小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

がんの画期的な治療法として注目される「ウイルス療法」とは?

2021.08.29

6月に国内で初めて厚生労働省から条件付きで承認された、がん治療用のウイルス薬。第一三共と東京大学が共同で開発したこの新薬は、脳腫瘍の一種を対象とし、臨床試験(治験)では1年後の生存率が8~9割と、従来の治療法の約6倍になるとされている。がん細胞だけで増えて死滅させる『ウイルス療法』の新薬は、他のがんにも効果があると期待され、新技術として注目されている。

そんな今後の発展に期待がかかる『ウイルス療法』についてこのほど、三井住友DSアセットマネジメントが以下のレポートにまとめた。

厚労省が『ウイルス療法』の新薬を承認

第一三共は6月11日、東京大学と共同で開発した、がん治療用ウイルス薬「テセルパツレブ」について、厚生労働省から条件付きで製造販売承認を取得したと発表した。「テセルパツレブ」は、遺伝子を改変したウイルスを使ってがん細胞を攻撃する新薬だ。脳腫瘍の一種である「悪性神経膠腫」の治療を目的としており、国内で初めて承認された、『ウイルス療法』のがん治療薬となる。

第一三共は、臨床試験で安全性と治療効果を確認し、昨年12月、厚生労働省に「テセルパツレブ」の製造販売を申請していた。治験では1年後の生存率が8~9割と、従来の治療法の約6倍になったとされる。「テセルパツレブ」は画期的な新薬候補などを優遇する「先駆け審査指定制度」の対象となっていた。

ウイルスを利用した画期的な治療法

『ウイルス療法』は、がん細胞だけで増えるように改変したウイルスをがん細胞に感染させ、ウイルスそのものががん細胞を死滅させながらがん細胞内で増幅していくという、これまでにはない発想に基づいた新しい治療法だ。正常な細胞ではウイルスが増殖しないため、安全性も高いとされる。

ウイルスが直接がん細胞を死滅させることに加え、抗がん免疫が惹起されてワクチン効果も引き起こす。また、手術や放射線、化学療法など従来の治療法とも併用が可能とされる。

『ウイルス療法』は一段の発展へ

『ウイルス療法』は基本的に全ての固形がんに同じメカニズムで作用することから、様々ながんへの応用が期待されている。このため『ウイルス療法』の開発には、大塚製薬、タカラバイオ、中外製薬など多くの製薬企業が参入しており、一段の発展が予想される。

厚生労働省は8月4日、「テセルパツレブ」を公的医療保険の対象とすることを決めた。新技術として注目される『ウイルス療法』の普及には医療財政との兼ね合いが大きく影響するとみられる。

※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社
http://www.smd-am.co.jp


構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。