小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

気候変動に関する政府間パネルIPCCが描く地球温暖化のシナリオ

2021.08.24

人類の共通課題である地球温暖化。その影響と社会経済への影響を科学的根拠のもと提供するために、政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、『IPCC』)は存在する。

そんな『IPCC』の描く地球温暖化のシナリオについてこのほど、三井住友DSアセットマネジメントが以下のレポートにまとめた。

国際交渉に強い影響力を持つと言われる『IPCC』の報告書

『IPCC』は、1988年に国連環境計画と世界気象機関により設立された。その報告書は、科学的な分析や、社会経済への影響、気候変動を抑える対策等が盛り込まれており、国際的な対策に科学的根拠を与える文書と見られ、国際交渉に強い影響力を持つと言われている。8月9日には、『IPCC』の第6次評価報告書のうち、第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の政策決定者向けの要約が公表された。

温暖化はさらに加速、CO2の実質排出ゼロが必要

地球温暖化のスピードは、前回2018年の報告書よりも加速している。『IPCC』の報告書で示された複数のシナリオのいずれにおいても、CO2及びその他の温室効果ガスの排出を大幅に減少させない限り、世界平均気温は2021~2040年に産業革命前と比べて、少なくとも+1.5度は上昇すると予測している。これは、前回の報告書よりも10年ほど早く+1.5度の温暖化が進む予測だ。

また、化石燃料への依存が続く最悪の場合には、今世紀末には最大で+5.7度になると試算されている。今報告書では、今後自然災害を増やす温暖化を抑えるためには、CO2及びその他の温室効果ガスの排出を実質ゼロにする必要があると指摘している。

生活を守り、生きて行くためにも、脱炭素は必達の目標

世界平均気温は21世紀に入ってから上昇が加速しており、現時点で産業革命前と比べて既に約1度上昇している。今後は今まで以上の気温上昇が予測されており、熱波による死者の増加、山火事の頻発、永久凍土の融解による海面上昇に伴う水害の拡大や有害ガスの排出、さらには居住地域の水没等も考えられる。

昨今、企業での脱炭素を目指す取り組みが続々と見られているが、私達の生活を守るため、ひいては「生きて行くため」にも、脱炭素は必達の目標であると言える。11月には第26回国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP26)の開催が予定されており、国別の排出削減を達成するために、今後どのような政策や具体的な取り組みが示されるのか、その動向に注目だ。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社
http://www.smd-am.co.jp

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。