小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ元年の昨年と比べてテレワークはどれくらい普及したのか?

2021.09.14

コロナ元年となった2020年に急速に浸透したテレワーク。コロナ禍2年目となった今年、その普及状況はどのように変わったのだろうか?

チャットプラスではこのほど、企業の経営者(役員含む)・従業員を対象に、「テレワークとデジタルツールに関する調査」を実施。昨年行った同様の調査と比較して、どのような変化があったのか詳しく見ていく。

社内でのテレワーク普及率の変化

まずは、「社内でのテレワーク普及率を教えてください」と質問したところ、「全社員出勤(テレワーク導入実績なし)(44.2%)」という回答が最も多く、以降「20%(14.0%)」「全社員出勤(テレワーク導入実績あり)(11.3%)」「60%(9.1%)」「40%(9.0%)」「全社員テレワーク(6.2%)」「80%(6.0%)」と続いた。

昨年の調査では、全社員出勤とテレワークの導入比率はほぼ二分する結果だったが、1年が経過した現在は、全社員出勤という企業の割合が上昇していることがわかった。

また、コロナ禍によって一時的にテレワークを導入したものの、従来のように全社員出勤へと戻した企業もあるようだ。

テレワーク開始に伴い導入されたデジタルツールとは?

テレワークでもオフィス業務と同等の生産性を担保するには、デジタルツールの導入が必要不可欠と言える。では、新たにデジタルツールを導入した企業の割合は、昨年と比較してどのように変化したのだろうか。

そこで、「テレワーク開始に伴い新たにデジタルツールを導入しましたか?」と質問したところ、「はい(46.1%)」「いいえ(53.9%)」という結果となった。

昨年の調査では、同様の質問に対して『はい』と回答した方は23.2%という結果だったことから、この1年でデジタルツールを導入した企業は増加しているようだ。

では、どのようなデジタルツールを導入したのだろうか。

前の質問で『はい』と回答した方に、「具体的にどのようなデジタルツールを導入しましたか?(複数回答可)」と質問したところ、「Web会議システム(73.1%)」という回答が最も多く、以降「リモートアクセスツール(33.2%)」「ビジネスチャット(コミュニケーション目的)(27.6%)」「テレビ会議システム(22.4%)」「Webチャット(チャットボットなど)(19.8%)」と続いた。

昨年の調査でも、『Web会議システム』が最も多い結果となったが、昨年の62.8%に対して今回は73.1%と、その割合は10ポイント以上上回り、Web会議システムの導入は加速している様子がうかがえる。

また、昨年の調査では次いで「ビジネスチャット(コミュニケーション目的)」という回答が多く集まったが、今回の調査では「リモートアクセスツール」という回答が昨年よりも15ポイント以上増加し、「Web会議システム」に次ぐ結果となった。

オフィス内のPCを遠隔操作できるリモートアクセスツールのニーズは、長引くコロナ禍によって一層高まっていると言えそうだ。

テレワークのメリット・デメリット

長引くコロナ禍の影響によって、テレワークという働き方がもはや基本となった方も多いと思う。それに伴い、昨年の調査の時点では見えなかったメリットやデメリットを感じている方もいることだろう。

そこで、「テレワークのメリットを教えてください」と質問したところ、「通勤のストレス軽減(63.7%)」という回答が最も多く、以降「ワーク・ライフ・バランスの向上(19.3%)」「生産性の向上・業務効率化(8.1%)」「育児・介護・病気治療と仕事の両立(4.2%)」と続いた。

昨年の調査では、「通勤のストレス軽減」という回答は51.9%だったが、今回の調査では10ポイント以上上回る結果となり、通勤の機会が減っていくに従って、そのストレス軽減を実感している方も増加している様子がうかがえる。

その一方で、昨年の調査では「生産性・業務効率化の向上」という回答が14.7%だったのに対し、今回の調査では8.1%と5ポイント以上下回り、テレワークの導入は、生産性の向上や業務効率化を図ることが難しい様子も見えてきた。

先の質問で「全社員出勤(テレワーク導入実績あり)」と回答した方が1割以上いたことも、このようなことが関係しているのかもしれない。

では、1年前には見えなかったメリットはあるのだろうか。

そこで、「1年前には感じることのなかったメリットがあれば具体的に教えてください」と質問したところ、以下のような回答が寄せられた。

・効率的な仕事の進め方ができるようになった(30代/女性/愛知県)
・不要な業務の洗い出し(40代/男性/埼玉県)
・通勤のストレスが大幅になくなり、余暇活動や通院などに時間が使えるようになったこと(40代/女性/大阪府)
・子どもたちとご飯が食べられること(40代/男性/大阪府)
・自分で料理をする機会が増えたため、料理のレパートリーが格段に増えたことと、料理技術が格段に向上したこと(50代/男性/神奈川県)

テレワークの導入当初は戸惑いなども多かったと思うが、継続していく中で不要な業務の洗い出しができたり、業務の効率化に繋がったりするだけでなく、プライベートの充実にも大きく貢献しているようだ。

その一方で、テレワーク導入によってどのようなデメリットが見えてきたのだろうか。

続いて、「テレワークのデメリットを教えてください」と質問したところ、「コミュニケーション不足(46.3%)」という回答が最も多く、以降「仕事とプライベートの切り替えが難しい(22.7%)」「ネット環境に左右される(16.2%)』『勤怠管理が難しい(11.7%)」と続いた。

昨年の調査では、「コミュニケーション不足」という回答が35.1%だったのに対し、今回はそれを10ポイント以上上回る結果となり、テレワークにおけるコミュニケーションの在り方の問題は、改善するどころかむしろ悪化している様子が見えてきた。

従来のように従業員が一堂に会して業務を行なうのとは異なり、それぞれ別の場所で業務を行なうテレワークでは、十分なコミュニケーションを取ることが相当難しいと言えそうだ。

その一方で、昨年の調査では22.9%で2番目に多かった『勤怠管理が難しい』という回答が、今回は11.7%とほぼ半減していることから、勤怠管理の問題はデジタルツールの導入などによって解決している企業も多い様子がうかがえる。

テレワーク導入から1年以上経過したという企業も多いと思うが、導入当初とは異なるトラブルなども発生しているかもしれない。

そこで、「テレワークが原因で起きた大きなトラブルがあれば具体的に教えてください」と質問したところ、以下のような回答が寄せられた。

・残業時間が長くなってしまう社員が増えた(30代/女性/福岡県)
・現場で問題が起こった時の返答が遅い。また、関連会社の仕事が遅くなった(30代/女性/東京都)
・停電時に就業不能になる(40代/女性/宮城県)
・人材育成に関して、顔を見ながらのコミュニケーションを基にした対応ができず、成長のスピードに制約が生じる(50代/男性/東京都)
・ネットトラブルをシステム管理者が身近におらず解決できないため、業務が遂行できない(50代/男性/愛知県)
従業員がそれぞれ別の場所で就業するテレワークでは、現場との距離が遠いことを痛感することも多いはず。また、自宅にバックアップ電源を備えているという方は少ないようで、停電時に就業不能になり生産性が低下してしまうといったトラブルも実際に発生しているようだ。

コロナ禍は当面続くことが予想されるため、、いかにしてこれらのデメリットや課題を改善していくかが、企業の喫緊の課題と言えるだろう。

テレワーク継続の意思とその際注力したいこと

デルタ株などの変異株による感染が急拡大しており、予断を許さない状況が続いているが、その一方で、日本国内でのワクチン接種人数の全人口に占める割合は、1回目が51.3%、2回目が39.7%(いずれも8月20日現在)と、ワクチンの普及も加速している。

(首相官邸 新型コロナワクチンについて:https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

そのような背景もあり、感染状況などを鑑みながら、テレワークを継続する企業もあれば、オフィス勤務に戻す企業もあるだろう。

そこで、「テレワークの継続を検討していますか?」と質問したところ、「働き方の選択肢として継続を検討している(28.9%)」という回答が最も多く、以降「変異株への感染が拡大しているため継続を検討している(26.0%)」「継続は検討していない(19.6%)」「ワクチン接種の完了後も継続を検討している(17.9%)」「ワクチン接種が完了するまでは継続を検討している(5.5%)」「エアロゾル感染のリスクが高いため継続を検討している(2.1%)」と続いた。

新型コロナウイルスの感染拡大状況に関わらず、新たな働き方としてテレワークを継続していく予定の企業が多いようだ。

また、感染拡大状況を鑑みながら継続を検討している企業を含めると、テレワークの継続を検討している企業は8割を超え、昨年の調査で継続を検討していると回答した方の39.1%を大きく上回る結果となり、非常に多くの企業が、テレワークの継続に前向きな姿勢へと変わっていることがわかった。


テレワーク継続の際、どのようなことに注力したいと考えているのだろうか。

前の質問で、テレワークの継続を検討していると回答した方に、「継続する際に注力したいことを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、「社員間での情報共有やコミュニケーション(59.7%)」という回答が最も多く、以降「セキュリティ面の強化(31.7%)」「紙の資料や書類の削減(27.0%)」「テレワークに必要なデジタルツールの導入(24.6%)」「上長の承認方法の見直し(19.7%)」と続いた。

昨年の調査でも上位に挙がった「社員間での情報共有やコミュニケーション」「セキュリティ面の強化」という回答は、割合にこそ若干の違いはあるが、今回の調査でも上位に挙がった。

その一方で、「テレワークに必要なデジタルツールの導入」という回答は、昨年の34.9%から10ポイント以上下回り、24.6%という結果となった。

テレワークが普及して1年以上が経過した今、そしてこれからのテレワークに期待していることとは?

コロナ禍となり1年半が経過した現在のテレワーク継続への意思が明らかになったが、テレワークによって今後期待していることとは何なのだろうか。

そこで、「今後テレワークで期待していることを教えてください」と質問したところ、以下のような回答が寄せられた。

・デジタルをベースにリアルをアップサイドに使える(30代/男性/埼玉県)
・ハンド作業を自動化し今後の社員不足に備えた業務効率化(40代/女性/愛知県)
・紙の書類のやり取りが完全になくなること(40代/女性/宮城県)
・ワークライフバランスの強化(50代/男性/東京都)
・柔軟な働き方の定着。仕事とプライベートの両立のしやすさ(50代/女性/埼玉県)

<今回実施した調査の概要>
調査概要:【定点調査】テレワークとデジタルツールに関する調査(2021年8月)
【調査日】2021年8月3日(火)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,041人
【調査対象】企業の経営者(役員含む)・従業員
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

<2020年に実施した調査の概要>
調査概要:テレワークとデジタルツールに関する調査
【調査日】2020年6月22日(月)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,121人
【調査対象】企業の経営者(役員含む)・従業員
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

出典元:チャットプラス株式会社
https://chatplus.jp/

構成/こじへい

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。