小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

歯磨きをするタイミング、「寝る前」と「朝食後」多かったのはどっち?

2021.09.30

子どもの頃に永久歯が生えそろったのはいつの頃だったか。あれから何年、何十年と食べ物の咀嚼時に使い続けている永久歯。今後も何十年と続くはずの人生において、できるだけ長く活躍してもらうためには、恒常的かつ効果的なオーラルケア・デンタルケアが欠かせないだろう。

そんな「歯の健康」に関する意識調査がこのほど、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」により、全国の13歳~79歳の男女約1万人を対象にして実施された。

歯の健康、約9割が重要。女性のほうがより重視している結果に

歯の健康やオーラルケア/デンタルケアについてどのくらい重要だと思っているかを聞いたところ、全体では「とても重要だと思う」「やや重要だと思う」を合わせ9割の人が「重要」だと思っていることがわかる。

中でも女性のほうが「とても重要だと思う」割合が7割弱と高くなった。全体的に重要だと思う割合は高いものの、特に女性60代以上が「とても重要だと思う」と回答した割合が高くなった。

歯磨きは「寝る前」と「朝食後」とが多い。「来客/人に会う前」は女性で高い傾向

歯の健康にとって、歯磨きは重要なケアの一つだが、1日の中でどのタイミングで歯磨きをすることがあるか聞いた。

全体では、「寝る前」が最も高く63%、次いで「朝食後」が60%で続く。次いで「起床後」「昼食後」「夕食後」が3割台で続く。

男女別の傾向では、女性のほうが全体的に高い傾向があり、特に、「朝食後」「昼食後」は男性に比べて高くなっている。また、「来客/人に会う前」も高く、特に10~20代女性では3割前後となり他の年代と比べて高くなった。

「デンタルフロス」や「歯磨き粉」による歯のケアが主流。年代別では目的により違い

歯のケアやオーラルケア・デンタルケア (口の中のケアや歯磨きなど)としてふだんしていることを聞いたところ、全体では「デンタルフロス/エアーフロス/歯間ブラシを使う」が僅差で1位となった。2位以降では、「フッ素入りの歯磨き粉を使う」「歯周病予防の歯磨き粉を使う」などが上位となり、歯磨き粉による歯のケアも主流のケアとしてうかがえる。

年代別にみてみると、「デンタルフロス/エアーフロス(電動)/歯間ブラシを使う」でのケアは30代以降で割合が高い傾向となった。一方10代、20代では2割未満となっており、年代差があるようだ。

歯磨き粉によるケアはすべての年代で上位となったが、年代によって傾向に違いがみられる。10~50代と幅広い年代で「フッ素入りの歯磨き粉を使う」がランクインしている。

30代以降では、「歯周病予防の歯磨き粉を使う」割合が高く、20代では「ホワイトニング効果がある歯磨き粉を使う」が2割超で「フッ素入りの歯磨き粉を使う」とほぼ同率の割合だが、他の年代よりも高くなっている。

虫歯や歯周病を防ぎたい、歯を白く見せたいといったそれぞれ年代ごとの状況に応じて歯磨き粉を使っている様子がうかがえる。

加えて年代別の傾向としては、10代で「口呼吸を避ける」が約2割となっており、他の年代と比べやや高くなっている。このケアは年代が低いほど高い傾向になった。30代以降では「定期的に歯医者に行くことを心がけている」が高く、中でも60代では3割超となり、2位となっている。60代以上では健康への意識も高い傾向にあり( https://research-platform.line.me/archives/38625380.html )、定期的な身体のケアを心がけている人が多いのかもしれない。「電動歯ブラシ/音波歯ブラシを使う」は50、60代で9位。年代が上がるほど高い結果となった。

興味があるケアに「歯のクリーニング」。若年層では「ホワイトニング」や「歯列矯正」も

用途に合わせた歯磨き粉やデンタルフロスを使うなど、ふだんから様々なケアを行っている様子はわかったが、歯のケアやデンタル/オーラルケア(口の中のケアや歯磨きなど)としてどのようなメニューに興味があるのだろうか。今後やってみたい、または、興味のあるケアについて聞いた。

全体では「歯のクリーニング※」がもっとも高く4割を超えており、どの年代でも上位2位以内となった。20代~50代では1位となっている。

※歯石取り、着色落とし、口臭ケアなどを含む

次いで、「予防歯科/定期的なメンテナンス」が3割台で、こちらは30代以降で10~20代に比べ高くなった。前項のふだんしているオーラルケアでも「定期的に歯医者に通うことを心がけている」は30代以降で高い傾向となっており、予防歯科への意識が高まってくるのかもしれない。

全体3位の「ホワイトニング」は、年代が低いほど高い傾向となった。10代、20代では4割超の人が「興味がある、今後やってみたい」と回答。ふだんしているケアでも「ホワイトニング効果がある歯磨き粉を使う」が高く、歯の白さをより重視している年代なのかもしれない。特に男性に比べて女性の割合が高く、女性10~20代では5割超となった。

その他、年代別で特徴的な点は、10代、20代で「歯列矯正」が2割以上となった。40代以上では割合はそれほど高くないが、「インプラント」が他の年代に比べて割合が高く、50代、60代以上では5位にランクインしている。

デンタルケアやオーラルケアに興味がないという人は、それぞれの年代で1割前後となり、比較的多くの人が口の中や歯の健康に関するケアに興味を持っており、やってみたいメニューがあることがうかがえる。

<調査概要>
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の13歳~79歳の男女
実施時期:2021年8月13日~8月17日
有効回収数:10,848サンプル

※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なったりする場合がある

出典元:LINEリサーチ(LINE株式会社)
https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/


構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。