小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

デスクワーク中心の人は30分ごとに3分の軽い運動で糖尿病の発症リスクが低下、スウェーデン・カロリンスカ研究所報告

2021.09.21

30分に3分の運動が糖尿病でない人の血糖変動を抑制

仕事中に座っていることが多い人は、30分ごとに3分の軽い運動を差し挟むと良いかもしれない。それによって、糖尿病でない人でも血糖値の上下動が少なくなるというデータが報告された。

カロリンスカ研究所(スウェーデン)のErik Näslund氏らの研究によるもので、詳細は「American Journal of Physiology—Endocrinology and Metabolism」8月号に掲載された。

座位時間が長いほど、メタボリックシンドロームや2型糖尿病のリスクが高まる。それに対して、座位が長く続くときにそれをこまめに中断して身体活動を行うことで、インスリン感受性の低下が抑制され、それらの発症リスクが低下する。

Näslund氏は、「座りがちな生活を是正することで代謝が改善し、健康にプラスの効果をもたらす。よって、座業が多い職業に就いている人も、一日中座っているのは良くない」と話す。

ただし、座業を中断することの有効性を示したこれまでの研究の多くは、介入期間が数日程度と短い。長期間の生活習慣の結果として発症する2型糖尿病リスクへの影響を検討するには、できるだけ長く介入する検討が望まれる。

そこでNäslund氏らは、介入期間を3週間とした研究を行った。

研究参加者は、座業の多い労働者または無職の肥満成人16人。糖尿病患者や重度の心血管疾患患者、抗凝固薬服用者、日常的に身体活動を行っている人は除外されていた。

年齢は中央値50歳で10人が女性であり、BMIは中央値32だった。

無作為に8人ずつの2群に分け、1群に対してのみスマートウォッチを渡し、3週間にわたり毎日8~18時の間は30分ごとに3分間の中強度の運動を行うよう指示を送った。

介入前のベースライン時点と3週間の介入後に75g経口ブドウ糖負荷試験により耐糖能を評価するとともに、介入期間中は活動量計で歩行数を計測し、かつ連続血糖測定(CGM)によって血糖変動を把握した。

その結果、スマートウォッチの指示により座業をこまめに中断した群では、ベースライン時に比較し毎日の歩行時間が10.4分(四分位範囲2.2~24.6)、歩数は744歩(同483~951)増加した。

75g経口ブドウ糖負荷試験で評価した耐糖能は両群ともに変化は見られなかったが、座業をこまめに中断した群ではCGMで評価した血糖変動がベースライン時より少なく〔変動係数(CV)が-2.0±2.2%〕、空腹時血糖値も低下する傾向(-6.1±6.7mg/dL)にあった。また、悪玉(LDL)コレステロールは、ベースライン時の128±27mg/dLから116±19mg/dLへと低下していた。

この結果についてNäslund氏は、「こまめに運動を差し挟むことで血糖変動が抑制されたのは、運動による血流の改善に起因するものかもしれない」と考察している。

ただし、耐糖能の改善は認められなかったことから、「健康上のメリットを確実に得るためには、おそらくより多くの運動が必要だろう」と今後の研究への課題を挙げている。

予防可能な疾患を予防するための健康推進活動を行っている非営利団体、True Health Initiativeの代表を務めるDavid Katz氏は、この発表を「身体活動による代謝改善効果の研究領域に、貴重な知見を追加するもの」と評価している。

「もちろん身体活動量が多いに越したことはない。しかし、大半の人が達成可能なレベルの身体活動量で、健康へのメリットを得られることを示す研究の成果は、運動を実践する人の増加につながるだろう」と同氏は述べている。

また、米レノックス・ヒル病院のLen Horovitz氏は、この研究に関連し、「座位時間の長い人が多いという問題は、医学的には、新たな喫煙問題とも言える」とコメント。そして、「体を動かさなければエネルギーが消費されず、筋肉は固まり、血液の循環が滞る」と解説。「職場では定期的に立ち上がり歩くべきだ。歩けば歩くほど体には良い」と強調している。(HealthDay News 2021年8月16日)

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://journals.physiology.org/doi/full/10.1152/ajpendo.00599.2020

Press Release
https://www.physiology.org/detail/news/2021/08/10/frequent-breaks-from-sitting-may-improve-daily-blood-sugar-fluctuations

テレワークに使える!PC仕事の姿勢改善や疲労軽減につながるDIME最新号の付録「モバイルPCスタンドMAX」

現在発売中の雑誌「DIME」11月号の特別付録が話題となっている。なんと、テレワークやデスクワークに使える本格的なPCスタンドがもれなく付いてくるのだ。ノートPCを置いて6段階で角度を調整することが可能なスタンドで、しかも、17インチまでの大画面ノートPCを置くことができるスグレモノ。さらに、スタンドの表面には滑り止めのラバーが付いているため、仕事中にPCが動いたりすることもなく、常に安定した状態で作業に集中できるのが特徴だ。このスタンドの特徴は、他にもある。本体をコンパクトに畳めるだけでなく、樹脂製素材で軽いため、バッグに入れて持ち運ぶことも可能。

うれしいことに専用の袋まで付いている。カフェやシェアオフィスなどで、仕事をするノマドワーカーにもおすすめのアイテムだといえる。PCを置いて、ちょうどいい角度に調節すれば、長時間のPC作業でも、体に負担のかかりにくい姿勢で取り組むことができるので、視線も上がって、首、肩、腰などへの負担を軽減することができるのがうれしい。また、コロナ禍で増えているテレビ会議の際も、ノートPCに搭載されたカメラの位置を目線の高さに近づけることができるため、自然な表情で参加することができるのがうれしい。他にもこのPCスタンドには大きなメリットがある。ノートPCの放熱を促すことができるため、PCの動作が安定するという効果も期待できるのだ。

この本格的なPCスタンドが付録として付いて、990円。DIME11月号は、間違いなくお買い得。すでに、完売している書店が続出しているので、早めの入手をおすすめしたい。

【詳細はコチラ】https://dime.jp/genre/1220034/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。