小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

音声操作でドアを開閉!音楽もかけられる次世代型公共トイレが東京・渋谷に登場

2021.08.15

『THE TOKYO TOILET』プロジェクト

TBWA\HAKUHODOのチーフクリエイティブオフィサーである佐藤カズー氏は、日本財団主催の、 誰もが快適に利用できる公共トイレを渋谷区内17か所に設置する『THE TOKYO TOILET』プロジェクトに参画。七号通り公園(幡ヶ谷2-53-5)に設置され、8月12日より一般利用が開始される。

TBWA\HAKUHODO(TBWA 博報堂)は、2006 年に博報堂、TBWA ワールドワイドのジョイントベンチャーとして設立された総合広告会社。博報堂のフィロソフィーである「生活者発想」「パートナー主義」と TBWA がグローバル市場で駆使してきた「DISRUPTION」メソッドを中心とした独自のノウハウを融合。

質の高いソリューションを創造し、クライアントのビジネスの成長に貢献する。「DISRUPTION」は既成概念に縛られず、常識を壊し、新しいヴィジョンを見いだす TBWA\HAKUHODO の哲学。マーケティングに限らず、ビジネスにおけるすべての局面でディスラプションという新しい視点を武器に事業やブランドを進化させるアイデアを生み出す。

そんな、佐藤カズー氏と TBWA\HAKUHODO Disruption Lab チームがデザインした公共トイレは、全ての動作を声で指示する「ボイス・コマンド(Voice Command)」がコンセプト。

従来から、公共トイレは「汚い」と思われがちだが、さらに新型コロナウイルスが登場してからは、接触による感染を懸念する声も上がっている。

音声認識技術を採用したこのトイレでは、ドアの開閉から便器の操作だけでなく、音楽をかけたりすることもでき、クリーンかつ楽しい時間を楽しめる場所として企画された。

最大 4m の天井高の真っ白な球形の建物は、空気の流れを制御し、においが滞留しないための形でもあり、自然給気と機械排気を組み合わせた 24 時間換気システムが導入されている。オープンする佐藤カズー氏デザインの七号通り公園トイレは 12 カ所目の設置となる。

【TBWA\HAKUHODO チーフクリエイティブオフィサー・佐藤カズー氏 コメント】

Hi Toilet - 手をつかわないトイレ

60%がトイレのレバーを足で踏んで流し、50%がトイレットペーパーでドアを開き、40%がお尻でドアを閉め、30%が可能な限り肘を使い手の接触を避ける。

欧米のとあるトイレに関しての調査結果を見て目が点になりました。このインサイトをデザインに生かそう。スタート地点はそこでした。

そこから 3 年がかりでリサーチ&プランニングを行い、最終的に我々がたどり着いたのは、トイレにおける全ての行動を音声で行うボイスコマンド式のトイレ「Hi Toilet」でした。

コロナのずっと前から取り組んでいたアイデアですが、非接触トイレという点で今までにない UX になると思います。日本の公共トイレの凄みが世界に伝わることでしょう。

【プロジェクトメンバー】

佐藤 カズー(TBWA\HAKUHODO)
伊藤 裕平(TBWA\HAKUHODO Disruption Lab)
梅田 哲也(TBWA\HAKUHODO Disruption Lab)
門田 慎太郎(Quantum)
構造デザイン協力: 久保都島建築設計事務所
ボイスコマンド協力: Birdman

【『THE TOKYO TOILET』プロジェクトとは】(日本財団の公式サイトより引用)

トイレは日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴。しかし、多くの公共トイレが暗い、汚い、臭い、怖いといった理由で利用者が限られている状態にある。日本財団は、性別、年齢、障害を問わず、誰もが快適に利用できる公共トイレを 2021 年度中に渋谷区内 17 カ所に設置。

本プロジェクトは、昨年の発表以来、国内問わず大きな話題を呼んだ。本年の取り組みでは、建築家の隈研吾氏、伊東豊雄氏、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏などが参画し、優れたデザイン・クリエイティブの力で、インクルーシブな社会のあり方を広く提案・発信。

加えて、訪れた人々に気持ちよく利用してもらうよう、従来に比べ清掃をはじめとしたトイレの維持管理を強化。これにより、利用者自身が次に使う人のためを思う「おもてなし」の心の醸成も目指す。

プロジェクト特設サイト:https://tokyotoilet.jp/

構成/DIME編集部

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。