小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で人気急上昇の「おうちキャンプ」みんなはどんなふうに楽しんでる?

2021.08.06

コロナ禍でのキャンプ実施に関する変化、回数が増えた人は約6割

コロナ感染防止対策を意識した生活が依然として続く中、旅行やレジャーを楽しむ機会は大きく減少した。一方で、キャンプに対するニーズは上昇傾向にあるようだ。

そこでリノべるは東京、神奈川、埼玉、千葉のマンションに住んでいる人で、キャンプグッズを所有し、キャンプを定期的に行う219名に対して、キャンプと住まいに関する意識調査を実施した。

キャンプの実施回数

 

テントなどキャンプグッズを所有し、定期的にキャンプを行っている方に頻度を聞いたところ、「ほぼ毎週」と答えた方が約3割(26.9%)、さらに「ほぼ毎月」と答えた方も約3割(26.9%)となり、「ほぼ毎月」以上行っている方が半数を超える結果となった。

コロナ禍での、キャンプ実施に関する変化

うち1割強がコロナ禍でキャンプを行うようになったと回答

感染リスクを回避しながら楽しめるアクティビティであることが魅力に

コロナ禍でのキャンプの回数の変化

1位「増えた」(45.2%)

2位「減った」(24.2%)

3位「コロナ禍前はキャンプを行っていないが行うようになった」(14.6%)

コロナ禍でキャンプの回数が増えた理由

1位「感染リスクを回避した遊びのため」(74.8%)

2位「自然と触れ合うことでストレスを解消したい」(61.1%)

3位「車による三密を避けた移動で行けるレジャーなため」(39.7%)

※複数回答可

コロナ禍でキャンプの頻度には変化が生まれたのか?

コロナ禍でのキャンプ回数の変化を質問したところ、1位「増えた」(45.2%)、2位「増えた(コロナ禍以前は行って無かった)」(14.6%)、3位「減った」(24.2%)、4位「変化なし」(15.5%)という結果となり、コロナ禍で約6割の方の回数が増えたことがわかった。

続いて回数が増えた理由としては、「感染リスクを回避した遊びのため」(74.8%)や、「車による三密を避けた移動で行けるレジャーなため」(39.7%)が上位にランクインし、感染リスクを回避しながら楽しめるアクティビティに魅力を感じられている傾向がみられた。

また、「自然と触れ合うことでストレスを解消したい」(61.1%)が2位にランクインし、長い自粛期間や家に留まらなければならないストレスを、キャンプを行うことで解消している動きも垣間見られた。

おうちキャンプの実施

おうちキャンプの楽しみ方

1位「スキレット、ダッチオーブン、メスティンなどを利用してキャンプ飯を楽しんでいる」(52.5%)

2位「キャンプグッズを家具として使っている」(49.2%)

3位「テントやタープを張って子供用の遊び場にしている」(44.8%)

4位「キャンプグッズを飾ってインテリアにしている」(38.1%)

5位「ハンモックを楽しんでいる」(30.9%)

※複数回答可

住まいで活用しているグッズ

1位「椅子やテーブル」(55.7%)

2位「ガスコンロ、ガスバーナー、BBQグリルなどの火器」(53.4%)

3位「スキレット、ダッチオーブン、メスティンなど調理道具」(42.9%)

※複数回答可

続いて、住まいの中でキャンプを味わう「おうちキャンプ」の実態について聞いてみたところ、なんと、約8割を超える方が楽しんでいるということが判明した。

具体的には、1位「スキレット、ダッチオーブン、メスティンなどを利用してキャンプ飯を楽しんでいる」(52.5%)、2位「キャンプグッズを家具として使っている」(49.2%)、3位「テントやタープを張って子供用の遊び場にしている」(44.8%)、5位「ハンモックを楽しんでいる」(30.9%)、という結果に。

最近のメスティンブームなどもあり、「キャンプ飯」は日常の中で非日常を味わえる一つのアクティビティとしても人気のようです。また、4位には「キャンプグッズを飾ってインテリアにしている」(38.1%)がランクインするなど、実用性だけでなく”飾る収納”でもキャンプ気分を満喫しているという方も多くいた。

調査概要

調査方法:webアンケート方式

調査対象:20代~59代の東京、神奈川、埼玉、千葉の

マンションに暮らし、キャンプグッズを所有し定期的にキャンプを行っている方

サンプル数:219名

調査実施日:2021年7月5日(月)~2021年7月7日(水)

調査主体:リノベる

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。