小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

別名「レバレッジ取引」とも呼ばれるFX取引のリスクが高い理由

2021.11.01

別名レバレッジ取引とも呼ばれるFX取引とは?

 FXは「Foreign Exchange」の略称で、日本円と外貨とを両替する意味だが、「証拠金取引」であれば為替でなくともそう呼ぶケースがある。証拠金とは取引時に取引所へ預けておく保証金のこと。証拠金を預ける代わりに手元の資金以上の取引ができて、大きな利益が狙える仕組みだ。予想に反して価格が動いた場合は大損するので「リスクが高い」といわれている。FX取引の場合は現物と異なり購入した仮想通貨は自分の資産にはならず「購入した状態」でしかないので、必ず同じ取引所で売却操作をする必要がある。

レバレッジとは「てこ」の意味

●レバレッジのイメージ

レバレッジのイメージ

FX取引をレバレッジ取引と言うことも。「投資額/証拠金」をレバレッジ倍率という。弱い力で大きな物を動かすてこのイメージだ。

FX取引のメリット·デメリット

手元資金以上の取引ができてしまうリスクの高さに恐怖を感じるかもしれないが、リスクとリターンは表裏一体の関係。レバレッジを1倍に制御すれば、現物取引と同じリスクになる。

●メリット・デメリットをおさらい

メリット・デメリットをおさらい

価格が下落する局面で「売り」から取引ができるので、利益が狙いやすいメリットもある。現物取引の保険として使うことも可能。

FX取引の損益のイメージ

 FX取引の損益計算のポイントは2つ。①価格差と投資数量に注目し、②手元の残高は証拠金を計算すること。実は損益計算ではレバレッジを気にする必要はなく、購入した実際の数量で計算すればよい。下図の例では証拠金は5万円だが損益の計算は実際に取引している10万円分のBTCで計算する。手元に残る残高を計算する時は逆に証拠金を考慮し利益5万円と合わせて計10万円となる。

●5万円の証拠金で10万円分の取引をした場合(レバレッジ2倍の取引)

FX取引の損益のイメージ

FX取引の損益のイメージ

ICO、STO、IEOは、名前が異なるが「募集」としては同じもの

 これから発行予定の仮想通貨に対し欲しい数量と金額を発行者に伝え、発行開始日に受け取る。この仕組みを「募集」という。ICO、STO、IEOはいずれも募集だが、募集の仕方や対象となる暗号資産の種類が異なる。ICOは発行者に直接申告するが、STOやIEOでは取引所が仲介役となる。STOは「セキュリティトークン」という裏付け資産を持つ金融商品を対象に、IEOはビットコインなどと同じで裏付け資産がない仮想通貨を対象にしている。裏付け資産とは、賃貸不動産のように将来利益が見込める資産のことを指す。

●情報はホワイトペーパーや説明書で得る

情報はホワイトペーパーや説明書で得る

未発行の仮想通貨は情報が少ない。発行者の公式ウェブサイトや取引所での募集ページにあるホワイトペーパーで情報を得よう。

●購入前にひと手間「需要申告」を行なうこと

購入前にひと手間「需要申告」を行なうこと

募集に応募することを需要申告という。決められた期間中に購入したい仮想通貨の数量や価格を募集者または仲介者に連絡する。

eワラントは「売買の権利」に投資する

 仕組みはFX取引に似ている。FX取引は仮想通貨そのものが投資対象だが、eワラントは売買の権利が投資対象。例えば1BTC=100万円で買う権利を1万円で売買するeワラントの場合、投資額は1万円で済み、1BTC=100万円を超えたら利益が得られる。

●eワラントの値動きのイメージ

eワラントの値動きのイメージ

価格が動く方向によって「プット型」「コール型」などの種類がある。SBI証券など特定の証券会社のみで投資できる。

他人に仮想通貨を貸し付けて利息を得るレンディング

仮想通貨を貸して利息をもらう投資が「レンディング」だ。貸す相手は仮想通貨取引所となる場合がほとんどだが、仮想通貨取引所は投資家から借りた仮想通貨をさらに他人へと貸している。他人と直接貸し借りするよりも安全に利息が受け取れる。

●レンディングの利率の例

レンディングの利率の例

貸付利率は年数%以上になることが多い。貸付期間により利率が異なり、長くなるほど利率は高くなる。数年単位での貸し付けは値上がり益を取り損ねるリスクがあるからだ。

もっともわかりやすい「仮想通貨の教科書」!
『DIME MONEY 仮想通貨の新常識』各電子書店で好評発売中!

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

より詳しく、わかりやすく「米国株」の賢い買い方や資産の殖やし方を解説!
『DIME MONEY vol.1 本当に儲かる米国株の買い方』も各電子書店で好評発売中です!

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

取材・文/久我吉史

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。