小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今から贈れるギフトも!敬老の日にオンラインで感謝の気持ちを伝える方法

2021.09.19

2021年9月20日(月)は敬老の日。今年はコロナ禍2回目の敬老の日となり、遠方にいる祖父母のもとへは、なかなか帰省しにくい状況となった。とはいえ、オンライン帰省やメッセージをLINEやメールで届けるなど、敬老の日をお祝いする方法はたくさんある。

そこで今回は、アンケート調査結果から知る祖父母のニーズや、敬老の日を楽しむ方法、敬老の日をすぎてしまっても贈答できる品などを紹介する。

祖父母は会話とつながりを求めている!

ニューバランスジャパンが先日、祖父母世代・親世代を対象に「祖父母と孫の交流に関する意識調査」を実施した。

その結果、約7割の祖父母が今年の敬老の日に孫や子どもと会えないと回答したが、約8割の祖父母が敬老の日に孫や子どもとの交流を楽しみにしていることが分かった。

しかし今は直接「会うこと」は難しいことから、「会話によるつながり」のほうが重要視されていることも分かった。しかし、8割以上が直接会う以外のコミュニケーションが増加していないと回答していたことから、祖父母は現在、「電話やオンラインなどでの会話によるつながり」を求めていると考えられる。

具体的にどんなことをしたいと考えているのか。おうちの中では「一緒にYouTubeを見る」や「一緒にファッション通販をする」「動画配信サービスで映画鑑賞」がトップ3に。

また、直接会わなくても孫や子どもと一緒にできる「3世代で同じアイテムを身に着ける『おそろい』について関心があるか」との問いには、祖父母世代の3人に1人が関心があると回答した。おそろいにしたいアイテムとしては、1位「シャツやTシャツ」、2位「スニーカーなどの靴」という結果になった。

この調査結果を受けて、一般社団法人日本服装心理学協会 代表理事 久野梨沙氏は「おそろいの効果として、友人や家族で同じ服や小物を身につければ、普段の生活の中でつながりを感じ、そこから力を得ることができるでしょう」「3世代で靴をおそろいにすることで、世代や距離を超え、日常生活の中で絆を感じられるようになり、そしてそれは、特にこのご時世では得がたくなっている精神的な支えになるはずです」とコメント。

久野梨沙(ひさのりさ)氏
一般社団法人日本服装心理学協会 代表理事

装いが人の心に与える影響を研究する「服装心理学R」と、それに基づくスタイリングの第一人者。大学で認知心理学を研究した後、大手アパレルメーカーでの商品企画職を経てスタイリストに。2013年より一般社団法人日本服装心理学協会の代表理事に就任。1万人以上の男女へのファッションアドバイスを行う他、服装を活用したメンタルヘルス改善にも取り組んでいる。

今年の敬老の日は、会話だけでなく、おそろいコーデのできるグッズをプレゼントするのもいいかもしれない。

敬老の日の過ごし方!オンライン帰省に、今から贈れる敬老の日ギフト

そこで、今年の敬老の日を過ごすためにおすすめの方法をご紹介。オンライン帰省のほか、今から贈れる敬老の日ギフトを見ていこう。

1.オンライン帰省で会話を楽しむ

よく、お盆休みや年末年始などに行われる「オンライン帰省」。敬老の日も実施したい機会だ。ZoomやLINEなどのビデオ通話のできるアプリで誰でも手軽に行うことができる。祖父母がスマホやPCを持っているなら、ぜひ行ってみよう。

最もやりやすいと思われるのが、LINEを使ったオンライン帰省。LINEが公式に掲載している「LINEを使ったオンライン帰省のやり方」によると、家族のLINEグループを作成し、トーク画面右上の電話マークをタップした後、[ビデオ通話]をタップすれば手軽に通話を開始できる。

LINEで友だちになっていない参加者がいる場合は、グループ作成なしでもビデオ通話のできる「LINEミーティング」を利用する。

ただ会話をするだけでなく、顔を加工できる「エフェクト」やアルバムや写真を一緒に見ながらビデオ通話できる機能を使用することで、より盛り上がるだろう。

2.オンラインで届けられるソーシャルギフトを贈る

最近では、オンラインで手軽に贈ることができ、相手はデジタルでギフトの通知を受け取った後、自分で商品を取り寄せたり、店舗に受け取りに行ったりするソーシャルギフトが定着してきている。これを祖父母に贈るのも一つの方法。

例えば、三越伊勢丹の「MOO:D MARK by ISETAN」では、受取専用URLと一緒に無料でデジタルメッセージカードも添えて「ソーシャルギフト」を贈ることができる。選べるギフトの種類は花や石鹸、ビール、日本酒、おつまみセット、和菓子・洋菓子、食器、ケトルなど多岐に渡る。

また、WEBカタログギフトをソーシャルギフトとして贈ることができる「Gift Pad」というサービスもある。祖父母にカタログギフトの中から好きな品を選んでもらうという楽しみを提供するのもいいだろう。

3.楽天の「おくりぞめえほん」を印刷して家族で絵本を楽しむ

楽天は、今年の敬老の日に「おくりぞめ(贈り初め)」を推奨している。楽天の担当者は、おくりぞめについて次のようにコメントする。

「おくりぞめ(贈り初め)とは、小さなお子様が初めて自分でギフトを選んで贈ること。当社が実施した『敬老の日の本音調査 2021』によると、孫がいる人の約半数が、『コロナ禍で会えず、子供や孫を気にかけたり思い浮かべる機会が増えたと思う(48.2%)』と回答しています。孫とのコミュニケーションが減って寂しいと感じているおじいちゃんおばあちゃんに、会うことはできなくても、喜んでもらえる敬老の日にしたいとの思いの下、お子様のおくりぞめを応援することで、孫が祖父母とコミュニケーションを取るきっかけづくりを提案します。お子様が、おじいちゃんやおばあちゃんに贈るギフトを、どんな理由で選んだのか、どんな話をしながら選んだのか、そのストーリーも一緒に贈っていただくために、贈り初め絵本も合わせて活用していただければと思います」

特設サイトでは、絵本作家・イラストレーターでの高畠那生氏と共に作成したオリジナルの“おくりぞめえほん”『だからプレゼント』を無料でダウンロードできる。A4サイズ、A3サイズがあり、印刷すれば、絵本に組み立てることができる。

絵本の内容は、ひつじやワニなどかわいいイラストのおじいちゃんとおばあちゃん、孫が登場し、敬老の日に贈るギフトを通じて、孫と祖父母の距離がさらに近づく様子を描いた心温まるストーリーとなっている。

おうちで、オンライン通話などを利用して、絵本を通じて親子や3世代で対話しながら、楽しんでみるのもよさそうだ。

21日まではおくりぞめえほんを使っている様子などを投稿して応募できるSNSキャンペーンを実施しているので、参加するのもいいだろう。

また、楽天市場では、敬老の日ギフトを9月20日をすぎても販売している店舗もある。今から祖父母にギフトを贈りたくなってきたら利用してみてはいかがだろうか。

*

今年の敬老の日は、ぜひ祖父母の会話・つながりを求める思いに応えるかたちで、電話やオンラインを活用して3世代で楽しんでみてはいかがだろうか。きっと、会う敬老の日とは違うつながりを感じられるはずだ。

【参考】

LINEみんなの使い方ガイド「LINEを使ったオンライン帰省のやり方

敬老の日に間に合う!MOO:D MARKを活用した、スマートなプレゼントの贈り方

Gift Pad」

楽天市場 「敬老の日プレゼント・ギフト特集2021 おくりぞめえほん

取材・文/石原亜香利

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。