小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【2021上半期ヒット商品】成熟したHVやPHVの登場で加速する電動化

2021.09.04

最新のハイブリッドモデル、電気自動車が続々登場【加速する電動化】

世界で加速する〝脱ガソリン車〟の動きは、日本でも大きなうねりとなって押し寄せる。ハイブリッド車の相次ぐ登場、ガソリン車の設定廃止など、新型車の購入=ハイブリッド車の流れができつつある。

発売開始から半年間で約3万7500台以上販売

日産自動車 新型『ノート』

日産自動車 新型『ノート』202万9500円~

新しいプラットフォームに第2世代のe-POWERシステムを搭載。パワフルな走りと回生を効かせつつ、なめらかな減速、そして路面状況に応じた発電制御を行なうことで、エンジン作動音を感じにくくなり、静粛性がアップした。

発売前の時点で予約が累計2500台に到達

フォルクスワーゲン 新型『ゴルフ』

フォルクスワーゲン 新型『ゴルフ』291万6000円~

同社初となるマイルドハイブリッド車。走り出しの際にモーターを活用するマイルドハイブリッドを採用。スマホ感覚で使える大型全面タッチスクリーンのインフォテイメントシステムも魅力。

今年4月の発売開始からわずか1か月で受注数3万2000台に到達!

ホンダ『ヴェゼル e:HEV』

ホンダ『ヴェゼル e:HEV』265万8700円〜

2モーターのハイブリッドシステム「e:HEV」を採用。エンジン走行&モーター走行の巧みなスイッチング、「EV」「ハイブリッド」「エンジン」の3モードで次世代のドライビング体験を可能に。

なぜ売れた?[Editor’s View]
脱ガソリン車の動きは販売台数に表われている。ピュアEVの本格導入を目前に、HVやPHVは機能的に成熟。コスパの面でもユーザーを満足させた。(担当編集・ワタナベ)

燃料別販売台数

出典元:一般社団法人日本自動車販売協会連合会
※国内主要メーカーと輸入車の統計を合算して算出
※構成比はガソリン車、ハイブリッド車(HV、PHV)、ディーゼル車、EV車、FCV車、その他

取材・文/安室淳一

DIME最新号の特集は「2021年上半期ヒット商品大検証!」、豪華付録「LEDリングライトPREMIUM」付き!

発売後、すぐに完売して話題になった2021年4月号の特別付録「LEDリングライト30」の豪華進化版。 リング径は約16cmから約20.3cmへと大きくなり、72灯のLEDが最大1800ルーメンの明るさで発光します。さらに、今回は、スマートフォンホルダーを備えており、ビデオ会議やライブ配信で大活躍! スイッチを切り替えると3色×10段階の調光が可能で、撮影用の補助ライトとしても十分使えます。

【参考】https://dime.jp/genre/1178278/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。