小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

毎月の固定費を見直すことで節約できる金額は1世帯あたり年間6万2555円

2021.09.30

ソニー損保が日本全国の年間推計額3兆6,952億円(1世帯あたり年間6万2,555円)を算出」

ソニー損保では、本年8月に全国の1,000世帯を対象に家計の固定費の実態とその節約可能性について「携帯通信費」 「自動車保険」 「火災保険」 「サブスクリプションサービス」の4つのカテゴリで、「月々の支出」ならびに「契約形態による支出の差額」を調査。

この調査をもとに契約形態の変更や、見直しによって節約できる可能性がある固定費を“家計埋蔵金”と名付け、日本全国の年間推計額3兆6,952億円(1世帯あたり年間6万2,555円)を算出し、発表した。

昨今、天候不順等の影響で野菜をはじめとした食料品の価格高騰に加え、2021年10月1日には、たばこ税の増税に伴うたばこ製品の値上げや、原材料価格の高騰による輸入自動車の値上げなども予定されている。

また、豪雨や台風などの自然災害の増加による支払保険金の増加を受ける形で、2022年には火災保険料の値上げも控えている。

そんな“値上げの秋”にあわせ、ソニー損保では“家計埋蔵金”に関する実態調査の第二弾として、埋蔵金が多い世帯と少ない世帯の違いについて掘り下げた調査分析を行なうとともに、この4つのカテゴリに加えて見直しが可能な固定費をまとめた“埋蔵金発掘チェックリスト”を作成した。

■日本の家計埋蔵金=総額3兆6,952億円&1世帯あたり6万2,555円

2021年8月に発表した年間の家計埋蔵金(毎月の固定費を見直すことで節約できる可能性がある金額)は、国内の全世帯合計で3兆6,952億円と推計。1世帯あたりでは年間6万2,555円。

この埋蔵金は、同調査での平均支出282万1,152円に対して約2.2%に相当するという。コロナ禍などで家計が逼迫している人は、家計の固定費に隠れた埋蔵金に目を向けてはいかがだろうか。

■家計埋蔵金“発掘”のコツ、4つの固定費の見直しポイントは?

今回、節約の可能性がある家計の固定支出として調査を行なったのは、「携帯通信費」 「自動車保険」 「火災保険」 「サブスクリプションサービス」の4つのカテゴリ。

それぞれのカテゴリごとの“家計埋蔵金有無”の判断の基準をもとに、カテゴリ別の見直しポイントと見直しが必要な世帯の比率を算出した。

■4つの固定費、いずれも埋蔵金がない“家計埋蔵金ゼロ世帯”は24.5%

「携帯通信費」 「自動車保険」 「火災保険」 「サブスクリプションサービス」の4つの固定費のいずれも「契約がない」もしくは「節約できている」状態にある“家計埋蔵金ゼロ世帯”の比率を調査してみると全体の24.5%となり、75%以上の世帯に何らかの家計埋蔵金が存在していることがわかった。

逆に4つすべてに埋蔵金が存在している世帯は1.5%、最も多いのはいずれか1つの埋蔵金が存在している世帯で38.7%だった。

また、家計埋蔵金の可能性のあるカテゴリ数が「0もしくは1の“家計埋蔵金が少ない”世帯(n=632)」と「2以上の“家計埋蔵金が多い”世帯(n=368)」の傾向を比較すると、固定費をうまく節約した結果“家計埋蔵金が少なくなっている世帯”では、多い世帯と比較して、加入する保険会社にダイレクト型を選択している比率が高く、自動車保険で2倍以上・火災保険で3倍以上となっていることがわかった。

[調査概要]
時期 :2021年6月30日〜7月8日
手法 :インターネット調査
対象 :全国の持ち家世帯に属する20代〜60代の男女1000名

関連情報:https://www.sonysonpo.co.jp/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。