小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍以降に増えた行動習慣、シニアは「地上波テレビ視聴」、若年層は?

2021.09.01

コロナ禍を経験し、ライフスタイルがガラッと変わったという人は多いはず。では、ネットやテレビと向き合う頻度は、各年代でどれほどの変化があったのだろうか?

そんな、コロナ禍後のメディア接触実態などを探る意識調査がこのほど、NTTドコモ モバイル社会研究所により、全国・15~79歳男女を対象に実施され、6,240の有効回答を得た。

コロナ禍後に「行う機会が増えた」のは「地上波テレビ視聴」「YouTube」

コロナ禍前後で人々の活動がどのように変化したかを調査したところ、コロナ禍前から行っていたが、コロナ禍以降にも「行う機会が増えた」のは 「地上波テレビ視聴」が約6割、「YouTube(視聴・投稿)」が約5割と高い結果となった。

なおコロナ前から「行っていないで、現在も行っていない」ものとしては「ストリーミングの視聴」「食事のデリバリー」「ビデオ通話」が高かった。

また「コロナ後に行うようになった」こととして「食事のデリバリー」「メールなどメッセージ」「ビデオ通話」「オンラインショッピング」が13%程度あり、それ以外も10%程度の方がコロナ後に行うようになったという結果が出た。

図1.コロナ禍前後の行動比較
[調査対象:全国・15~79歳男女・複数回答・n=6,240]

コロナ禍後に「地上波テレビ視聴」が増えたのは60~70代のシニア層

コロナ禍前から行っていたが、コロナ禍以降にも「地上波テレビの視聴」の「行う機会が増えた」と回答したのはシニア層が多いことが明らかになった。60代、70代は男女ともに約6~7割がコロナ禍になってから「地上波テレビの視聴」を行う機会が増えた。一方で10~20代の若年層はコロナ禍になってから「地上波テレビ視聴」を行う機会が増えたのは4~5割程度だった。

図2. 性年代別にみるコロナ前後での「地上波テレビ視聴」
[調査対象:全国・15~79歳男女・複数回答・n=6,240]

コロナ禍後に「YouTube(視聴・投稿)」増えたのは10~20代の若年層

コロナ禍前から行っていたが、コロナ禍以降にも「YouTube(視聴・投稿含む)」の「行う機会が増えた」と回答したのは若年層が多いことが明らかになった。10代、20代は男女ともに約7割がコロナ禍になってから「YouTube(視聴・投稿)」を行う機会が増えた。

一方で、60~70代のシニア層はコロナ禍になってから「YouTube(視聴・投稿)」を行う機会が増えたのは3~4割程度だった。

コロナ禍後に「地上波テレビの視聴」を「行う機会が増えた」のはシニア層が多いことに対して、「YouTube(視聴・投稿)」は若年層が多い結果となった。

図3. 性年代別にみるコロナ前後での「YouTube(視聴・投稿)」
[調査対象:全国・15~79歳男女・複数回答・n=6,240]

<調査概要>
調査方法:Web
調査対象:全国・15~79歳男女
有効回答数:6,240
サンプリング:QUOTA SAMPLING、性別・年齢(5歳刻み)・都道府県のセグメントで日本の人口分布に比例して割付。
調査時期:2021年2月

出典元:NTTドコモ モバイル社会研究所


構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。