小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

西武鉄道の高田馬場、国分寺、武蔵境の3駅にシェアオフィスサービス「STATION BOOTH」を開設

2021.08.27

JR東日本と西武鉄道は、テレワークやWEB会議といった多様な働き方をサポートするため、JR東日本が展開するシェアオフィス「STATION BOOTH」を
西武鉄道の高田馬場駅・国分寺駅・武蔵境駅の3駅に開業する。温かみあふれる木目調の外装を「STATION BOOTH」に初採用したほか、西武鉄道オリジナルデザインを採用。また、内部にはWEB会議に最適なLEDリングライトを標準装備するなど、多くの人に、快適に・便利に使ってもらえる環境を提供する。

STATION WORKについて

JR東日本のシェアオフィス STATION WORK は、「働く人の“1秒”を大切に」を事業コンセプトに多様な働き方をサポートしており、全国約240カ所にネットワークを有している。個室ブースSTATION BOOTHやホテルシェアオフィスを中心に2023年度1,000カ所体制に向けて、今後も拠点拡大を進める。

STATION WORK WEBサイト (https://www.stationwork.jp/

JR東日本と西武HDの包括連携について

JR東日本と西武HDは、新型コロナウイルス感染症をきっかけとした人々の価値観・生活様式の変容と、そこから生まれる新たなニーズに対応すべく、両社が持つ有形無形の資産を組み合わせた包括的な連携を行なっている。

これにより、今までにない新しいライフスタイルを生み出すとともに、この取組みを首都圏から地方へとつなげ、移動の活性化や関係人口の増加を図り、地方創生につなげていく。その連携施策の一つとして、時間や場所にとらわれない働き方、自分らしく働ける環境整備のため、西武グループ施設等へSTATION WORK を拡大させる。

設置場所詳細

※高田馬場駅のSTATION BOOTHはJR・西武線のりかえ改札のJR改札内にあり、JR東日本の乗車券などが必要になる。
※国分寺駅・武蔵境駅のSTATION BOOTHは西武線改札内にあり、西武鉄道の乗車券などが必要になる。

STATION BOOTH利用方法

概要

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。