小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

レトロなブレスウォッチに最新のメカを搭載したティソの「PRX Automatic」

2021.08.19

ティソ「PRX Automatic」
1978年に発表されたオリジナルモデルを踏襲し、ケースとブレスレットが一体型となったスポーティなスタイル。ベゼルにゴールドを配したコンビデザインが70年スタイルを漂わす。

 ここ数年の腕時計のビッグトレンドに、ケースとブレスレットが一体となったいわゆるラグジュアリースポーツウォッチがある。この“ラグスポ”ウォッチは工作精度の向上とクラシック時計とスポーツ時計のボーダレス化の時代にうまくフィットしたのがヒットの理由だ。さらにこれまでドレスウォッチ一辺倒だったブランドまでもラグスポウォッチに参入し、ブームに拍車をかけている。

 スイスの老舗ブランドのティソも今年2月にケース&ブレスレット一体型ウォッチの「ティソ PRX クォーツ」を発表した。9月には機械式ムーブメントを搭載した「ティソ PRX オートマティック」をローンチする。間髪入れずに続けてリリースするところに、ラグスポウォッチの勢いとPRXの期待の高さを感じさせる。今回は9月ローンチのオートマティックモデルにフォーカスしながら、PRXを見ていこう。

 まずはPRXのおさらいから。1978年にリリースされたアーカイブが元となったPRXは、“Precise(高精度)” 、“ Robust(堅牢)”の頭文字に10気圧防水を示す“X”の組み合わせがモデル名の由来となっている。その外装には高品質な316Lステンレススティールをケース素材に採用し、縦に繊細な筋目を入れたサテン仕上げ、ベゼルとエッジはポリッシュ仕上げを施した。このコントラストは、ラグスポウォッチの系譜を見事に踏襲するもので、上質感も申し分ない。ケースからブレスレットにかけての直線的なフォルムは、滑らかなコマの連結で着け心地も良好だ。オートマティックモデルのダイヤルはクォーツモデルのサンレイ仕上げと差別化してエンボス加工が施されており、スリムなケースフォルムの中で立体感を持たせる効果を出している。

オリジナルモデルが発表されたのは人類の月面着陸の偉業やクォーツ時計の登場した時期と重なり、フューチャリスティックで独特なウォッチデザインが多く見られた時代だった。サイケデリックな色合いだったり、大型の異形ケースデザインであったり、クォーツのムーブメントのデジタル時計であることがその時代を象徴するデザインファクターであった。新しいPRXにはスリムケースにベーシックなダイヤルカラーで70年代デザインとしては控えめであるが、角ばった直線的なケースフォルムやベゼルにゴールドを配したバイカラーのデザインは、レトロでクールな残り香を漂わせている。

  1978年に発表されたオリジナルモデルはクォーツ仕様だけだったが、今回のアップデートではシリーズで初めて自動巻きムーブメントを搭載の「ティソ PRX オートマティック」が登場する。この自動巻きムーブメントこそ、ティソの隠し球だ。キャリバーは「パワーマティック 80」という、駆動時間が最長80時間もキープするティソ専用機を搭載する。金曜日の夜に時計を外しても月曜日にはまだ動いているので、時刻合わせをする必要もなく、極めて現代のライフスタイルに適したロングパワーリザーブのムーブメントだ。それを「ティソ PRX オートマティック」に搭載するにあたり、ティソは時計の心臓部であるひげゼンマイの素材に「ニヴァクロン™(NIVACHRON™)」を採用。このニヴァクロンとは、チタンとニオブを原料とした非鉄素の合金で、同じひげゼンマイの素材として同じく耐磁性を持つシリコンより、耐久性がある分、優れている。この「パワーマティック 80」×「ニヴァクロン」ひげゼンマイのムーブメントを搭載したのは、ティソ シスター 2000 プロフェッショナルに次ぐ2モデル目で、期待の高さがうかがえる。

 これだけのスペックを備えながら、8万円台というのも戦力的だ。他ブランドのラグスポウォッチの高騰が続く中、価格以上に価値を感じられるティソのPRXはブームに一石を投じてくれそうだ。

ラグスポウォッチの特徴は、防水性能を備えているのにケースが薄いということ。PRXも自動巻きムーブメントを搭載しながら、ケース厚は10.93mmに抑えて10気圧(100m)防水を実現している。

シースルーバックからは最長80時間パワーリザーブを誇るティソ専用キャリバーの「パワーマティック 80」が見られる。時計の精度を司るひげゼンマイには優れた耐磁性を備えるニヴァクロン™へと置き換えた高精度モデルとなっている。

ダイヤルはエンボス加工を施し、アプライドのバーインデックスやデイトウインドウを備える。スリムなケースに立体的なダイヤルデザインを組み合わせることで上質感を追求した。6時位置には搭載される「POWERMATIC 80」の文字が。ブラック、ブルー、シルバーホワイトの3色のダイヤルカラーを展開。

SPEC

「ティソ PRX オートマティック」
ムーブメント:自動巻き
ケース:316Lステンレススティールケース
ケースサイズ:40×39.5mm
防水:10気圧(100m)防水
価格:¥85,800(シルバーグレーダイヤル×ローズゴールドPVDベゼル)
   ¥82,500(ブルーダイヤルまたはブラックダイヤル)

お問い合わせ先 ティソ TEL.03-6427-0366 www.tissotwatches.com

TEXT:Katsumi Takahashi

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。