小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナウイルスは紙幣や硬貨など現金を介して感染する可能性は低い、独ルール大学研究報告

2021.08.24

現金を介して新型コロナに感染する可能性は低い

紙幣や硬貨を介して新型コロナウイルスに感染する可能性は低いことが、ルール大学ボーフム(ドイツ)分子・医科ウイルス学分野のDaniel Todt氏らによる研究で明らかにされた。研究の詳細は、「iScience」8月号に掲載された。

新型コロナウイルスの主な感染経路は飛沫やエアロゾル(空気中に漂うウイルスを含んだ微粒子)だとされているが、ウイルスに汚染された物の表面を介した感染リスクも否定できない。

さまざまな人が頻繁に触るお金は、そうした媒介物の一つとして疑われてきた。

そこでTodt氏らは、まず、紙幣、硬貨、クレジットカードと同じ材質のポリ塩化ビニル(PVC)製のプレート、および対照として用いたステンレス鋼の表面を滅菌。

その後、これらを新型コロナウイルス、または無害なウシコロナウイルスを含む溶液で汚染し、ウイルスの安定性を調べた。

また、試験参加者には、ウイルスで汚染した試料表面を、表面が濡れた状態のときに、または乾燥後に、指先で触らせた。その後、指先に付着したウイルスを培養し、感染性のあるウイルス粒子の数を確認した。なお、新型コロナウイルスで汚染した試料表面への接触には人工皮膚を用いた。

その結果、感染性のある新型コロナウイルスは、ステンレス鋼の表面には7日後でも残存していたのに対して、10ユーロ紙幣からはわずか3日で完全消失したことが明らかになった。

10セント硬貨、1ユーロ硬貨、5セント硬貨では、それぞれ6日後、2日後、1時間後にウイルス消失が確認された。

5セント硬貨でのウイルス消失が早かった理由についてTodt氏は、「5セント硬貨は銅製だからだろう。銅の表面でのウイルスの安定性は低いことが知られている」と説明する。また、参加者の指先から採取したウイルスの培養実験からは、試料表面が乾いた直後に指先で触っても、感染性のあるウイルスの伝播は全く見られないことが判明した。

 こうした結果を受けてTodt氏は、「実際の条件下で、現金から新型コロナウイルスに感染する可能性は極めて低い」と結論付けている。

なお、今回の実験で用いた新型コロナウイルスは、野生株とアルファ株の2種類であったが、研究論文の上席著者である同大学のEike Steinmann氏は、「われわれは、現在主流になっているデルタ株などの他の変異株でも、同様の結果が得られると考えている」と述べる。

その理由として同氏は、変異株が感染力を保持する期間が野生株と変わらないことを挙げている。(HealthDay News 2021年8月5日)

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589004221008762

Press Release
https://news.rub.de/english/press-releases/2021-07-29-virology-no-particular-risk-infection-sar-cov-2-cash

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。