小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テレワークの導入とともに購入したものTOP3、3位ヘッドセット、2位デスクや椅子、1位は?

2021.09.20

ニューノーマル時代の働き方に関する意識調査結果

働き方改革の推進やコロナ禍の影響により急速にテレワークの普及が進む中、デル・テクノロジーズは中小企業におけるテレワークの利用動向などを調査した。

調査の<前編:テレワーク導入状況>では、テレワークの導入状況に焦点を当て、その導入時期や頻度、メリット、課題などについての調査結果をまとめている。

テレワークを実施している中小企業は26.8%にとどまる。約7割の中小企業がテレワークを実施しておらず、前回2020年7月調査時の36.0%から9.2%ダウン。

従業員99人以下の企業におけるテレワークの実施状況を尋ねたところ、「導入している」との回答は26.8%にとどまる結果となった。テレワークを実施していない割合は、「過去に実施していたが、現在は実施していない」と答えた回答者も合わせると、全体の7割以上にのぼる結果となった。

テレワークを初めて導入した時期は、半数以上が新型コロナウイルス感染拡大により発令された第1回緊急事態宣言中。

「2020年2月以前」からテレワークを実施していたのは32.2%。これを除くと、過半数の53.0%が「第1回緊急事態宣言」期間中に導入しており、この時期に一気にテレワークの導入が加速したことを示す結果に。その後の「第2回緊急事態宣言」以降のテレワーク導入率推移はゆるやかな増加傾向にとどまっている。

※以下、現在テレワークを実施している回答者を対象に調査

テレワークの頻度は「週1-2回」が最も多く4割超。「毎日」テレワークを実施しているとの回答は24%、全体の約7割はテレワークと出社/オフィスワークを併用。

テレワークの頻度を確認したところ、「週1-2回」が最も多く40.3%、つづいて「週3‐4回」が29.2%という結果に。「毎日」テレワークを実施していると答えた方は24.5%にとどまり、大半の回答者がテレワークと出社/オフィスワークを併用していることが明らかになった。

なお、テレワークの頻度を雇用形態別に比較すると、毎日テレワークをしていると答えた方は、経営者・役員が30.1%であるのに対し、従業員では16.4%となった。

テレワークを実施していると回答した方の半数以上は概ね満足し、不満と回答した方は1割未満。経営者・役員の方が、従業員より満足度が高い結果に。

テレワークの満足度について尋ねたところ、「満足」「やや満足」と答えた方は56.4%となり、半数以上がテレワークに概ね満足していることを示す結果となった。一方「不満」「やや不満」と答えた方は9.7%に。なお、「満足」と回答した経営者・役員は31.3%だったのに対し、従業員は14.8%にとどまった。

テレワーク実施のメリット上位3位に「働き方改革の推進」、「ワークライフバランスの向上」、「オフィスコストの削減」。

テレワーク実施のメリットとして、「働き方改革の推進(44.0%)」と「ワークライフバランスの向上(43.6%)」が上位2つを占める結果となりました。つづいて、「オフィスコストの削減(29.9%)」、「業務生産性の向上(24.8%)」がメリットとして挙がった。

なお、昨年7月の調査結果では、「働き方改革の推進」が48.8%、「ワークライフバランスの向上」が35.3%で、上位2つは今回の調査結果と同様だったが、第3位は前回の「業務生産性の向上(前回29.2%)」に代わり今回は「オフィスコストの削減(29.9%)」となった。

テレワークの課題や改善点はコミュニケーションが突出、セキュリティ上のリスク、従業員や部下の管理がつづく。

テレワークの課題や改善点について尋ねたところ、半数以上となる52.0%が「コミュニケーションが難しい」と回答。「従業員や部下の管理が難しい(25.5%)」という回答も上位に挙がり、物理的な距離があることで対人面に課題を感じている様子がうかがえる結果となりました。また、「セキュリティ上のリスク(26.2%)」もテレワークの課題や改善点として第2位にランクインした。

さらに、前述のとおりテレワークのメリットに挙げられた「生産性向上」については、逆にテレワークにより「生産性が落ちる(23.5%)」、「非効率的(15.4%)」と感じている回答者もいることが明らかになった。

テレワークに際して会社に望むことは、「ノートパソコンや周辺機器の支給」、「自宅のWi-Fiやネット回線利用費、電気代などの補助」が上位に。

テレワークをするにあたって会社に望むことを尋ねたところ、「ノートパソコンや周辺機器の支給(36.8%)」、「自宅のWi-Fiやネット回線利用費、電気代などの補助(34.1%)」との回答が上位を占めた。

一方で、「会社へ望むことはない(37.8%)」との回答も多数挙げられ、現状に満足している層が一定数いる一方で、デバイスや費用面の支援を望む意見が見られた。

全体の約半数が、テレワーク導入後も自宅の仕事環境に変化なし。一方、新たに購入したアイテムの上位は、「Web会議用ヘッドセット」、「デスクやイス」、「ウェブカメラ」。

テレワークの導入以降の自宅の仕事環境の変化について尋ねたところ、49.0%が「変化はない」と回答している。

購入したもので最も多かった回答は「Web会議のためのヘッドセット(25.2%)」、つづいて、「デスクやイス(18.1%)」、「ウェブカメラ(16.4%)」という結果になった。

中小企業におけるテレワークに関する調査の概要

調査対象:全国の中小企業(1名-99名の企業)の経営者および会社員20~69歳の男女1,110名

調査地域:全国

調査方法:インターネットリサーチ

調査時期:2021年8月10日(火)~8月13日(金)

構成/ino.

テレワークに使える!PC仕事の姿勢改善や疲労軽減につながるDIME最新号の付録「モバイルPCスタンドMAX」、「Chromebook vs Surface」特集も!

現在発売中の雑誌「DIME」11月号の特別付録が話題となっている。なんと、テレワークやデスクワークに使える本格的なPCスタンドがもれなく付いてくるのだ。ノートPCを置いて6段階で角度を調整することが可能なスタンドで、しかも、17インチまでの大画面ノートPCを置くことができるスグレモノ。さらに、スタンドの表面には滑り止めのラバーが付いているため、仕事中にPCが動いたりすることもなく、常に安定した状態で作業に集中できるのが特徴だ。このスタンドの特徴は、他にもある。本体をコンパクトに畳めるだけでなく、樹脂製素材で軽いため、バッグに入れて持ち運ぶことも可能。

うれしいことに専用の袋まで付いている。カフェやシェアオフィスなどで、仕事をするノマドワーカーにもおすすめのアイテムだといえる。PCを置いて、ちょうどいい角度に調節すれば、長時間のPC作業でも、体に負担のかかりにくい姿勢で取り組むことができるので、視線も上がって、首、肩、腰などへの負担を軽減することができるのがうれしい。また、コロナ禍で増えているテレビ会議の際も、ノートPCに搭載されたカメラの位置を目線の高さに近づけることができるため、自然な表情で参加することができるのがうれしい。他にもこのPCスタンドには大きなメリットがある。ノートPCの放熱を促すことができるため、PCの動作が安定するという効果も期待できるのだ。

この本格的なPCスタンドが付録として付いて、990円。DIME11月号は、間違いなくお買い得。すでに、完売している書店が続出しているので、早めの入手をおすすめしたい。

【詳細はコチラ】https://dime.jp/genre/1220034/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。