小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

プロモデラー・オオゴシトモエさんが愛読する芸術大学に通う生徒たちの心を知る傑作マンガ

2021.09.29

『ブルーピリオド』

【プロモデラー】×【美術系学園マンガ】芸術大学に通う生徒たちのココロを知る一助となる教科書

プロモデラーの心をとらえたのは、東京藝術大学を目指す男子高校生の気持ちの変化を描いた作品だった。

 仕事柄、ガンダム関係ばかり観たり読んだりしていると思われがちですが、そんなことはないんですよ(笑)。今の私のイチオシは、『ブルーピリオド』。これは絵を全く描いたことがなくて、勉強ができる不良の男子高校生が東京藝術大学を目指す話です。

 実は私、大阪芸術大学キャラクター造形学科の講師をしているんですが、就任した時に学科長である海洋堂の宮脇修一専務に薦められたんです。

 読んでいくと、芸大を目指す今の10代の考え方や生徒との接し方の参考にもなります。それに絵の描き方の解説もあるので、プラモデル作りにもすごく役立ちます。

 印象的だったのが、「あなたが青く見えるなら、りんごもうさぎの体も青くていいんだよ」という台詞です。絵や色の表現に自信がない主人公が、よく行く渋谷の明け方の風景を説明しようとした時、うまく表現できないでいると、先輩に言われた言葉です。

 プラモデルを作っていると「ここはこの色で塗らないと」という、固定概念にとらわれがちですが、芸術はもっと自由で良いんだということに気づかされました。

オオゴシトモエさん

プロモデラー  オオゴシトモエさん
小学校時代から『機動戦士ガンダム』のプラモデル作りに熱中。高校卒業後、声優ユニットに入るがプロモデラーに。

オオゴシさんイチオシの作品!

『ブルーピリオド』

『ブルーピリオド』

(山口つばさ、既刊10巻、講談社)

成績優秀だが悪友たちと夜ごと遊び歩く高校2年生矢口八虎。はたから見ると充実しているようだが、どこか空虚な焦燥感に駆られた。そんな時美術室で出会った1枚の絵に心を奪われ、東京藝術大学を目指すようになる。

『ブルーピリオド』©山口つばさ/講談社

イチオシ作品をこんな人に薦めたい!『学生とコミュニケーションをとりたい人』

今の10代の子たちは、自分の思っていることを表現するのが、あまりうまくありません。そんな人たちと接するための参考になる作品だと思います。

取材・文/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。