小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Airbnbがアフガニスタンからの難民2万人に対して一時的な住居提供による支援を発表

2021.08.27

Airbnbがアフガニスタンからの難民の支援を発表

AirbnbとAirbnb.orgは、Airbnb.orgを通して世界中の2万人のアフガン難民に一時的な住居を提供することを発表した。費用は、AirbnbとAirbnb共同創業者のブライアン・チェスキー氏によるAirbnb.orgへの寄付、およびAirbnb.org Refugee Fundへの寄付によって賄われるという。

過去数年間、Airbnbのコミュニティは、支援を必要としている多くの人々に対するサポートを行なってきた。困難な状況におかれている人の宿泊先探しを支援すべく立ち上げられた米国・内国歳入法第501条C項3号に基づく非営利団体「Airbnb.org」は、自然災害で家を失った人の避難所を提供し、新型コロナウイルスが世界的に大流行する中、最前線で感染拡大防止に取り組む医療救護活動従事者のために宿泊先探しやサポートを提供した。

この1週間で、米国およびその他の地域におけるアフガン難民の移住・再定住が重大な人道的危機の課題であることが明らかになった。AirbnbとAirbnb.orgのコミュニティは、この需要に直面し、再び立ち上がる準備ができているという。

AirbnbとAirbnb.orgは、現場の状況が急速に変化していることを認識しており、Airbnb.orgは、再定住支援機関や各パートナーと密接に連携し支援を行なうことに加え、必要に応じて本イニシアチブと支援の形を発展させる。

さらにAirbnbは、現在非常に切迫した必要性があることから、世界中でさまざまなビジネスを展開する各コミュニティに対し、アフガン難民を支援する取り組みに参加するよう呼びかけている。

Airbnb共同創業者兼最高経営責任者(CEO)・ブライアン・チェスキー氏のコメント

「何万人ものアフガン難民が世界各地で再定住する際の最初の滞在場所が、彼らの新しい生活の第一章となります。Airbnbが支援する2万人の難民に対して、Airbnbのコミュニティは彼らに休息が出来て再出発するための安全な場所を提供していただくだけでなく、暖かく迎えてくれることを願っています」

今回の発表は、AirbnbおよびAirbnb.orgですでに始まっているアフガン難民支援の取り組みに基づくもの。Airbnb.orgは先週、国際救済委員会(IRC)、ユダヤ移民支援協会(HIAS)、チャーチ・ワールド・サービス(CWS)に緊急の資金提供とサポートを行ない、最大1,000人のアフガン難民にAirbnbのプラットフォームを通じて一時的な滞在先を提供した。さらにこの先週末には、Airbnb.orgはパートナーと協働し、米国に到着した165人の難民に安全な宿泊先を用意した。

国際救済委員会(IRC: The International Rescue Committee)委員長兼CEO・デイヴィッド・ミリバンド氏のコメント

「国際救済委員会が米国でアフガニスタン人を歓迎し、再定住させるためには、利用可能な住居が緊急に必要であり不可欠です。 私たちのパートナーであるAirbnb.orgとAirbnbが、この差し迫った事態に対応するためのサポートとインフラを提供し、個人と家族が米国に到着して生活を再建し始める際に必要な安全で居心地の良い場所を提供してくれることに感謝します」

過去4年間で、Airbnb.orgとAirbnbは、米国の特別移民ビザプログラムに参加している数百人を含む約25,000人の難民に宿泊先を提供。Airbnb.orgは今年の初めに、世界中の難民と亡命希望者に対するサポートをさらに拡大するため、2,500万ドルの難民基金の創設を発表した。

世界中のAirbnbホストとゲストが立ち上がり、この大規模な取り組みを強く支援してくれることを確信しているという。数日内には、AirbnbとAirbnb.orgはホストとより広いコミュニティが、このイニシアチブをどのようにサポートできるかについての詳細を共有する予定だ。

関連情報:https://ja.airbnb.org/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。