小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年上半期よく食べるようになったと思う食べ物TOP3、3位ニンニク、2位高級食パン、1位は?

2021.08.07

「食」は一つのエンタメだ。「食」を通して幸福感が得られ、テーブルを囲む親しい人とのコミュニケーションが生まれ、そして家族とのだんらんが育まれる。そんな「食」の楽しみに、コロナ禍で一定の制限をかけなければならない今。人々はどんな“食体験”を享受しているのだろうか?

ぐるなびではこのほど、20代~60代のぐるなび会員1,000名を対象に「2021年上半期の食体験」に関する意識調査を実施した。詳細は以下の通り。

月に1回以上の外食利用は約7割。テイクアウトは若い世代ほど高頻度で利用

2021年上半期に、月に1回以上『外食』を利用した人は69.1%、『テイクアウト』は53.2%、『デリバリー』は25.0%、『お取り寄せ』は17.8%となった。

特に『テイクアウト』については、年代別で利用差が見られ、若い年代ほど利用頻度が高いことがわかった。20代では58.2%、30代では59.0%と、全体と比較しても約5ポイント高い結果となった。

「外食」「テイクアウト」「デリバリー」「お取り寄せ」の全てで家族との利用が最多

2021年上半期に一緒に食体験をした相手について尋ねると、昨年に引き続き外出自粛傾向が続き、おうちで過ごす時間が増えたこともあってか、『外食』『テイクアウト』『デリバリー』『お取り寄せ』全てで「家族」との利用が6割台で最も高くなった。

『外食』利用の相手を性年代別で見てみると、20代男性では「1人で」が最も多い結果となった。20代では他にも「家族」「友人、知人」「恋人」などの項目で男女の差が見られる。

外食利用シーンは日常のランチが最多

2021年上半期に食体験をしたシーンについて尋ねると、『外食』は「日常の普通の食事(ランチ)」での利用が最も多く、『テイクアウト』『デリバリー』『お取り寄せ』では「日常の普通の食事(ディナー)」での利用が最も多い結果がでた。

また、『お取り寄せ』では「日常のプチ贅沢(ディナー)」としての利用が25.8%と2番目に多い結果となった。

特に昨年との違いが見られたのが『テイクアウト』の「日常の普通の食事(ランチ)」の利用だ。同アンケート内で取得した2020年上半期の値と比較すると、全体では約5ポイント増えており、30代と50代の女性では昨年よりも10ポイント以上増加した。同じく7割近い60代女性とあわせて、日常のランチでのテイクアウト利用が定着してきたと考えられる。

外食で利用した業態は「寿司」「ファミレス」「ラーメン」が上位に

2021年上半期によく利用した業態を尋ねると、『外食』は「寿司」、『テイクアウト』は「ファストフード」、『デリバリー』は「デリバリー/テイクアウト専門店」が、それぞれ最多となった。

また、外食の利用業態は、全体では「寿司」「ファミリーレストラン」「ラーメン」が上位の一方で、50代女性では「イタリアン、フレンチ」、20代女性では「カフェ」、50代男性では「居酒屋」なども高くなっており、性年代別で特長の違いが見られた。

デリバリーは、若い年代でお金をかける傾向に

2021年上半期の『外食』『デリバリー』『テイクアウト』『お取り寄せ』の1ヶ月あたりの利用金額について尋ねると、『テイクアウト』と『デリバリー』は3,000円以内が6割台なのに対し、『外食』と『お取り寄せ』では3,000円超が5割以上と、より多く支出されていることがわかった。

また、『デリバリー』の利用金額は年代別の差が見られ、若い年代ほど3,000円超の割合が高くなる傾向が見られる。

酒量の変化は「変わらない」が大半、「増えた」は40代女性が最多で約25%

コロナ前や昨年と比較して2021年上半期の酒量について尋ねると、「変わらない」という回答が大半となった。コロナ前との比較では、「減った」という回答が20代女性で44.4%と最も多く、どちらも「増えた」という回答は、40代女性が最も多くなっている。

外食時の新型コロナ対策は女性のほうが意識が高い傾向に

外食に関して気を付けていること、意識していることを尋ねると「1人もしくは出来るだけ少人数で利用する」「混雑したお店に行かない」「長居しない」が上位となった。性別で見ると特に女性の方が意識が高い傾向にあり、特に40代以上の女性では全体を10ポイント以上上回る項目が多くなっている。

贅沢なお取り寄せでおうちで外食気分!肉や魚介類など食材系が上位に

2021年上半期によくお取り寄せしたものを尋ねると、「肉、食肉加工品」「スイーツ、お菓子」「魚介類、海産物」が上位になった。

コロナ禍で「食」を楽しむために工夫していることの自由回答では、「プチ贅沢な食材を取り寄せる」「いつもより少し良いものを取り寄せ、外食気分」といった回答が複数あった。また性別で見ると、女性は「スイーツ、お菓子」が51.7%で1位となり、男女で20ポイントの差があった。

上半期よく食べたメニューは「鶏のから揚げ」「高級食パン」「ニンニク」が上位に

2021年上半期によく食べるようになったメニューを尋ねると、「鶏のから揚げ」「高級食パン」「ニンニク」が上位となり、性年代別で特に違いが見られたのが「高級食パン」だ。

特に40代以上の女性からの支持が高く、60代女性では全体の2倍以上にもなっている。また、「マリトッツォ」や「フルーツサンド」などのトレンドメニューは20代女性からの支持が高い一方で、50代以上の男性は0%という結果に。

上半期は、ボリュームたっぷりでプチ贅沢なパンのトレンドメニューが、女性を中心によく食べられていたことがわかった。

<調査概要>
調査期間:2021年6月28日(月)~6月30日(水)
調査方法:WEBアンケート
調査対象:全国
回答者:20代~60代のぐるなび会員1,000名

出典元:株式会社ぐるなび
https://www.gnavi.co.jp

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。