小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

社外のパートナーとの共同プロジェクトを成功させるヒント

2021.08.17

プロジェクトは社内で完結させられるものばかりではない。時として外部パートナーとの連携によって成し得るものもあるだろう。

そんな「外部パートナーとの共同プロジェクト」に関する実態調査がこのほど、新ビジネスマッチングサービス「Ready Crew(レディくる)」を運営するフロンティアにより、30〜50歳の会社員108名を対象にして実施された。

80.6%が外部パートナーとの連携で目標を達成

「Q1.直近であなたと外部パートナーが連携したプロジェクトは、どの程度目標達成に至りましたか。」(n=108)と質問したところ、「想定より達成できた」が20.4%、「想定通り達成できた」が60.2%という結果となった。

成功要因は「パートナー企業の経験・実績」や「関係性の良さ」にあり

Q1で「想定より達成できた」「想定通り達成できた」と回答した方に対し「Q2.どのような要因で達成できたと感じていますか。(複数回答)」(n=87)と質問したところ、「パートナー企業の経験・実績があった」が49.4%、「パートナー企業担当者との関係性が長かった」が42.5%、「パートナー企業担当者との関係性・相性が良かった」が39.1%という結果となった。

達成の理由「密なコミュニケーション」や「強みの熟知」などの声も

Q1で「想定より達成できた」「想定通り達成できた」と回答した方に対し「Q3.Q2で回答した他に、達成できた要因があれば教えてください。(自由回答) 」(n=87)と質問したところ、「密なコミュニケーションでトラブルを事前に回避できた」、「互いがどこに強みがあるのを熟知していたので、プロジェクトをやり易かった」など、59件の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・49歳:コミュニケーションが十分に取れた。
・45歳:スケジュール管理がうまく出来た。
・47歳:クライアントへの期待値コントロールが適切だった。
・43歳:密なコミュニケーションでトラブルを事前に回避できた。
・50歳:互いがどこに強みがあるのを熟知していたので、プロジェクトをやり易かった。
・45歳:チーム間の連絡を密にしたこと。
・48歳:プロジェクト参加者の知見が高かった。
・34歳:周りのサポートがあった。
・49歳:細かいオーダーに対応してくれた。

一方で、パートナー企業の課題は「意思疎通がうまくいかない」「力量不足」など

「Q4.あなたが今まで経験した外部パートナーと連携したプロジェクトにおいて、パートナー企業に対して課題に感じたことがあれば教えてください。(複数回答)」(n=108)と質問したところ、「担当者との意思疎通がうまくいかなかった」が46.3%、「パートナー企業のビジネス面での力量不足」が42.6%、「担当者へ遠慮を感じることが多かった」が35.2%という結果となった。

外部パートナーを選ぶ基準は「実績や経験」、「費用・コスト」の要件に加え、「担当者」に関する条件も

「Q5.外部パートナーを選ぶ基準となっているものについて、教えてください。(複数回答)」(n=108)と質問したところ、「実績や経験がある」が68.5%、「費用・コスト」が62.0%、「仕事の進め方やスピード感がマッチしている」が56.5%という結果となった。

人と人の相性まで見てくれる外部パートナー選定コンシェルジュ、約8割が「利用したい」と回答

「Q6.外部パートナーを選ぶ際に、自社の課題に加え、パートナー担当者との相性まで見て提案してくれるコンシェルジュがいたら、利用したいと思いますか。」(n=108)と質問したところ、「非常に思う」が28.7%、「やや思う」が50.0%という結果となった。

コンシェルジュに求めたいのは「相談案件を把握する力」「自社やパートナー企業について知っている」こと

Q6で「非常に思う」「やや思う」と回答した方に対し「Q7.担当者との相性までマッチングするコンシェルジュに、求めたい働きがあれば教えてください。(自由回答) 」(n=85)と質問したところ、「お互いをきちんと理解してくれる能力の高い人に担当してほしい」、「自社やパートナー企業についてよく知ってくれていること」など、52件の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・50歳:お互いをきちんと理解してくれる能力の高い人に担当してほしい。
・47歳:相談案件を把握する力。
・43歳:自社やパートナー企業についてよく知ってくれていること。
・49歳:協力会社の方に対応する際、アドバイスをもらえる。ただし、事前打ち合わせする余裕はないので、仕事の内容を把握して適宜アドバイスをしてくれる。あとは、言葉使いなどについても、相手に受け入れてもらえるようなテクニックなどもあるとうれしい。
・50歳:パートナースキルの正確な査定。
・50歳:詳細内容について、アドバイスをして貰いたい。

<調査概要>
調査概要:外部パートナーとの共同プロジェクトについての調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年6月28日〜同年6月29日
有効回答:外部パートナーとの共同プロジェクトを経験したことがある30〜50歳の会社員108名

出典元:フロンティア株式会社
https://frontier-gr.jp/


構成/こじへい

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。