小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

6万円のアップル製ヘッドホン「AirPods Max」は高いか?安いか?

2021.08.29

@DIME記事の中からAirPods Maxに関する記事を厳選して紹介。

アップル「AirPods Max」 vs ソニー「WH-1000XM4」人気の高性能ヘッドホン、買うならどっち?

自宅での音楽・動画鑑賞にヘッドホンを使用しているという人はどのくらいいるでしょうか。耳全体を覆うことができるヘッドホンは、イヤホンよりも包み込むような臨場感を再現するのが得意な製品が多いという特徴があります。

【参考】https://dime.jp/genre/1111676/

6万円でも高くない!?アップル製ヘッドホン「AirPods Max」のコスパが抜群に高い4つの理由

『AirPods Max』

アップルがついにヘッドホンに参入し、2020年末に『AirPods Max』を発売した。アップル信者が飛びつく、話題の新作が搭載する4大機能を紹介する。独自の音響設計とともに、ヘッドホンの左右に自社製の〝H1チップ〟を搭載。コンピュテーショナルオーディオと呼ばれる音響制御によって、ノイズキャンセルや空間オーディオ、外音取り込みといった多機能を実現。酸化皮膜処理を施したアルミニウムにより独特の質感となったハウジングも目を引く。

【参考】https://dime.jp/genre/1078050/

アップルが作った6万円強の高級ヘッドホン「AirPodsMax」、その価値は3Dオーディオ機能にある!?

6万1800円(税別)という価格が話題になった「AirPodsMax」。SONYやBoseの最新ノイズキャンセリングヘッドホンに比べて約1.5倍の価格ということで、Appleファンでも二の足を踏むかもしれない。 だが、Apple H1チップの高い処理性能を活かして、ヘッドホンの装着状態に合わせてサウンドの聞こえ方を最適化する「AdaptiveEQ(アダプティブイコライゼーション)」やiOS 14から利用できるようになった3Dオーディオ機能「空間オーディオ」 など注目の機能も搭載している。果たして同ヘッドホンの実力はその価格に見合うものなのだろうか。気になる性能をYouTuberのuzumaxさんが動画でレビュー。実際に購入するとなるとそれなりに高い買い物になるため、購入検討中の方は必見です!

【参考】https://dime.jp/genre/1073043/

40mm口径のダイナミックドライバを搭載し原音に忠実なサウンドを実現するAppleのヘッドホン「AirPods Max」

AppleはAirPods Maxを発表した。 「AirPodsは世界で最も人気があるヘッドフォンで、皆様から愛される理由は、シンプルで簡単なセットアップ、素晴らしい音質、そして特徴的なデザインにあります。AirPods Maxでは、そうした魔法のようなAirPodsの体験を、原音に忠実なサウンドと共に美しいオーバーイヤー型デザインに取り込みました。

【参考】https://dime.jp/genre/1041330/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。