小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

占い師、ジャンボこいのぼり、ヘボコン、霊の感知ガジェット、マツコも知らない不思議な世界

2021.09.05

@DIMEから知られざる世界を紹介します。

ゆるすぎるロボットたちが戦う爆笑必至のコンテスト「ヘボコン」

学生が製作したロボットたちが、課題の競技で優劣を競い合うロボットコンテスト、「ロボコン」。NHKで放送される有名なテックイベントだが、その向こうを張った(?)競技大会が「ヘボコン」だ。 「ヘボコン」とは、「ヘボい」ロボット同士が戦う競技大会。2014年に始まった年1回の大会で、年を経るごとに参加者・観客が増えている注目のイベントだ。

【参考】https://dime.jp/genre/750345/

収入は?副業も可能?人気占い師に聞く「占い師」という職業とリアル

副業解禁の影響もあるのか、会社勤めを辞めて、あるいは掛け持ちで占い 師になる人、希望する人が増えているという。 「簡単になれて、結構な収入になる」という噂もちらほら聞くが、果たしてその実態は? 『占い師入門』(雷鳥社)という著書があり、占い師の“職業”、“個人事業主”としての側面にあかるい占い師兼作家である高橋桐矢さんに、そのあたりの事情をうかがった。

【参考】https://dime.jp/genre/741972/

全長100m、重さ330kg!巨大クレーンで揚げる世界最大のジャンボこいのぼりはやっぱりスゴかった

その歴史は、江戸時代中期にまでさかのぼる「鯉のぼり」。男子の誕生を祝い、その成長を願って、端午の節句に幟(のぼり)を立てる風習から発展したといわれる。当初は、黒い真鯉を1匹だけ揚げていたのが、明治時代には色も数も増えてきらびやかとなっていき、5月初旬の風物詩となった。

【参考】https://dime.jp/genre/708895/

12年ぶりにリニューアル!目に見えない霊の存在を感知するガジェット「BAKETAN霊石-REISEKI」

2006年に発売され、一世を風靡したおばけ探知機の「ばけたん」。その「ばけたん」が12年ぶりにリニュアルし、第2弾の商品として販売されている。 その名は「BAKETAN 霊石 - REISEKI -」。数センチの半透明で不定形の外観で、中に回路が入っているのが見える。

【参考】https://dime.jp/genre/650142/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。