小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高けりゃいいってもんじゃない!5000円で買えるコスパ抜群のヘッドホンおすすめ5選

2021.08.24

通勤/通学時やテレワークでの自宅作業中にイヤホンを使用して音楽を聴いている人は多いでしょうが、ヘッドホンを使っているという人はどのくらいいるでしょうか。

携帯性も高く気軽に着け外しができるイヤホンと比べ、サイズが大きいヘッドホンは使ったことがないという人もいるでしょう。価格を見ても、イヤホンよりも高価なイメージがある人もいるはずです。

しかし、ヘッドホン製品の中には比較的安価に購入できる製品もあります。そこで今回は、初心者でも手を出しやすい5000円以内で購入できるヘッドホンを厳選して紹介していきます。

5000円以内のヘッドホンを選ぶ時は有線/無線(ワイヤレス)の確認を!

ヘッドホンを購入する際に、まず確認するポイントは有線/無線接続の違いでしょう。イヤホンと同様に、ヘッドホンには再生デバイスとコードで接続する有線タイプと、Bluetoothで接続する無線タイプがあります。

有線タイプは、無線タイプと比較すると音の遅延が少なく価格も抑えめの製品が多いです。逆に無線タイプはコードがないため、携帯性や使い勝手に秀でているといえるでしょう。

どちらのタイプにも良し悪しがあるので、一概にどっちがおすすめとはいい難いのですが、接続したいデバイス(スマートフォンなど)にイヤホンジャックが搭載されているか、などの確認はあらかじめしておきましょう。

5000円以内で購入可能なおすすめヘッドホン【Pioneer SE-MJ561BT】

5000円以内で購入可能なヘッドホンとして最初に紹介するのは、Pioneerの「SE-MJ561BT」という製品。オープン価格ですが、執筆時点(2021年8月中旬)ではAmazonでの販売価格がちょうど5000円になっています。

本製品は無線タイプのヘッドホンで、本体にアルミ素材を使用したスタイリッシュなデザイン性が魅力。ヘッドバンド部分/イヤーパッド部分にはレザー素材を用い、クッション材にはポリウレタンを使用することで肌触りが良いのもポイントです。

内部には40mmの大口径ドライバーを搭載しており、低音域から高音域までバランスよく響かせることができる製品です。バッテリーの持続時間は最大15時間で、通勤/通学や自宅作業で使用しても日中に電池切れを起こす心配が少ないのも嬉しいです。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

【参照】Pioneer SE-MJ561BT

5000円以内で購入可能なおすすめヘッドホン【ソニー WH-CH510】

ソニーのWH-CH510は、公式のソニーストアでの販売価格は5390円と予算を少しはみ出してしまいますが、AmazonといったECサイトでは4000円台で購入可能なBluetoothヘッドホンです。

本製品の特徴はバッテリー性能と軽量ボディにあります。バッテリーは最大35時間の再生が可能となっており、単純に計算すると1日5時間の使用であれば1週間は充電が不要。また、10分の充電で約90分の再生が可能となる急速充電にも対応しています。

本体の質量は約132gとかなり軽量。持ち運びが快適になるのはもちろん、軽量なヘッドホンは長時間着用していても頭や首に疲れが出にくいという特徴もあるので、自宅作業中にがっつり使用したいといった人にもおすすめです。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

【参照】ソニー WH-CH510

5000円以内で購入可能なおすすめのヘッドホン【JBL Quantum 100】

JBL Quantum 100は、ゲームプレイに特化した有線ヘッドホン。公式HPでの販売価格は4268円となっています。有線ヘッドホンなので、イヤホンジャックのあるスマートフォンのほか、PCなどとも簡単に接続することができます。

ゲームプレイに特化したヘッドホンというと縁遠いと感じる人もいるかもしれません。本製品には着脱式のマイクがついており、主にオンラインゲームのボイスチャットで活躍するのですが、これがオンライン会議といったシーンでも有用になります。

また、ゲーミングヘッドホンは一般的な製品と比べて臨場感や立体的な音声の再生に長けている製品が多いのも特徴。そのため仕事終わりにPCで映画やドラマを見る、といった使い方をしたいという人にもおすすめです。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

【参照】JBL Quantum 100

5000円以内で購入可能なおすすめのヘッドホン【audio-technica ATH-AR1】

続いて紹介するのは、audio-technicaの有線ヘッドホンであるATH-AR1です。オープン価格の製品ではありますが、公式HPのオンラインストアでは4378円で販売されています。

本製品は耳を完全に覆うタイプではなく、耳にかぶせて使用するオンイヤータイプのヘッドホン。遮音性は若干失われますが、耳のストレスが少なく開放的なリスニング環境を作ることができるでしょう。

中高音域の明瞭さはもちろんのこと、新設計の40mmのドライバーを内蔵することでパワフルな低音域の再生を可能としています。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

【参照】audio-technica ATH-AR1

5000円以内で購入可能なおすすめのヘッドホン【パナソニック RP-HX350】

最後に紹介するのは、パナソニックのRP-HX350というヘッドホン。こちらもオープン価格の製品ですが、執筆時点でのAmazonでの販売価格は2282円とかなり安価に購入可能な有線ヘッドホンとなっています。

イヤーパッドは耳を完全に覆うオーバル型を採用し、密閉性を高めることで音漏れが少なく、低音の迫力も向上させています。

耳に当てる部分は90度回転させて折りたたむことができるので、持ち運びも比較的快適。5色と豊富なカラーバリエーションを用意しているので、ファッションコーディネートのワンポイントアイテムとしても使用できるでしょう。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

【参照】パナソニック RP-HX350

※データは2021年8月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。