小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で2度目となる今年の夏休み「7連休以上」が3割弱

2021.08.06

NEXER「2021年の夏」に関するアンケート

東京・沖縄では引き続き緊急事態宣言が発出され、まだまだコロナ禍が続く2021年の夏。ワクチン接種が進む一方で、「自粛疲れ」「もう限界」などと繁華街を中心に人の動きが戻りつつもあるよう。

去年同様オリンピック・パラリンピック開催に伴う祝日の移動もある「二度目のコロナ禍の夏」を、みんなはどう過ごそうと考えているのか。日本トレンドリサーチは、「2021年の夏」に関するアンケートを実施した。

​今年の夏、外出頻度はどう変わる?

まずは、この夏の連休の有無について聞いた。連休が「ある」と回答したのは84.3%、1415人。

この人たちに、連休が最大何日間あるのかを聞いた。「7連休以上ある」という人が27.9%と最も多くなった。「4連休が最大」との回答が続いて23.3%だった。

移動した祝日やお盆のあいだの平日で有給休暇を使ってまとまった休みを取るという人が多いよう。カレンダー通りという人は最大4連休となるので、こうした人も多くいるようだ。

多くの人がこのようにまとまった休みを取得する中で、旅行や実家への帰省を予定しているか聞いた。

旅行の予定については「ない」が75.5%。一方で、宿泊旅行の予定がある人は16.5%、日帰り旅行の予定がある人は9.8%となった。旅行する人の中では、「旅行するなら泊りがけで」が多いようだ。

また、帰省する予定があると回答したのは32.2%。「親と同居している」など帰省先がない人を除いた人数の回答であるため、実際の人数としては少ないが、割合は旅行を予定しているよりも高い結果になった。

外出頻度、去年の夏と「変わらず外出しない」が43.7%

続いては、外出の頻度が昨年の同じ時期と比べてどう変化しそうかを聞いた。アンケートを開始した7月9日は、東京都・沖縄県の緊急事態宣言の再発出が正式に決定した日(発表後の夜の時間帯からアンケートをスタート)。これを受けて、8月以降の外出頻度についてみんながどのように考えているかを見てみよう。

「変わらず外出しない」が43.7%が最多、「変わらず外出する」がそれに続き23.4%となった。外出頻度についてこの4択で質問したが、その理由はさまざま。理由について聞いた回答のそれぞれ一部を紹介しよう。

「今年のほうが外出する」と回答した理由

7月中にコロナウイルスワクチン接種2回目を終えるので、注意を怠らずに外出は増やして行きたいと思う(60代・女性)

仕事の関係(50代・女性)

もう自粛に疲れた(20代・男性)

雰囲気が去年と全然違う。みんな普通に出掛けてるから(30代・女性)

コロナの死亡率があまり高くないからそこまで怖いウイルスに感じないなと思ったし、コロナ対策をして外出すれば全く怖くないなと思ったから(30代・男性)

子供が小6で、修学旅行も中止になり可哀想なのでコロナに注意しながら出かけることにした(40代・女性)

もう政府のいう事は聞かない(60代・男性)

気にならなくなってきてる(20代・男性)

オリンピック・ボランティアだし、ワクチン接種も済ませてから頑張る(70代・女性)

政府がオリンピックをするくらいなのだからコロナももう大丈夫だという安心感があるから(60代・女性)

「変わらず外出する」と回答した理由

マスク、手洗いを励行し、三密を避けた外出であれば、問題はないと思います(60代・男性)

必要な外出しかしないので変わらない(40代・女性)

リモートワークはできない仕事なので外出せざるを得ないから(40代・男性)

病院での診察のための定期的な外出であるため変化ありません(60代・男性)

元々1人で近場にしか外出しないので変わらない(30代・男性)

仕事、日常の買い物以外で去年も今年も出ていないため。遊びに行ったりは一切出来ません(40代・女性)

田舎に住んでいて、感染者がほとんどいないから(30代・男性)

コロナ気にしていたらどこにも行けないから(40代・男性)

行きたい場所があって一緒に行きたい人がいるから。今年の8月は今年しかないから(30代・女性)

政府の指示など無視しているから(50代・男性)

「今年のほうが外出しない」と回答した理由

我慢するのが慣れてきたから(40代・女性)

前より家でのんびりするようになった(50代・女性)

お酒の制限が続きそうだから(40代・男性)

イベントが減りそうだから(50代・男性)

多分ですがオリンピックの開催でさらに仕事量が減ると思うからです(50代・男性)

五輪・パラリンピックと夏季休暇により、今後、更に陽性者・感染者が増え、医療もますます逼迫する可能性が高いから。万が一、自分が感染した際、十分な治療が受けられるかも不透明(30代・男性)

在宅ワークになったから(40代・女性)

会議などがなくなったから(50代・男性)

オリンピックが始まるため、外国からの出入りでコロナ感染への不安が大きくなった(30代・女性)

お金がありません(60代・男性)

「変わらず外出しない」と回答した理由

コロナウイルスが落ち着くまで外出は控えている。このスタイルは当分変わらないと思う(30代・男性)

もともと、インドア派なので(50代・男性)

昨年に続いてテレワーク中なので。(50代・男性)

ひとりひとりの意識は大事だと思うので、控えたい。その輪が広がれば、ひとりひとり考えるようになり、意識改革ができるのかなと思います(50代・女性)

外出しないことに慣れて別に不便を感じないから(40代・男性)

ワクチン接種が予約も取れずまだまだ今後の目途が立たないから(50代・男性)

感染者がどこをうろついてるかわからないので外に出ること自体が危険。政府はどうせ何もしない(40代・男性)

今年の夏も昨年同様厳しいと思います。我慢しようと思いました(60代・女性)

コロナにかかっている人数あまり減らないし、予防接種も打っていないから(40代・男性)

最低限の買い物などは以前と変わらずしますが、新たにチャレンジしてどこかへ行くことはないです(40代・男性)

まとめ

いわゆる「自粛疲れ」に苦しむ人、ワクチン接種を終えた人、仕事の環境や量が変化した人、そもそもコロナに対して不安を感じていない人など、さまざまな考え方、事情があることが回答から読み取れる。いずれにせよ今年の夏も、コロナに加え、オリンピックや夏の暑さなどとのあわせ技に多くの人が振り回される「二度目の夏」になってしまいそう。

「夏に関するアンケート」調査概要

調査期間:2021年7月9日~7月12日
質問内容:
質問1:今年の夏、連休(2日以上)はありますか?
質問2:今年の夏の連休は最大何日間ですか?
質問3:旅行の予定はありますか?
質問4:実家への帰省の予定はありますか?
質問5:8月以降の外出頻度はどうなりそうですか?
質問6:その理由を教えてください。
集計対象人数:1,679人
集計対象:事前調査にて「現在仕事をしている」と回答した男女
※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合あり

関連情報:https://trend-research.jp/9044/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。