小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

無駄のない美しさを感じさせる、線だけで構成されたインテリア雑貨4選

2021.08.20

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

モノのデザインを考えた場合、無駄のない印象を与えるための方法には幾つかある。例えば使用する色を制限する、使用する素材の種類を制限する、使用する形(四角や丸など)を制限する等だ。それに加えて“次元を制限する”というのも加えられるかもしれない。モノと存在する以上、実際には3次元のものを2次元にすることはできないのだが、“線だけを使用する”ことによってそれに近い印象を与えるモノたちが世の中には存在する。今回紹介しているのはそうしたモノたちである。

自在に形を変えるハンガーラック『Dora Clothes Stand』

『Dora Clothes Stand』は折り畳むことも可能な自立式のハンガーラックである。デンマークのデザインナーによるアイテムであるが、日本の美学から着想を得たとされるそのデザインには引き算の美学を感じずにはいられない。線だけで構成され視界を塞ぐ面積が小さいため、未使用時はもちろんのこと、衣服を掛けた後においてもなお、存在感は抑えられ部屋の景観を損なわないミニマルなデザインとなっている。3つ折り式になっている本体はコの字型、L字型、Z字型など形を変えて使用することが可能で、クローゼット代わりに衣服を掛ける他、洗濯物干しとして使用することもできるし、本を挟み込んでマガジンラックとして使用するのも面白いかもしれない。

価格は税込み38,500円で「Generate Design」から購入することが可能だ。

時の流れの中で機能以外が朽ち果てたような壁掛け時計『Daro』

スペインのブランド「nomon」による壁掛け時計『Daro』のデザインはとにかく幾何学的で美しい。この時計を構成しているのは円形のフレームと二本の針、ほぼそれだけである。それ以外を削ぎ落すことによって時計としての機能は果たしつつ、限りなく無駄のない洗練されたデザインとなっている。ウォールナット素材の壁掛け用のパーツからは上下に真鍮製のパーツが延びており、上に延びたパーツは円形のフレームに、下に延びたフレームは時計本体に繋がっていることから、横から見た時にフレームと時計本体は同一直線状にはない、つまり奥行きのあるデザインになっていることがわかる。時計でありながら美術作品かのような美しい時計だ。

価格は税込み101,200円で「Generate Design」から購入することが可能だ。

枯れ落ちた枝がモデルとなったモビール『in the sky』

『in the sky』は日本のデザイナー・二俣公一氏によるモビールである。このモビールが作られたきっかけに“"枯れ落ちた枝が下の枝にひっかかり、ゆらゆらと揺れている。そんな偶然が作り出す状況の危うさと均衡の中に、新たな美しさを感じた"エピソードがあったと知り、その後でさらにデザイナーが日本人であることを知った時、妙に納得してしまった。日常の中に潜む美に気づく感性は日本人が得意とする誇りにしてよい特性だと思うからだ。さてこちらのモビール、細い金属の棒だけを組み合わせたシンプルな姿をしているが、だからこそ揺れる中で線が重なったり離れたりしながら自在に異なる姿になるのをみることができる。引っ掛かった枝を通して空を眺めるときのような、そんな落ち着いた気持ちにさせてくれるアイテムだ。

カラー/素材には3タイプあり、ゴールドのものには真鍮が、シルバーのものにはステンレススチールが、ブロンズのものには銅が使われている。サイズは2タイプでSサイズの価格は13,200円、Lサイズの価格は16,500円なっている。「Generate Design」から購入することが可能だ。

らくがき調なデザインが可愛く愛おしいコーヒーフィルターホルダー『コーヒーフィルター・ホルダー(街/トリ)』

福岡県うきは市吉井町にある古道具屋「四月の魚」。そこのオーナーである関昌生氏が自分の店に飾ることを目的に作り始めたのが針金による作品だったという。特定のイメージを持たずに作りながら色々と試すやり方で生まれた作品たちはどれも遊び心を感じる伸び伸びとしたデザインの印象を受ける。この『コーヒーフィルター・ホルダー(街/トリ)』にも同じことは言えて、街のタイプ、トリのタイプのいずれも子どもが自由に書いたラクガキのようなデザインがとても愛らしい。壁に留めて使用するタイプのコーヒーフィルターホルダーであるが、お店のように頻繁にフィルターを使用するような人はサッと取り出せる位置に設置できるこのようなホルダーは重宝するに違いない。そんな時にただ無味乾燥なデザインであるよりは、こうしたちょっとひとつ加わったデザインである方が楽しいに違いない。

価格は街のタイプが税込み1,980円、トリのタイプが税込み1,650円。「季の雲(ときのくも)」のオンラインショップから購入することができる。

なお、関昌生氏のコーヒーフィルターホルダーには他に「イヌ」「ネコ」「クネクネ」といったラインナップがあり、また同氏のコーヒーフィルターホルダー以外の作品としてはカードホルダー、タオルハンガー、栞/茶通し台などもあるので、興味を持った人は上記のオンラインショップで確認してみるとよいだろう。

text/Wataru KOUCHI

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。