小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ファイザー製の新型コロナワクチンを接種したがん患者の6か月後の免疫はがんでない人と同等の抗体価を維持

2021.09.25

コロナワクチン接種6カ月後のがん患者の免疫は一般集団と同等

米ファイザー社製の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン(商品名コミナティ)を2回接種した固形がん患者では、1回目の接種から6カ月後も、がんでない人と同等の抗体価を維持しているとする研究結果が報告された。

ランバムヘルスケアキャンパス(イスラエル)のIrit Ben-Aharon氏らが実施したこの研究の詳細は、「Cancer Discovery」9月号に掲載された。

Ben-Aharon氏らは、固形がん患者154人(年齢中央値66歳、男性55%)と、がんではない対照者135人(年齢中央値63歳、男性44%)を対象に、ファイザー社製ワクチンの1回目接種から6カ月(187日)後に血清検査を行い、血清学的状態やワクチンの安全性、新型コロナウイルスへの感染率について調べた。

がん患者のがん種として多いのは、消化器がん(36%)、肺がん(23%)、乳がん(17%)、泌尿生殖器がん(11%)で、全体の84%に転移が認められ、ワクチン接種期間中も抗がん剤や生物学的製剤などによる積極的な治療を受けていた。

その結果、1回目接種から6カ月後に新型コロナウイルスに対する抗体が陽性であった人の割合は、がん患者で79%(122人)、がんではない対照者で84%(114人)と、ほぼ同等であることが明らかになった。

抗体価は、両群とも6カ月後までに大幅に低下したものの、閾値以上を保っていて、両群間に有意差は認められなかった。新型コロナウイルス感染者は、がん患者群でのみ1人報告された。

Ben-Aharon氏は、「われわれの研究から、免疫原性(ワクチンが免疫反応を誘導する能力)、感染率、ワクチン接種の安全性などを含めたいずれのアウトカムについても、固形がん患者は一般集団とほぼ同じ傾向を示すことが明らかになった」と述べている。

そして、「このデータは追加接種を推奨する上で参考になるものだ」との見方を示している。

なお、米国31カ所のがんセンターで構成される非営利団体の米国総合がんセンターネットワーク(NCCN)は、まずは、造血細胞移植や細胞療法を受けている血液がん患者に優先的に追加接種を行い、その後で固形がん患者に接種を行うことを推奨している。(HealthDay News 2021年9月8日)

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://cancerdiscovery.aacrjournals.org/content/early/2021/09/01/2159-8290.CD-21-1072

Press Release
https://www.aacr.org/about-the-aacr/newsroom/media-advisories/six-month-efficacy-of-pfizer-biontech-covid-19-vaccine-in-patients-with-solid-tumors-similar-to-general-population/

 


構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。