小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これは便利!手入れする時間がない人におすすめしたい加熱式たばこIQOSの最新モデル「ILUMA」「ILUMA PRIME」

2021.09.24

紙たばこをやめて、加熱式たばこを吸い始めた方は多いのではないでしょうか。

加熱式たばこは手入れが面倒と思うことも多いはず。

フィリップ・モリス・ジャパンより2021年8月より発売開始された最新のIQOS、「IQOS ILUMA」と「IQOS ILUMA PRIME」は本体のお手入れが必要ありません。

家事や仕事が忙しく、つい加熱式たばこのお手入れを忘れてしまいがちという方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

お手入れ不要の秘密「スマートコア・インダクション・システム」

前機種の「IQOS 3 DUO」を使用する際は専用のスティックをホルダーのブレード部分に挿入し、たばこ葉を直接加熱するというものでした。

しかし、ブレードが直接たばこ葉を熱するため、使っていると徐々にブレードが汚れてしまい、お手入れをしないでいると吸い心地が悪くなると感じたことはないでしょうか。

また、ホルダー内部のブレードが破損し、使えなくなることもあったのでは?

IQOS ILUMAとIQOS ILUMA PRIMEはブレードそのものがないためお手入れの必要がなく、またブレードが破損する心配もありません。

その秘密は「スマートコア・インダクション・システム」というブレードがない技術が採用されているからです。これにより専用スティック「テリアスティック」を内部から直接加熱するため、お手入れやブレード破損の心配がないのです。

上の写真のとおり、「テリアスティック」の先端部分はたばこ葉が露出していないため、使用後のホルダー内をクリーンに保てます。

新たに搭載された3つの新機能!

IQOS ILUMAとIQOS ILUMA PRIMEには、従来までのIQOSシリーズには搭載されていなかった新機能「オートスタート・オートストップ」、「スマートジェスチャーリフトアップ」、「スマートジェスチャーダブルダップ」が搭載されています。

それぞれの機能について、詳しく紹介していきます。

専用スティックをホルダーに挿入すれば自動で電源がオンになる

最初に「オートスタート・ストップ機能」を紹介します。

上の写真のように「テリアスティック」をホルダーに差し込むだけで加熱がスタートする新機能。ボタンを押す手間がありません。

また、テリアスティックを引き抜くと自動で加熱が停止するため、途中で喫煙をやめる時にボタンを押す手間もありません。

使用中に残り時間がわかる!

紙たばこと加熱式たばこの大きな違いの1つに、残り時間がわかりにくいことがあります。紙たばこの場合は実際に燃えていくため、残りどれくらい吸えるのかがわかるはず。

一方で加熱式たばこの場合、燃焼する部分が見えず、残りどれくらい吸えるかわかりにくい方もいるでしょう。

「スマートジェスチャー・ダブルタップ」機能なら、使用中にホルダーの先端部分をダブルタップすると、ホルダーが振動して残りの使用時間がわかります。

ダブルタップして4回振動すると使用時間は残り75%以上。
3回振動すれば残り時間は50~75%。
2回振動したら残り時間は25~50%。
1回振動で残り時間は25%未満となっています。

ホルダーを手前に傾ければ残りの使える回数がわかる!

IQOS ILUMAとIQOS ILUMA PRIMEは連続してテリアスティックを2本分楽しめます。

また、新たに搭載された「スマートジェスチャー・リフトアップ機能」によって、あと何本たばこスティックを使えるのかがわかります。

上の写真のように使っていない時にホルダーを手前に傾けると、ボタンの上にある2つのランプが点灯します。

これは使用可能回数を表しており、ランプが2つとも光れば「2本連続で使える」。ランプが1つ光れば「1本分使える」ということです。

ちなみにポケットチャージャーでの充電時間は約1分50秒で、2本連続で使用した場合は約5分15秒となります。

IQOS ILUMAとIQOS ILUMA PRIMEの違いは?

左:IQOS ILUMA 右:IQOS ILUMA PRIME

IQOS ILUMAとIQOS ILUMA PRIMEの主な違いはデザインです。

IQOS ILUMAは全5色

IQOS ILUMAは前機種のIQOS 3 DUOのデザインを踏襲。本体カラーは全部で5色となっています。

IQOS ILUMA PRIMEは全4色でカスタマイズパーツも豊富!

IQOS ILUMA PRIMEは本体にアルミニウムとラップカバーを採用した新しいデザイン。本体のカラーリングは下写真のジェイドグリーンと、ブロンズトープ、オブシディアンブラック、ゴールドカーキの全4色です。

ポケットチャージャーにマグネットで留まっているラップカバーを外せば、ホルダーが取り出せます。

このラップカバーと、ホルダーの先端にあるリングセットはそれぞれ、取り外しが可能。自分好みのカラーリングの別売品を購入することでカスタマイズができます。

IQOS ILUMAとIQOS ILUMA PRIMEの仕様

※写真はIQOS ILUMA

製品名:IQOS ILUMA/IQOS ILUMA PRIME
価格(キット):IQOS イルマ キット  8980円/IQOS イルマ プライム キット 1万2980円
連続使用:2回
充電サイクル:20回ごと
ポケットチャージャーをフル充電するまでにかかる時間:135分
ホルダーの充電時間:約1分50秒
ポケットチャージャーサイズ(IQOS ILUMA):高さ121.5×幅47×奥行23.4mm 116.5g
ポケットチャージャーサイズ(IQOS ILUMA PRIME):高さ117.2×幅44.7×奥行22.2mm 141g
ホルダーサイズ:高さ101×直径14.5mm 30.5g

【参照】IQOS

取材・文/髙見沢 洸

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。