小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

それじゃ伝わらない!よくある二流のプレゼン実例集

2021.08.22

リモートワークが定着している中でも、オンラインでのプレゼンやセミナー、発表会など、人前で話す機会はある。一定数の人を前に説明をする必要があるとき、どうしているだろうか。場数をこなせば、ある程度は説明がうまくできるようになるが、イマイチ、相手に伝わっていないこともある。そんな二流の状態を脱するための一流の説明テクニックを、話し方スクールを運営するモチベーション&コミュニケーション代表取締役の桐生稔氏に、同氏の新刊である「説明の一流、二流、三流」の内容をもとに聞いた。

よくある二流のプレゼン5選の解決策

【取材協力】

桐生 稔氏
株式会社モチベーション&コミュニケーション代表取締役
2017年、社会人の伝わる話し方を向上すべく、株式会社モチベーション&コミュニケーションを設立。現在全国40都道府県で年間2000回伝わる話し方セミナー、研修を開催。具体的で分かりやすいメソッドが評判を呼び、日経新聞、プレジデント、東洋経済ONLINE、 YAHOO!ニュースに掲載される。著書「雑談の一流、二流、三流」(明日香出版)は11万部を突破。他に「10秒でズバっと伝わる話し方」(扶桑社)、「30秒で伝える全技術」(KADOKAWA)、「説明の一流、二流、三流」(明日香出版)がある。

●よくある二流のプレゼン1
「自分の得意なパターン(型)で説明する」

一流は…「相手が求めているパターンで話す」

人前で話すときの流れには、「結論型」と「展開型」の2種類があります。結論型とは、「今日、私がお伝えしたいことは○○です」と結論から入るパターンです。展開型とは、「昔あるところに」のように、「先日、こんなことがありましてね」とストーリーから入るパターンです。この2つのパターンのうち、自分が話しやすい方で話すのは二流です。一流は、相手が求めているパターンで話します。聞き手によって「結論型」「展開型」を使い分けます。結論型にも、展開型にもそれぞれメリット・デメリットがあり、一長一短です。

結論型は、結論を早く知りたい聞き手にはピッタリですが、「言いたいことはそういうことね」「それならどこかで聞いたことがある」と浅くとらえられる可能性もあります。

展開型は、徐々に核心に迫っていくため、深いレベルでメッセージが刺さる可能性がありますが、「前段はいいから早く結論を言ってよ」と聞き手をイライラさせることもあります。

結論型に適しているのは、聞き手が話の内容に興味があるケースです。展開型に適しているのは、話の内容よりも、あなたに興味があるケースです。

人前で話すということは、聞き手の大切な時間をいただいているということです。その貴重な時間を、聞き手にとって最大限、価値ある時間にする。そのために一流は、常に聞き手のことを想像し、話の流れを選択します。

●よくある二流のプレゼン2
「構成を考えてから資料を作り始める」

一流は…「起こしてほしい行動から考えてから資料を作る」

プレゼンの資料は、「構成を考えてから作り始めましょう」といわれることがあります。しかし、一流は、いきなり構成を考えることはしません。なぜなら一流は、「わかりやすい資料を作ること」を目的としてはいないからです。

プレゼンとは「提案」です。なぜ提案するのか。それは、「相手に行動を起こしてもらうため」です。お客様に何かを購入してほしい、プロジェクトを動かしたい、上司からの決裁がほしいなど、聞き手のアクションを生み出すために提案を行います。そのため、一流は、起こしてほしい行動から考えてから資料を作ります。起こしてほしい行動によって構成は変わります。まずは「誰にどんな行動を起こしてほしいか?」これを一番に設定してみてください。

●よくある二流のプレゼン3
「共通の専門用語を使う」

一流は…「聞き手のレベルに合わせた言葉を使う」

一流は、専門用語を使いません。いつも「聞き手のレベルに合わせた言葉」を使います。プレゼンというと、つい「何を話すか」ばかりに気を取られがちですが、一流は「誰に届けるのか」をまず考えます。「何を話すか」よりも100倍重要です。

例えば、あなたがインターネットプロバイダの会社に勤めているとしましょう。商品を説明する際、業界の人に説明するのか、一般宅にお邪魔して説明するのか、小学生に説明するのか、それによって使う言葉を変えるはずです。

相手のレベルに合わせて言葉を選択することが重要です。まずは「誰に届けるのか」を先に設定し、「何を話すか」を設定しましょう。

●よくある二流のプレゼン4
「抑揚をつけて説明する」

一流は…「感情を込めて説明する」

メリハリがない一本調子の話は、聞くのが辛くなってきます。だから「抑揚をつけて話しましょう」ということが言われます。しかし一流は、抑揚をつけることを意識しません。なぜならば、感情を込めて説明すると、勝手に抑揚がつくからです。

例えば、涙腺が崩壊するような感激した映画を観て、それを友人に伝えるときはどうでしょう。涙した場面、感激したシーンを熱く語るのではないでしょうか。人は、どうしても伝えたいことがあると、自然に感情がのってきて、言葉の強弱がハッキリするのです。

まずは「1.本気で伝えたいメッセージを決める」、そして「2.感情を表現することに慣れる」こと。すると自然に抑揚が出るようになってきます。

●よくある二流のプレゼン5
「相手の耳に届ける」

一流は…「相手の脳内に届ける」

「説明とは何ですか?」と聞かれたら、私はこう答えます。「自分の頭の中を、相手の頭の中にインストールすること」と。説明したいことは自分の頭の中にあります。しかし、まだ相手の頭の中にはありません。だから説明が必要になります。にもかかわらず、相手の耳だけに情報を届けようとしても、相手には伝わりません。イメージさせることが重要です。

相手の脳内に届けるのに有効なのが「実演法」です。実演しながら説明するのです。例えば「二十歳の頃、父に言われたことを今も大切にしています。『理沙、お父さんは理沙に悔いのない人生を送って欲しい。だから理沙のやりたいことをやりなさい』と」この『』の部分を自分で実演します。すると、目の前でお父さんと本人が実際に会話しているかのような映像が、相手の脳内に映し出されます。自分の頭の中を伝えたいと思ったら、ぜひこれを意識してみてください。

プレゼンをはじめとした人前での説明に苦手意識を感じている人はもちろん、「自分はできているはずだ」と思っている人も、ぜひヒントにして一流のやり方でレベルアップしよう。

【参考】

説明の一流、二流、三流」(明日香出版)

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。