小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ファン急増!和製ローズウッドとも呼ばれる「クロモジ茶」の魅力

2021.09.19

■茂木雅世のお茶でchill out!

クロモジといえば、和菓子などに添えられている楊枝を思いだす。

あのやさしくて上品な香りは、記憶に刻み込まれ、時々なぜか思い出す存在なのだが、日常生活ではあまり目にすることがなかった。

しかし、ここ最近、良く「クロモジ茶」という言葉を良く耳にする。

身近な友人も「自宅で仕事しているといつもの飲み物に飽きちゃって…。最近、クロモジ茶っていうお茶を飲んでるよ」なんて言いだしたことも重なって、お茶好きとしては、とにかく気になる存在だった。

クロモジとは、クスノキ科クロモジ属の落葉低木で比較的色々な場所に生育している木だ。特徴的なのは、なんといってもその香り。アロマのような優しく華やかな香りを持ち合わせていることから、別名“和製ローズウッド”とも呼ばれているそうだ。

クロモジ茶ラバーの友人によると、ハーブティーと同じような感覚で飲めるし、ちょっと気分を変えたい時、仕事で疲れた身体をオフにしたい時にぴったりなのだという。

普段は、緑茶ばかり飲んでいる私だが、言われてみれば、時々他の飲み物が飲みたくなる時もある。そんな時にクロモジ茶を飲むというのはいいのではないかと、すぐさま取り寄せてみた。

購入したのは、その名も「くろもじや」のくろもじ茶。京都のきれいな水で育ったクロモジの木を、おいしく淹れられるようにと丁寧に粉砕、乾燥させてつくられたお茶だそうだ。

袋を開けてみると、その瞬間からふんわりとやさしく華やかな香りが広がる。お茶自体を見ると、まさに“木”そのものが細かくなっているような形で、少し驚いた。

お茶の袋にちょこんとつけられているクロモジ茶を紹介する小さな紙には、ヤカンで煮だしてつくる方法がおすすめされていた。

なんでも、煮だしている時に、やかんから出るその蒸気でお部屋の空気の加湿や除菌までできるらしい。

お茶そのものの形を良く見たかったこともあり、私はミルクパン(小さな片手鍋)で煮だしてみた。お鍋でコトコトしていると、しだいにほっとする華やかで優しい香りが広がってくる。

身体の内側からウキウキするような自然のやさしい香りに包まれると、なんだかもうそれだけで「クロモジ茶いいね~」という気分になってくる。

ちなみにこのクロモジの芳香成分には、リナロールという成分が豊富に含まれていて、心と身体のリフレッシュ、深いリラックス効果も期待できるそうだ。

緑茶を飲む時とは、また違う高揚感を感じながら、出来上がりを待った。

出来上がったお茶は、どことなく桃色のようなほうじ茶のような透き通った色。

飲んでみると、驚くほど苦味やクセがなく、あっさりとしていた。香りとともにまあるい甘さが一瞬やって来て、その後、すっきりと消えていく。

「フレッシュなフォレスト感」と表現されていたが、まさにその通りといった印象で、気分転換に飲む飲み物としてぴったりだと思った。

聞けば、クロモジ茶は、熱々の状態だけでなく、時間がたって、冷めたものもまた、香りがたっておいしいそうだ。朝、多めに作って仕事をしながら少しずつ飲みきる。部屋もいい香りになって一石二鳥だ。友人が「クロモジ茶最高」と言っていた理由が少しわかった気がした。

また、クロモジ茶は飲むだけでなく、お水の代わりにクロモジ茶でお米を炊いたり、お肉とお野菜と一緒に煮込むなど、普段のお料理にも色々と使えるという。

またお茶を飲んだ後は、乾燥させて、そのままお風呂に入れると、入浴剤としても楽しめる。

そして、最後の最後には、植物などのプランターに入れて、肥料としても活用できるそうだ。

捨てるところがないお茶というのも、とても気に入った。

すっかりクロモジの香りに夢中になってしまった私は、クロモジに水蒸気を当て、精油成分を気化させてつくったというフローラルウォーターまで購入。こちらはスプレーに入れて、リネンウォーターやお化粧直しの際の化粧水代わりとして愛用している。特にアイロンをかける際などにシュッシュとするだけで洋服がいい香りになって、とても心地よい。

控えめにいって、クロモジ茶…最高です。

ひょんなことから知ったクロモジ茶。今ではすっかりその魅力にメロメロになっている。

たまには気分を変えたい!心が躍るような華やかなお茶が飲みたい!と思ったら、是非おすすめしたいお茶の一つだ。

茂木雅世 もき まさよ

煎茶道 東阿部流師範・ラジオDJ
2010年よりギャラリーやお店にて急須で淹れるお茶をふるまう活動を開始。現在ではお茶にまつわるモノ・コトの発信、企画を中心にお茶“漬け”の毎日を過ごしている。暮らしの中に取り入れやすいサステナブルアイテムを探求することも好きで自称“アットDIMEのゆるサステナブル部部長”
Instagram:https://www.instagram.com/moki98per/
Twitter:https://twitter.com/ocharock

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。