小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「楽しい音楽を作るには、悲しい現実を知る必要がある」音楽クリエイター・ヒャダインさんが語るマンガ愛とアニメ愛

2021.09.22

『「子供を殺してください」という親たち』

【音楽クリエイター】×【ドキュメンタリーマンガ】「楽しい音楽」を作るには「悲しい現実」を知る必要がある

人の心を明るくさせるには、人の心の闇も知るべき──ヒャダインさんは音楽作りに、マンガから得た〝リアル〟を組み込んでいる。

 マンガは割と何でも読みますね。Twitterの広告で流れてくるようなレディースコミックはすぐ買っちゃいます。お気に入りは『ゴミ屋敷とトイプードルと私』。人の嫌な部分をリアリティーを持たせつつ、おもしろく見せている作品だなと。

 結構、ノンフィクション系の作品を多く読みます。ずっと推しているのが『「子供を殺してください」という親たち』。ノンフィクションを原作にマンガとしてアレンジした作品なのですが、社会問題をテーマにしているのでとても迫るものがあります。『ケーキの切れない非行少年たち』(新潮新書)も同じマンガ家がコミカライズしていて、原作の新書も読みました。

 僕って明るい音楽ばかり作っているので、暗めの作品を多く読むのが意外に思われるかもしれないですね。もともとギャグ系も好きですよ。初めて買ったマンガは『ついでにとんちんかん』ですし、一番好きなギャグマンガは『行け!稲中卓球部』です。田中というキャラクターが「送れー!」と叫んでダンボールに詰められて出荷されるシーンは、当時は爆笑したけど、大人になった今読み返すと、現代社会や学校からの逃避したい心情を描いていたのかもと思いますね。稲中を通ってない30代より下の人にも読んでほしいですし、いろいろ細かく悩みがある人にオススメです。

 音楽クリエイターとしてのキャリアを積む中で、ある時、人を楽しませるには、人の闇の部分というか、心の奥底で感じている部分を理解する必要があると感じたんです。殺人事件とか引きこもり問題とか、なぜ起こすのか自分の中でよくわかっていない。それを知るためのきっかけとして、ノンフィクション系の作品を読むようになりました。そういう意味では、マンガはインプットのひとつとも言えますね。考えを整理するのにとても役に立ちます。

 一方で、作曲や作詞などのアウトプットはあえてファジーにして、感覚的に作っています。インプットの質がより高くなると、自然とアウトプットもよいものになると思っています。

 音楽作りに直接影響を受けた作品もあります。特に『うしおととら』では序盤に登場した妖怪が物語終盤で再集結して助けてくれる展開があるのですが、『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ―C』のイントロのメロディーを曲の最後でリプライズさせる手法はこの展開から影響を受けています。

 余談かもしれませんが、マンガや小説はよく読む一方で、アニメは自分が関わった作品以外あまり観れないことが多いんですよね。劇伴や主題歌のほうが気になって、内容に頭が入らなくて……職業病のようなものですね(笑)。

ヒャダインさん

音楽クリエイター  ヒャダインさん
3歳でピアノを始め、京都大学卒業後、本格的な作家活動を開始。多方面に楽曲提供を行ないタレントとしても活動中。

ヒャダインさんのイチオシはこの作品!

『「子供を殺してください」という親たち』

『「子供を殺してください」という親たち』

(原作・押川剛、作画・鈴木マサカズ、新潮社刊)

日本初の〝説得〟による「精神障害者移送サービス」を設立した原作者・押川剛氏が実際に接してきた、統合失調症や薬物・アルコール依存症など、精神疾患が疑われながらも適切に治療されずに苦しむ子供や家族から浮かぶ現代社会の闇を描いたノンフィクションをコミカライズ。

『「子供を殺してください」という親たち』©押川剛・鈴木マサカズ/新潮社

イチオシ作品をこんな人に薦めたい!「理不尽なニュースに怒り疲れている人」

やるせないニュースに心が疲れてしまうことが多いですが、何も知らずに闇雲に傷つくより、しっかりと実情を理解しているほうが、心のダメージはいくぶんか軽くなるのではないでしょうか。

『行け!稲中卓球部』

『行け!稲中卓球部』(古谷実、全13巻、講談社刊)

稲豊市立稲豊中学校の卓球部に所属する主人公・前野、『あしたのジョー』オタクの井沢、無口なムッツリスケベの田中。彼ら3バカトリオを中心に、田辺、竹田、木之下らほかの部員と繰り広げる、痛快かつどこか思春期の切なさを感じさせるギャグマンガ。

『行け!稲中卓球部』©古谷実/講談社

取材・文/桑元康平/すいのこ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。