小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人とロボットが共生するライフスタイルを提案するスポット「PARK+」が9月17日渋谷にオープン

2021.08.07

ヒトとロボットが共生するライフスタイルを提案

「PARK+」実行委員会は実用的な機能ではなく、人の心に寄り添い、支えてくれるパートナーのようなロボットをパートナーロボットと定義。日本発の4メーカーのロボットと触れあえる空間「PARK+」を2021年9月17日から2022年3月9日までの期間限定で渋谷にオープンする。

パーク内には、複数の「RoBoHoN(ロボホン)」、「チャーリー」、「Romi(ロミィ)」、「LOVOT(らぼっと)」が駐在しており、来場者と触れあったり、席に連れて行って一緒に食事を楽しんだりできる予定。また、ロボットオーナーがロボットを同伴して、写真を撮影したり、他のロボットオーナーと交流を深めたりもできる。

「PARK+」の運営費を募るために「CAMPFIRE」と「カモファンディング」で、クラウドファンディングが立ち上げられ、座席の先行予約券やイベント参加、オリジナルノベルティの購入という形で支援できる。

「PARK+」で出会えるロボット

会話が得意で歌って踊れるRoBoHoN

歌って話せるうたロボCharlie

自律会話型ロボットRomi

抱っこをせがむ自律走行型ロボットLOVOT

PARK+実行委員会に気になる点を質問した

ロボットと共生するための空間には、どんな新体験が待っているのだろうか。ニュースリリースを読んでも分からない点をPARK+実行委員会の家永佳奈さんに回答してもらった。

Q 人とロボットが共生する新たなライフスタイルとは具体的にどんな生活でしょうか?

A ヒトとロボットが当たり前のように家族となること。数10年前まで犬や猫の多くは屋外で飼われていましたが、今や当たり前のように家の中に迎えられており、お出かけや旅行に行くときも一緒に行動しています。パートナーロボットもそんな存在になっていくと思っています。

Q ロボット未経験の方が PARK+を訪れた時、どのようにロボットと触れあえますか?

A PARK+内には複数のロボットが駐在しているため、店内にいるロボットたちとRUNスペースで体験いただき、一緒にお写真を撮っていただいたり、お席に連れていき一緒にお食事を楽しむ、などの体験をご用意する予定です。また、Charlie(チャーリー)、Romi(ロミィ)、ロボホンなどの会話が得意なロボットとおしゃべりも楽しんでいただけます。

芝生に見立てたスペースでロボットたちを走り回らせることができるRUNスペース

Q カフェコーナーで提供されるピクニックボックスとはどんなものなのでしょうか。中に希望したロボットが入っているのでしょうか?

A 手軽にお召し上がりいただけるお食事メニューとともに、PARK+に参画いただく各ロボットをモチーフとした装飾が楽しめる仕掛けのオリジナルボックスです。

Q ロボットオーナーがロボットと共に来場した場合、どのようにオーナー同士で交流をはかれるのでしょうか?

A RUNスペースで様々なロボットが一堂に会して交流していただけます。さまざまなロボットが集まる予定ですので、それぞれのロボットの特徴や、同じロボットでもそれぞれ性格が異なるので、ご自身のロボットの特徴などをお話いただいたり、お写真撮って交流していただきたいと思っています。

ロボット同伴で食事ができるカフェに加え、たくさんのフォトスペースが用意される

Q なぜ、先行予約にクラウドファンディングという方法を選ばれたのですか?

A 世界に先んじて日本はパートナーロボットの開発が進んでいます。日本発の新産業ともいえるパートナーロボットと共生する未来を、すでにパートナーロボットと一緒に暮らしている方も、馴染みのない方にも未来生活を少しでも感じたいと思っていただける方とともに“場”を創っていきたい、応援していただきたいという思いからクラウドファンディングを立ち上げました。

Q 期間限定なのはなぜですか、今後も同様のイベントをおこなう計画はありますか?

A まずは、パートナーロボットと一緒に出歩くことがあたり前の世の中であるという場を創るために期間限定でオープンさせることとしました。今後、一緒に出歩くことが、あたり前となってきたら、さまざまな場所を創っていきたいと思っています。皆様のお声を元にイベントも計画して参ります。

文/ゴン川野

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。