャルを持つクロスバイクだ。頑丈さとスピードに加え、フラットバーハンドルと〝程よい〟前傾姿勢が取れるフレームにより、スポーツバイク初心者でも乗りやすい設計だ。

 5km超の通勤にも対応するタイプではあるが、「体力に自信がない」と不安を感じる人なら、eクロスバイクがおすすめ。特に最新モデルは、100km超もアシストできるもの少なくなく、バッテリー切れの心配は皆無。仮に切れても多段ギアを備えているので、苦もなく走り続けられる。またインフレームバッテリーのモデルが多く、スポーツバイクらしさを損なわないのもポイントだ。

 付属するパーツ類も自転車通勤に適した構成になっているのも特徴だ。前後のライトやキャリア、駐輪しやすいスタンド、中にはカギ付きのものも。これらが付いていなくても、キャリアのダボ穴があらかじめ採用されているのでパーツの追加や交換ができるなど、拡張性も高い。自転車通勤を始めたものの、理想と現実に差が出ることは初心者ならあるもの。クロスバイクなら、優れた拡張性で〝その差〟を埋められる。

【選び方のポイント】

[1]首や肩、腰などが痛くなりにくい程よい乗車姿勢で乗れる
[2]通勤で必要とされる付属パーツが多いもの
[3]充電回数が少なくてすむ、大容量バッテリー搭載モデルを選ぶ

クロスバイク【5〜10kmまで】

低重心設計で高い安定感を実現

パナソニック『XU1』

パナソニック『XU1』25万1000円

2020東京五輪で採用されたケイリン先導車の開発で培ったデータをフィードバック。従来モデルのフレーム設計の低重心化を図ったことで、より安定感のある乗り心地を実現した。サドルの高さも低くなり、乗降しやすくなった。

【SPEC】フレーム:アルミニウム 充電時間:3時間 航続距離:82km(エコノミー走行)〜44km(フルパワー走行) 重量:24.5kg

パナソニック『XU1』

パナソニック独自開発のダイレクトドライブ機構を採用。自然で力強いアシスト力を発揮。

パナソニック『XU1』

8Ah 36Vとハイパワーを誇るバッテリーはダウンチューブと一体化したデザインを採用。

〈KON’S REVIEW〉コスパ ★★★★☆  走行性 ★★★★☆  デザイン性 ★★★☆☆
フレーム設計の見直しで足つき性が良くなり、ストップ&ゴーがしやすいですね。

楽天市場での購入はこちらから

ドライブユニットの搭載位置に秘密

キャノンデール『Quick Neo』

キャノンデール『Quick Neo』35万2000円

ドライブユニットを斜めに搭載してフレームの前後長を抑えたことで、ペダリングがしやすく、アシストが利かなくなる時速24km以上でも快走できる。最長165kmの航続距離を誇るので、ロングライドでも活躍。

【SPEC】フレーム:アルミニウム 充電時間:3時間30分 航続距離:165km(エコノミー走行)〜60km(フルパワー走行) 重量:16kg

キャノンデール『Quick Neo』

肉厚が2段階に変わるハンドルは、幅720mmとMTB並みの広さと剛性を誇る。

〈KON’S REVIEW〉コスパ ★★★☆☆  走行性 ★★★★★  デザイン性 ★★★★★
ハブにセンサーを装備。専用のアプリに走行距離やスピードなどのデータを送信可能です。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。