小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1000人に聞いた今年視聴した、特に好きなテレビ番組ランキングTOP10

2021.09.06

一昔前まで、映像を視聴する自家用メディアといえば、テレビ一択だった。しかし今は、インターネット上の動画配信プラットフォームで様々コンテンツが閲覧できる時代だ。テレビとネット動画、この2つのメディアに対し、人々はどのように接しているのだろうか?また最近、話題になったテレビ番組とは。

そんな「テレビ」と「ネット動画」の視聴実態に関するアンケート調査がこのほど、株式会社クロス・マーケティングにより、全国20歳~69歳の男女を対象にして実施された。

テレビとインターネット動画配信に関する調査(2021年)

1日の視聴時間を聴取したところ、平日・休日ともに9割がテレビを見ているのに対し、インターネット動画配信は7割と、テレビを見ている人の方が多い。ただし、20代においてはほぼ同程度の割合となっている。<図1、図2>

年代別にみると、年代が高くなるほどテレビの視聴時間は長く、インターネット動画配信の視聴時間は短くなっている。

テレビについては、 「大きな事件が起きたときはテレビでニュースを確認する」が上位にあがり、速報性が求められている一方で、「CMが多い」「同じような話題を繰り返し放送している」といったネガティブな意見も出た。

インターネット動画配信については、「好きな時間に好きな番組を選んで見ることができる」「スマホやタブレットなどで、どこでも見ることができて便利」といったテレビにはない魅力がポジティブ意見として多くあがっている。<図3、4>

今年見た中で好きな番組としては、「オリンピック」が最多。「TOKYO MER」や「ハコヅメ」といった現在放送中のドラマがTOP10に5本ランクインしている<図5>

バラエティ番組では、「水曜日のダウンタウン」や「アメトーーク!」といった人気番組に加えて、この1、2年の間にレギュラー番組となった「有吉の壁」や「オモウマい店」もTOP10にランクインしている。

<調査概要>
調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 20~69歳の男女
調査期間  :2021年8月27日(金)~8月29日(日)
有効回答数 : 本調査1,100サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合がある。

出典元:株式会社クロス・マーケティング
http://www.cross-m.co.jp/


構成/こじへい

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。