小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高配当の米国株か?成長著しい中国株か?外国株投資で稼ぐコツ

2021.08.19

@DIMEから外国株投資で稼ぐヒントを紹介します。

年4回も配当を受け取れる銘柄も!高配当を狙える米国株の銘柄と注意点

好調が続く米国株で、高配当の銘柄を紹介する。米国市場では、FRBの金融緩和による低金利と物価上昇による実質マイナス金利を背景に株式市場は上昇傾向であり、2021年7月26日のNYダウは史上最高値の35,150.37ドルを付けた。なぜ、実質マイナス金利であると株が上昇するのかというと、まず低金利でお金が借りやすくお金が出回りやすく、さらに資金をそのまま置いておくと目減りしていくため資金は株式市場に向かうことになるからだ。

【参考】https://dime.jp/genre/1187457/

どこまで伸びる?成長著しい中国株の買い方と注意点

IMF(国際通貨基金)やブルームバーグ(米金融情報配信会社)などの予想では、2030年頃には100年以上名目GDP1位の米国を抜き、中国が世界最大の経済大国になるとされている。そんな急成長を遂げる中国で有望な株を紹介したい。

【参考】https://dime.jp/genre/1180063/

利上げの前倒し、金融緩和の行方、人気の米国株は今、買うべきか?

最近の米国市場は好調だが、これまで続いていた金融緩和のよる大幅上昇は見込めないかもしれない。現在の米国市場の状況とおすすめの米国株銘柄を紹介する。2020年から2021年前半にかけて米高株式市場は右肩上がりの好調だ。新型コロナウィルス感染症拡大で2020年3月に急落後、大きく株価が上がっているのは、感染拡大の影響による景気悪化、物価下落、失業増加を防ぐために、アメリカの中央銀行であるFRBは以下のような政策を行ってきたからだ。

【参考】https://dime.jp/genre/1166361/

構成/DIME編集部

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。