小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

まるで怪獣映画!?巨大化したペットのイラストにオーダーが殺到する理由

2021.09.14

まるで怪獣映画!? 超巨大化したペットのイラストにオーダーが殺到する理由

家族や好きな人がそうであるように、ペットは飼い主にとって大きくて特別な存在です。

今回ご紹介するクリエイターは、そんな思いをカタチにした作品を制作されているペットイラストレーターの「sakio(@DoraSakio)」さん。

一目見たら忘れられない、ある「特徴」が多くの人の心を捕らえ、反響を呼んでいるのでご覧ください。

超巨大化したペットたち

akioさんのペットイラスト2

そう、sakioさんの作品の特徴とは、ペットが「超巨大化」していることなのです!

akioさんのペットイラスト6

一見するとただ美しいワンコのイラストに見えますが、よーく見るとジオラマのように小さな人間がいるのがお分かりいただけるでしょうか?

akioさんのペットイラスト3

「ペットと家族」を描いたイラストは星の数ほどあれど、こんなに存在感のあるサイズになったペットたちは見たことがありませんよね…

sakioさんのペットイラスト1

イラストなら、愛犬家・愛猫家の夢と言っても過言ではない「愛しのペットの上に寝転がってモフモフ」だって叶えてしまえるのです。

うーん、これはかなり羨ましい!

怪獣映画に憧れて

sakioさんはこれまで数々のペットイラストを制作されており、そのモデルは愛犬や愛猫のみならず、愛兎や愛鼠まで様々です。

おしゃれで個性的な作風と、思いのこもった温かいタッチがSNSで評判になり、現在個人からのオーダーは2024年1月まで予約でいっぱいなのだとか(※)。

※2021年9月執筆時の情報です

 

そんな売れっ子ペットイラストレーターであるsakioさんに作品のルーツについてお伺いしてみたところ「きっかけとなっているのは、幼少期から現在まで続く『動物好き』と『怪獣・恐竜好き』の部分といえます」とのお答えが。

幼少期に怪獣映画や恐竜の虜になったsakioさんは、はじめのうちはその力や恐怖感に惹かれていましたが、徐々に「もし共存できる『友達』になれたら…」と考えるようになったといいます。さらにその「種の違った友達」という発想が、犬や猫と暮らしてきたご自身の経験と繋がっていったのだそう。

小さな動物たちを家族として迎えている人は世界中にたくさんいますが、体は小さくとも飼い主が感じるその子への存在感は本当に大きなものです。

「その大きな存在感が目に見える大きさになったら良いのに」と願うsakioさんの想像の中では、彼らは天を貫く程大きく、まさに映画に登場する怪獣たちのように超巨大な体で過ごしているのです。

akioさんのペットイラスト4

たくさんの作品を制作する中で、多くの飼い主さんたちの思いに触れ、ペットの存在感を視覚化できることや大切な思い出をカタチとして残せることを実感しているというsakioさん。

これからも自信と誇りを持って「ペットイラストレーター」を名乗り、歩んでいきたいと語ってくれました。

■イラスト提供 sakioさん

ペットイラストレーター。巨大な動物が住む世界を描きます。」

■ツイッター https://twitter.com/DoraSakio

■pixiv https://www.pixiv.net/users/7666711

文/黒岩ヨシコ

編集/inox.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。