小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

500人に聞いた老後に不安を感じていることTOP3、3位介護、2位経済的負担、1位は?

2021.09.12

「老後に不安を感じる」と回答した人は8割以上

内閣府による「令和3年版高齢社会白書」では、日本国内の65歳以上人口は3,619万人と前年より増加し、総人口1億2,571万人に占める割合は28.8%。年々高齢化率は上昇を続け、働き手や介護の担い手不足、健康、年金・老後の資金等への懸念が高まっている。

そこでセコムは9月20日(月)の「敬老の日」を前に、認知症を含む老後の不安と対策について実態を調査した。

「老後に不安を感じる」と回答した人は8割以上。性年代別では、女性40代が最も多く92.0%が不安

老後に不安を感じるか【図1】という問いに対して、39.6%が「感じる、または感じた」、44.2%が「どちらかといえば感じる、または感じた」と回答し、何かしらの不安を感じている人は83.8%となった。

性年代別では女性40代が最も多い92.0%、次いで女性20代が90.0%で、特に不安に感じていることが読み取れる。

図1:老後への不安の有無(SA)

2.老後に不安を感じることのトップは「病気やケガなどの健康不安(80.4%)」で、調査開始から初めて8割を超え、過去10年で最多に

老後の不安を感じる人に、具体的な不安の内容【図2】を聞いたところ、「病気やケガなどの健康不安」が80.4%でトップとなり、2012年の調査開始から初めて8割を超え、過去最多。次いで2位「経済的な負担に関する不安(66.6%)」、3位「介護に関する不安(51.3%)」となった。

図2:老後に不安を感じること(MA・SA)

約6割は健康の維持や老後に備えた対策をしていなく、理由の1位は「具体的にどのような対策をすればよいかわからないから」

健康の維持や老後に備えた対策を講じているか聞いたところ、59.4%が「対策をしていない」と回答。対策をしない具体的な理由【図3】は、「具体的にどのような対策をすればよいかわからないから(48.5%)」が最も多い結果となった。

一方、対策をしている人の具体的な内容【図4】は、「定期的に健康診断や人間ドックを受診する(70.4%)」が1位となり、2012年の調査開始から初めて7割を超えた。医療機関を利用する対策の割合の増加から、健康への不安に対する意識の高まりが読み取れる。

図3:対策をしない理由(MA)

図 4:老後の具体的な備えや対策(MA) 

認知症に対する不安を感じている人は、自分(54.2%)、家族・配偶者(60.2%)ともに半数を超える結果に

認知症に不安を感じるか、自分【図5】と家族・配偶者【図6】に関して聞いたところ、自分に対する不安は「感じる、または感じた(20.0%)」「どちらかとういえば感じる、または感じた(34.2%)」が合わせて54.2%となり、自分と家族・配偶者(60.2%)への不安とともに半数を超えた。

認知症になった場合の行動は、自分【図6】、家族・配偶者【図8】の両方において1位「病院に通い、認知症の進行を遅らせる」、2位「認知症の改善に努める」、3位「老人ホームに入居する(させる)」となった。

 

調査概要

調査期間:2021年7月9日~7月10日

対象:全国男女500名

(20-29歳、30-39歳、40-49歳、50-59歳、60歳以上/男女各50名)

方法:インターネットによるアンケート回答方式

構成/ino.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。