小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

搭乗前にスピーディーに買い物ができる無人決済システムを活用した国内初の空港ギフトショップ「ANA FESTA GO」

2021.09.03

■連載/綿谷さちこのクレカの強化書

無人決済システムの開発を行なうTOUCH TO GO(以下、TTG)。これまでTTGのシステムを活用した実用化店舗は主に駅構内や駅周辺のコンビニとして展開されてきたが、今回、ANAグループのANA FESTAとタッグを組み、「ANA FESTA GO」を827日にオープンした。国内初の無人決済の空港ギフトショップを体験してきた。

羽田空港第2旅客ターミナルB1にオープンした「ANA FESTA GO 羽田 B1 フロア店」(写真左)と、リニューアルオープンした「ANA FESTA 羽田 B1 フロアギフト店」(同右)

 

空港初の無人決済店舗「ANA FESTA GO

羽田空港の第2旅客ターミナルのB1にオープンした「ANA FESTA GO」。この場所には元々、従来型の「ANA FESTA」があり、筆者も帰省時などによく利用していた。その店舗を二分割し、1つを「ANA FESTA GO 羽田 B1 フロア店」、もう1つを「ANA FESTA 羽田 B1 フロアギフト店」としてリニューアルオープンした。

ANA FESTA」はANAが就航する国内32空港に店舗を構えるギフトショップ。「搭乗前にスピーディーにお土産を買いたい」「おすすめから手間なくお土産を選びたい」「非接触で会計を済ませたい」など、多様化する顧客ユーズに対応するため「ANA FESTA GO」のオープンに至ったそうだ。

そのため「ANA FESTA GO」ではランキング上位の洋菓子や和菓子を、それぞれ価格帯別に横一列に陳列するおすすめランキング形式を採用。予算に合った棚を横に見ていくことで、希望に合うお土産が探しやすくなっている。そのほかANAのオリジナル商品、弁当、ドリンク、雑貨など、約100アイテムを取り扱う。

ANA FESTA」羽田全店の売上・販売数量データから人気のお土産をセレクト。

 

わかりやすい商品説明で好みの商品が探しやすい。

 

ANAファーストクラスシェフ監修のカレーなど、ANAのオリジナルコーナーもある。

 

会計ではANAのマイル積算やANAカード割引にも対応

ANA FESTA GO」の利用に専用のアプリなどは必要ない。天井に取り付けたカメラでのモニタリングや商品棚の重量センサーなどのデータにより、顧客が手に取った商品をリアルタイムに認識。なお、店内混雑を避けるため、入店人数は10名以内に制限されている。

天井のカメラは全部で18台。認識できる範囲が広くなったことで、カメラの数が劇的に少なくなったそう。

 

商品を手に取ってレジの決済スペースに入ると、タッチパネルに購入する商品や価格が表示されている。通常のセルフレジなら端末でバーコードなどを読み取るが、「ANA FESTA GO」の場合は瞬時に会計ができているのでとにかく速い。レジの下に紙バッグが置いてあるので、このタイミングで購入した商品を入れておくといいだろう。

購入した商品の計算が決済スペースに入るなり完了している。

 

しかも今回はANAのギフトショップということで、ANAのマイル積算やANAカード割引にも対応。ANAマイレージクラブの会員が「ANA FESTA」で11000円以上の買い物をすると代金が5%割引になるが、「ANA FESTA GO」でも同様に割引があり、ANAのマイルも100円に付き1マイルがもらえる。ANAカードで決済するとさらに200円に付き1マイルが積算される。

ANAマイレージクラブの会員は「ANAマイレージクラブの方」をタッチし、会員番号を端末で読み取る。

 

ANAマイレージクラブの会員カードは3種類あり、通常の会員カードの場合は磁気で読み取り、クレジットカードタイプは端末にタッチ、スマホのアプリはQRコードで読み取る。このタイプが異なるところが難しかったそうだ。

筆者はANAカードの会員なのでタッチで操作。

 

決済方法は交通系ICカードやクレジットカードのほか、現金での支払いにも対応。筆者はSuicaで決済したのだが、端末にタッチするだけなので、実にスピーディーに買い物ができた。

さまざまな支払い方法に対応。

 

Suicaは端末に決済端末にタッチ。現金は紙幣と硬貨を入れる場所があり、お釣りが出る。

 

支払いが完了したらレシートを受け取ってゲートを出る。

 

全国の人気商品が購入できるリニューアルした「ANA FESTA

もう1つの店舗の「ANA FESTA」は、東京に特化した商品や全国32空港の「ANA FESTA」で人気のカレー、麺類、ご飯のお供を集めたギフトショップにリニューアル。

この店舗独自の島のアンテナショップ「離島百貨店」もあり、東京に居ながらもさまざまな地域の商品を購入することができる。

全国416の離島を繋ぐ島のアンテナショップ「離島百貨店」。

 

地域の名物カレーやラーメンがズラリ。

 

ANA FESTA GO」ではトラブル時に備えてモニター監視しているが、今回のように有人店舗が隣接することで、素早い対応ができるようになる。この利点を活かしてTTGでは、ターミナル空港では一部を無人決済店舗にするなど、ハイブリッドな方法を提案。地方空港では省スペースな部分への店舗作りを提案するなどして、今後、空港への拡大を目指すそう。いずれさまざまな空港で無人決済店舗を見かけるようになりそうだ。

 

●ANA FESTA GO 羽田B1フロア店
●ANA FESTA羽田B1フロアギフト店
東京国際空港第2旅客ターミナルB1
営業時間:8:0020:00

 

取材・文/綿谷禎子

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。