小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビットコイン、イーサリアム、リップル、テザー、取引量や時価総額が大きい4大仮想通貨の基礎知識

2021.10.23

一攫千金の夢を求めてやみくもにマイナーな仮想通貨に手を出すのは絶対におすすめできない。ここでは取引量が多く、それぞれ異なる特徴がある4つの仮想通貨についてまとめた。それぞれの特徴を知ることで、仮想通貨の値動きや成長の可能性、ビジネスでの活用法を見いだす目利き力が高まるはずだ。

定番の仮想通貨を知ることが投資への第一歩

 取引量が多い仮想通貨を下の表に整理した。この4つの仮想通貨の特徴や値動きのクセを見抜くのが、仮想通貨投資の第一歩。(1)だいたいの時価総額と市場シェア、(2)どのような用途に使われているか、(3)今後の展望や可能性の3つはスラスラと人に説明できるようになっておきたい。定石を知ればほかの仮想通貨投資へも応用できるだけでなく、ニュースが出た時に値動きの予測ができるようになる。ビットコインを実際に購入し、どのような局面で値が動いたかを記録。その記録を基に値動きを予測する訓練をしよう。経験を積む中で得られる知識は一生モノだ。

●取引量が多く注目されている4大仮想通貨

取引量が多く注目されている4大仮想通貨2021年8月30日現在のデータより編集部にて作成

仮想通貨の王様ビットコインは機能は劣るが値動きには注意が必要

 ビットコインは法定通貨でいう米ドルと同じ基軸通貨のような動きをする。基軸通貨とは、その通貨の価格に連動してほかの通貨が上昇・下落しやすい特徴があり、取引量が最も多い通貨のこと。ビットコイン価格が下落するとその他の仮想通貨も下落する動きがよく見られる。新しい経済圏の象徴として機能しているが、値動きが激しいため決済通貨としての可能性は揺らぎつつある。後述するイーサリアムに比べて機能が少ないデメリットもある。

NFTやDeFiで「イーサリアム」が注目される理由

 ビットコインよりも実用性が高く、今、最も注目される仮想通貨といっても過言ではないイーサリアム。そのカギは「スマートコントラクト」機能にある。これは、イーサリアム保有者間であらかじめ取り決めた契約の実行を可能にする仕組み。例えばイーサリアムの賃借時に、一定期日ごとに利息を支払うルールを基盤となるブロックチェーン上に組み込むことで、仲介人不要で安全な取引・契約を実現する。それゆえ実需を伴って価格が上昇してきている。マイクロソフトなどの大手企業がビジネスに活用する事例も見逃せない。

●スマートコントラクトのイメージ

スマートコントラクトのイメージ

●イーサリアムで実現できる「スマートコントラクトの仕組み」

イーサリアムで実現できる「スマートコントラクトの仕組み」

契約内容がシステムに組き込まれており、履行の強制力が強い。

次世代の国際送金システム構築に注目されている「XRP」(リップル)

 XRP(リップル)は他の仮想通貨と異なる独自路線を歩んでいる。発行元になるリップル社が、既存の国際送金をより高速化・コスト安にするシステムを構築。システム内の通貨にXRPを使っている。すでに国際送金システムが実用化され、利用企業が増えている。このシステム内では日本円や米ドルの国際送金の仲立ち役になるので、橋渡しの意味を込めてブリッジ通貨と呼ばれる。

XRP

USDTをはじめとする「ステーブルコイン」って何?

ここでいう「ステーブルコイン」とは、安定した価格を実現するために「ペッグ」と呼ばれる裏付けとなる担保資産のあるコインのこと。USDTの場合は法定通貨である米ドルがその対象だ。米ドルに連動するため乱高下が起きにくい特徴がある。ただし、USDTを運営しているTether Limited社で不正が発覚したり、破綻した場合、価値を失う可能性がある。

●USDTのイメージ

USDTのイメージ

もっともわかりやすい「仮想通貨の教科書」!
『DIME MONEY 仮想通貨の新常識』各電子書店で好評発売中!

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

より詳しく、わかりやすく「米国株」の賢い買い方や資産の殖やし方を解説!
『DIME MONEY vol.1 本当に儲かる米国株の買い方』も各電子書店で好評発売中です!

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

取材・文/久我吉史

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。