小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コンピューターと〝友だち〟になり世界を変えた男、スティーブ・ジョブズの傑作バイオグラフィー「あの日ジョブズは」

2021.09.11

スティーブ・ジョブズがこの世を去ってから10年が経とうとしている。そんな中、ジョブズを撮り続けてきた写真家・小平尚典と、大ベストセラー『世界の中心で、愛をさけぶ』の作家・片山恭一がタッグを組んだ書籍『あの日ジョブズは』が発売された。それは、これまでのジョブズ関連本とは違う、唯一無二のジョブズのバイオグラフィーだ。

その男は何をしたのか? コンピュータをよりパーソナルにして人間と近づけた。

男のメッセージは『誰もがコンピュータに触れることで未知と未来にアクセスできる。パスワードはりんご』。

数多くの魅力的なプロダクトを世に送り出し、人の心をつかむ言葉を発し、巨万の富を得て、56歳で病魔に倒れた。その男を、ぼくの心の空間でもう一度生かしたいのだ。

男の名はスティーブ・ジョブズ。

~「あの日ジョブズは」プロローグより~


1988年10月12日に撮影されたジョブズのモノクロ写真を表紙にした『あの日ジョブズは』。250ページほどの書籍でありながら、手にすると思いのほか重さを感じる。作家・片山恭一の書いた文章と、写真家・小平尚典の撮ったスタンフォード大学ライブラリーにセレクトされている41枚の写真とで構成された、写真集的な要素ももった一冊だからだ。

この書籍の構想のはじまりは2015年に遡る。小平尚典氏が50枚ほどの写真を、友人である片山氏に送った。それはスティーブ・ジョブズの写真で、アメリカに移住してフォトジャーナリストとして活動していた小平氏が、1990年前後に撮影したIT革命のレジェンドたちのポートレートの中にあったものだった。ちょうど、ジョブズがアップルを追放され、新たに立ち上げたネクストで苦戦していた時期で、その新会社をアピールしようと、インタビューを積極的に受けていた頃であったという。

そこに写っていたのは若くて溌剌としたジョブズ。にもかかわらず深い孤独のなかにいるように見える。そんなジョブズを見て、片山氏は「自分だけが言葉にできる物語が眠っている気がする」と感じたという。その気持ちを表したのが、前述の『あの日ジョブズは』のプロローグにある一文だ。

『あの日ジョブズは』の目次に並ぶのは、アップル誕生時代から56歳で病魔に倒れる日までのジョブズに関する18の項目。徹底した考察をもとに作家・片山恭一が書き上げたバイオグラフィーは、ジョブズの内面にまで迫る。加えて、ジョブズと関わった人物たちのポートレートも織り込まれているため、読み進むうちに当時のシリコンバレーにタイムスリップし、あたかもそこにいるかのような感覚にさえなってくる。

2011年10月5日に逝去したジョブズ。あの日から今日までの10年の間に、ジョブズが世に送り出した「iPhone」によって世の中は激変した。その激変の中にいた私たちだからこそ読んでおきたい、いや、何より読んで面白い!一冊なのだ。

『あの日ジョブズは』
WAC
定価 ¥1650円(10%税込)
https://www.amazon.co.jp/dp/4898319548

文/堀けいこ

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。