小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

買い換えるべき?「iPhone 13」シリーズの進化ポイントを5分でおさらい

2021.09.17

2021年9月15日未明(日本時間)、アップルが新製品発表イベントを開催。2021年モデルとなる「iPhone 13」シリーズを含む新製品を発表しました。

本記事では、発表会の内容をもとに「iPhone 13」シリーズの進化点や新機能など、気になるポイントをおさらいしていきます。日本時間では夜中に開催されたイベントなので、見逃してしまったという人はぜひ確認してみてください。

「iPhone 13」シリーズは今年も4モデルが登場!

「iPhone 13」シリーズは、2020年発売の「iPhone 12」シリーズと同様に、「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」の4モデルが登場。特に「iPhone 13 mini」は出ないのでは? という噂も耳にしましたが、結果としては前シリーズと変わらない構成になりました。

性能として大きく分けると「iPhone 13/13 mini」「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」となるので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

処理性能やカメラ機能など各方面が強化された「iPhone 13/13 mini」

「iPhone 13/13 mini」は、ディスプレイ上部の“ノッチ”が前モデルと比較して約20%小型化されました。ディスプレイサイズは「iPhone 13」が6.1インチ、「iPhone 13 mini」が5.4インチで、それぞれ「iPhone 12」シリーズから変化はありません。

搭載プロセッサは自社開発の5nmプロセス製造「A15 Bionic」。2つの高性能コアに4つの高効率コアを合わせた6コア構成となっており、他社のチップセットと比較すると50%も高速の処理が可能とのとこ。

機械学習を担う「Neural Engine」は16コアとなり、毎秒15兆8000億回の演算処理を行えます。

カメラは12MPの広角/超広角という2眼構成になっており、広角レンズは光を取り込める量が前モデル比で47%増加。これにより、従来よりも明暗がくっきりとした精細な写真の撮影が可能となります。

また、広角レンズには「センサーシフト式手ぶれ補正機能」が搭載されました。これは「iPhone 12」シリーズでは「iPhone 12 Pro Max」にのみ搭載されていたもので、明らかな進化ポイントとなっています。

特に注目なのが動画撮影における新機能「シネマティックモード」です。動画撮影中に被写体をタップすることでフォーカスを合わせられるほか、被写体の視線の動きを検知し、顔がカメラの外に向いた場合は別の場所に自動的にフォーカスを合わせてくれます。

前モデルと比べるとバッテリー性能も強化され、連続駆動時間が「iPhone 13 mini」は1.5時間、「iPhone 13」は2.5時間長くなりました。

カラーバリエーションは「ピンク」「ブルー」「ミッドナイト」「スターライト」「(PRODUCT)RED」の5色。ストレージは128GB/256GB/512GBの3構成となっており、「iPhone 12/12 mini」から64GBが削られ、512GBが追加された形になっています。

Apple Storeでの販売価格は「iPhone 13」の128GBモデルが9万8800円、256GBモデルが11万800円、512GBモデルが13万4800円。「iPhone 13 mini」の128GBモデルが8万6800円、256GBモデルが9万8800円、512GBモデルが12万2800円。

2021年9月17日の21時より予約が開始で、9月24日に発売となっています。

ついに120Hzリフレッシュレートに対応した「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」

「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」は、先に紹介した「iPhone 13/13 mini」と同様に「A15 Bionic」を搭載。ディスプレイサイズは「iPhone 13 Pro」が6.1インチ、「iPhone 13 Pro Max」は6.7インチとなっています。

「iPhone 13/13 mini」との大きな違いがディスプレイが1秒間に書き換わる回数を示す「リフレッシュレート」。「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」はiPhoneシリーズ初の「ProMotion」ディスプレイとして最小10Hzから最大120Hzの可変式となります。

ディスプレイの明るさは、前モデルが最大800ニトだったのに対し、「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」では1000ニトに対応。太陽光の下といった明るい環境でも視認性が向上しています。

リフレッシュレートは自分で調整する必要はなく、表示しているコンテンツや画面の動きに合わせて自動的に調節されます。120Hzに対応することで滑らかな動きができるのはもちろん、最小10Hzに対応することで省電力にも一役買うでしょう。

カメラは「iPhone 13/13 mini」の12MP広角/超広角の2つに望遠レンズを加えた3眼構成。今回新たに3つのレンズすべてでナイトモードが使用できるほか、最短2cmのマクロ撮影にも対応しています。

ストレージは、前モデルの128GB/256GB/512GBに加え、新たに1TBモデルも登場しました。カラーバリエーションは新色の「シエラブルー」に加え、「シルバー」「ゴールド」「グラファイト」の4色です。

Apple Storeでの販売価格は「iPhone 13 Pro」の128GBモデルが12万2800円、256GBモデルが13万4800円、512GBモデルが15万8800円、1TBモデルが18万2800円。

「iPhone 13 Pro Max」は128GBモデルが13万4800円、256GBモデルが14万6800円、512GBモデルが17万800円、1TBモデルが19万4800円となっています。予約開始は2021年9月17日の21時、発売は9月24日となります。

取材・文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。