小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

話題のNetflix発ドキュメンタリー番組「暴君になる方法」に学ぶ、独裁者になる方法

2021.08.14

独裁者になるためには特別な才能など必要ない。

この方法を実践すれば、あなたも独裁者になることができる。

2021年7月9日よりNetflixで独占配信が開始したNetflixオリジナルシリーズ『暴君になる方法』は、『独裁者のためのハンドブック (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ) 』を原作とするドキュメンタリー。

『ゲーム・オブ・スローンズ』の俳優ピーター・ディンクレイジがナレーションと製作を手掛ける。

各エピソードが約30分なので、スキマ時間に教養を深めたい方に最適。

あらすじ

暴君になるための効果的な戦略を、専門家へのインタビューやアニメーションを挟みながら解説する。

アドルフ・ヒトラーからは『権力の掌握』、サダム・フセインからは『敵の排除』、イディ・アミンからは『恐怖による統治』、ヨシフ・スターリンからは『真実の隠蔽』、ムアンマル・カッザーフィーからは『新たな社会の構築』、金一族からは『永遠の支配』を学ぶ。

見どころ

暴君に憧れて目指している人向けにハウツーを丁寧に解説していくという内容だが、もちろん本気で暴君になることを勧めているわけではなく、皮肉を込めての演出だ。

「現代人は過去の過ちから学んで賢くなった」と考えるのは、少し楽観的かもしれない。

いつの時代でもどこの国でも、民衆は心の奥底では独裁者の出現を待ち望んでいるのだと本作は指摘する。

本作に出演する政治学や心理学の専門家によると、暴君の共通点は“自己愛が異常に強いナルシスト”であること、そして“周囲から崇拝されている”こと。

強いカリスマ性を持ち、頼もしさをアピールし、民衆を色々な意味で惹き付ける魅力が必須なのだ。

人間は、強い不安や孤独感を抱えていたり、自分に自信が持てなかったりすると、必要以上に他者を理想化して依存する傾向がある。

圧倒的に強くて絶対的な存在である何かを心の拠り所にすることで、不安から逃れたい。

そんな人間の習性が、モンスターのような暴君を産み出すのだろう。

人間を支配するためには、孤立させ、あらゆる力を奪い、恐怖を味わせ、神話や伝説をでっち上げて感動させ、共通の敵を作って怒りの矛先をそちらに向けさせ、自分のみに依存させること。

それほど難しくなく、誰にでもできることだ。

ぬるま湯に安心しきって少しずつ温度を上げられても異変に気づかない“茹でガエル”にならないためには、平時から一人ひとりが本作のメソッドを常に意識することが大切だ。

そうすれば、暴君が現れることを防げるかもしれない。

Netflixオリジナルシリーズ『暴君になる方法』
独占配信中

文/吉野潤子

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。