小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

動画編集からオンラインゲームまでカバーする第11世代インテルCore i7を搭載した最新ノートパソコン4選

2021.09.03

ノートパソコンを選ぶ際の基準は人それぞれ。デザインや携帯性を重視する人もいれば、メモリやストレージ、バッテリーの容量が大切という人も多いでしょう。

今回は、ノートパソコンに内蔵されているパーツの中でも、主に処理性能に大きな影響のある“CPU(チップセット)”に着目し、最新世代の「第11世代インテル Core i7」を搭載したおすすめ製品を紹介していきます。

インテル Coreシリーズの“世代”って何のこと?

主にWindowsノートパソコンに搭載されることが多い「インテル」のチップセットシリーズが「Core」。リリースされるタイミングによって“世代”で分けられることが一般的で、現行の最新シリーズは第11世代となっています。

イメージしやすいのはiPhoneでしょう。iPhoneは毎年秋ごろに最新モデルが登場し、2020年にはiPhone 12シリーズが、2021年にはiPhone 13(仮)シリーズが登場するとされています。iPhoneでは毎年ソフトウエア/ハードウエアともにアップデートが施されますが、インテル Coreシリーズも同様に世代が進むごとに性能が上がっています。

インテル Coreシリーズの中にも種類があり、一般的なノートパソコンに搭載されるものの多くは「Core i3」「Core i5」「Core i7」の3種類です。数字が大きいほど性能が高くなりますが、Webブラウジングや動画視聴程度の用途であればCore i3モデルでも十分でしょう。

今回はよりヘビーにノートパソコンを使用したいという人のために、第11世代 Core i7を搭載した最新ノートパソコンを紹介していきます。

第11世代インテル Core i7搭載のおすすめノートパソコン【Lenovo ThinkPad X1 Carbon Gen 9】

最初に紹介するのは、Lenovoの「ThinkPad X1 Carbon Gen 9」。高性能に加えてキーボードの打鍵感の高さなどから人気を博すThinkPadシリーズの第11世代インテル搭載モデルとなります。カスタマイズによって価格はまちまちですが、Core i7モデルは公式HPでは19万7780円からの販売となっています。

ディスプレイは14.0型でメモリは8GB、ストレージは512GB(最小構成)。質量はわずか約1.13㎏と軽量なため持ち運びも快適になっています。近年急速に増えたオンライン会議などに対応するため、マイクやスピーカーの機能を根本的に見直したとのことで、マイクは上向きの360度集音マイクを搭載、スピーカーは聞きやすいようにキーボードの両側に配置されています。

また、オプションではありますがLTE通信や5G通信機能を選択可能。屋外でノートパソコンを使用する機会が多いビジネスパーソンにもおすすめです。

【参照】Lenovo ThinkPad X1 Carbon Gen 9

第11世代インテル Core i7搭載のおすすめノートパソコン【ASUS ZenBook 14 Ultralight】

続いてはパソコンや周辺機器、スマートフォンなど幅広くデジタル製品を取り扱っているASUSの「ZenBook 14 Ultralight」。特徴的なのが名前の通り本体質量で、14型ディスプレイを搭載しながら約995gと軽量になっています。

バッテリーは最大21.9時間の連続使用が可能なロングバッテリーとなっており、屋外で電池が切れる心配はほぼないでしょう。ディスプレイは画面占有率が約92%と高く、4辺のベゼル幅が2.6mmと細いのも印象的です。

メモリは8GB、ストレージは512GBと大容量を搭載。ハイエンドノートパソコンとして文句のない仕上がりですが、公式HPでの販売価格は13万9800円~と比較的手を出しやすくなっているのも特徴です。

【参照】ASUS ZenBook 14 Ultralight

第11世代インテル Core i7搭載のおすすめノートパソコン【LG gram 17】

屋外にノートパソコンを持ち運ぶというよりは、自宅に据え置いてじっくりと作業をするという人におすすめなのが「LG gram 17」。オープン価格の製品となっており、各家電量販店やECサイトでは25万円前後で販売されています。

本製品を自宅作業用におすすめしたい理由が、ノートパソコンとしてはかなり大型の17インチディスプレイを搭載している点です。HDMI出力ポートやUSB Type-Cポート×2、microSDカードスロットなども搭載されており、近年のノートパソコンとしては比較的拡張性が優れているのも特徴でしょう。

ディスプレイサイズは大きめですが、本体質量は約1.35㎏とサイズを考えれば軽量。メモリは16GB、ストレージは1TBと大容量になっているのも嬉しいポイントです。

【参照】LG gram 17

第11世代インテル Core i7搭載のおすすめノートパソコン【VAIO Z】

最後に紹介するのは、ハイエンドノートパソコンである「VAIO Z」です。カスタマイズモデルの販売価格は通常27万2500円~となっていますが、執筆時点(2021年8月中旬)では公式HPで7周年記念セールを開催中。22万2810円から購入可能です。

本製品は本体に世界初となる「立体成型フルカーボンボディ」を採用。そのため約958g~と軽量なほか、最高127cmの落下試験をクリアするなど高い堅牢性を持つノートパソコンに仕上がっています。

ディスプレイは14型で、FHD/4Kから選択可能。メモリは8GB/16GB/32GB、ストレージは256GB/512GB/1TB/2TBと複数モデルが用意されているため、自分の使い方に合わせた容量をチョイスできるのも嬉しいポイントでしょう。

【参照】VAIO Z

※データは2021年8月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。