小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

好きな場所を渡り歩いて暮らす!定額で全国住み放題になるサブスクサービスの活用法

2021.08.14

@DIMEから住まいのサブスクサービスに関する記事を厳選して紹介します。

住まいのサブスク

コロナ禍でどう変わった?定額制の全国住み放題多拠点居住サービス「ADDress」の利用実態

定額制の全国住み放題多拠点居住サービス「ADDress」は多拠点生活者のアンケートやインタビューを分析した『ADDress多拠点生活利用実態レポート2021年版』を一般公開した。

【参考】https://dime.jp/genre/1156920/

月額4万円から全国住み放題!サブスクリプション型コリビングサービス「ADDress」の気になる中身

多拠点を移り住むことを前提とした新しいライフスタイル=「コリビング(co-living)」が、日本でも注目されている。 海外の一部の国ではよく知られているコリビングは、ノマドワーカーの増加や地域の人々との交流ニーズなど、いくつかの要因が需要の引き金となっている。例えば、米国では、約500万人がノマドワーカーとして働いている。ホステルやカフェを転々としながら仕事をする、非効率さを嫌う彼らの受け皿として、より落ち着ける環境で、ほどよく仲間・地域と交流ができる場が続々と増えている。中には、シェアハウスとコワーキングスペースが合体したようなところもあれば、食事付きというところもあり、形態は様々だ。

【参考】https://dime.jp/genre/704811/

敷金、礼金、ネット、光熱費もコミコミの「住み放題サブスク」は賃貸より得なのか?

ADDress

敷金・礼金なしは当たり前。住まいのサブスクの多くは月額に家賃、家具や家電、公共料金などをインクルード。各地に点在するすべての提携拠点を利用できる。  都市部への人口集中などによる空き家率の上昇。多拠点で生活するデュアルワーカーなどの急増。そして、スマホひとつで引っ越しの手続きができるようになったこと。こうした背景から、住み放題サブスクは大きな支持を集める。

【参考】https://dime.jp/genre/922616/

第2、第3の故郷を作りたい人におすすめ!日本全国を渡り歩いて地域の暮らし体験ができるサブスク「wataridor」

地方の古民家や別荘などを渡り歩いて生活できる、一風変わったサブスクリプションサービスが今年7月22日からスタートした。何でも、1ヶ月単位で“地域の暮らし体験”ができるという。その名も「wataridori」。開発経緯やねらいを、全国渡り鳥生活倶楽部株式会社の代表、牧野知弘さんに聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/972385/

構成/DIME編集部

DIME8月号の大特集は「理想のワーケーション」コワーキングスペースからサブスクホテル、2拠点生活、移住など、最新の〝働く場所改革〟を提案します!

雑誌「DIME」8月号では「理想のワーケーション」と題し、コワーキングスペースからサブスクホテル、2拠点生活、移住など、最新の〝働く場所改革〟を大特集。実践するビジネスパーソンに密着し、それぞれの魅力やメリット、デメリットを徹底紹介。また、特別付録に、スマホの動画を3倍に拡大表示して視聴できる「スマホシアタースタンド」がもれなく付いてきます。お早めにお買い求めください!
【コチラで購入できます】

Amazon    www.amazon.co.jp/dp/B095M54F7C

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。