小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

在宅ワークのランチにおすすめ!ミシュランシェフ直伝のかんたん激旨レシピ5選

2021.08.07

テレワーク中のランチやちょっとした間食などのときにする料理。簡単にササっとできるのに美味しいものなら、作るのも食べるのも楽しくなるはずだ。

今回は、ミシュランシェフでレストラン「sio」のオーナーシェフである鳥羽周作シェフが公表している、病みつきになる激ウマ簡単レシピを5つ紹介する。それぞれ、シェフのおすすめコメントも要チェックだ。

簡単に作れる!ミシュランシェフの激うまレシピ5選

【取材協力】

「sio」オーナーシェフ 鳥羽周作氏
1978年生まれ、埼玉県出身。Jリーグの練習生、小学校の教員を経て、32歳で料理人の世界へ。2018年、代々木上原にレストラン「sio」をオープンし、ミシュラン・ガイド東京で2年連続1つ星を獲得。また、業態の異なる5つの飲食店(「o/sio」「純洋食とスイーツ パーラー大箸」「ザ・ニューワールド」「㐂つね」)も運営。書籍、YouTube、各種SNSなどでレシピを公開するなど、レストランの枠を超えた様々な手段で「おいしい」を届けている。2021年4月、博報堂ケトルとチームを組み、食のクリエイティブカンパニー「シズる株式会社」を設立。モットーは『幸せの分母を増やす』
Instagram おうちでsio / 鳥羽周作
YouTube 鳥羽周作のシズるチャンネル

1.「包丁いらずの無限さばパスタ

まずはサバ缶を使う楽に作れるパスタ。簡単なのに無限に食べられるシェフならではの工夫がある。手早くできるので、テレワーク中のランチにもおすすめだ。

鳥羽シェフ「ニラ醤油さえ常備していれば、切るものがないので楽に作れます。バターとニラ醤油で無限に食べられます」

【材料(1人分)】
・パスタ 100g
・サバ缶 1/2
・ニラ醤油 大さじ1
・バター 10g
※ニラ醤油は、麺つゆ 小さじ2、塩昆布 ひとつまみでもあり。

●ニラ醤油の作り方

ざく切りのニラ1束分、輪切りにした青唐辛子1~3本、醤油200ml、アルコールを飛ばしたみりんと料理酒100mlずつを混ぜ合わせて一晩付けておく。

【作り方】
(1)湯量1%の塩を入れた、たっぷりのお湯でパスタ100gをゆでる。
(2)パスタをゆでている間に、サバ缶1/2をボウルにほぐし、ニラ醤油大さじ1、バター10gを入れる。

(3)ゆで上がったパスタと和える。

2.「激うま10分ハヤシライス

続いては鳥羽シェフのお子さんも大好きだというハヤシライス。なんと10分でできるので、これもちょっとしたランチや夕飯にぴったりだ。

鳥羽シェフ「牛肉を炒めたとき、余分な油をザルで切ることで、雑味のないハヤシライスになります。玉ねぎを炒めすぎずに食感を残すのもポイントです!」

【材料(3~4人分)】
・牛肉スライス 250g
・玉ねぎ 1個
・ハインツデミグラスソース 1缶
・野菜ジュース 100cc
※トマトジュースでもOK。
・水 100cc
・バター 20g
・ケチャップ 大さじ2
・みりん 大さじ2
・醤油 小さじ1
・塩 少々
・コショウ 少々
・砂糖 少々

【作り方】
(1)牛肉に塩胡椒をして炒め、ザルにあげる。

(2)玉ねぎをくし切りにし、バター10gで軽く炒める。
(3)(1)の牛肉を戻し、デミグラスソース缶、野菜ジュース、水、みりん、ケチャップ、を入れ煮込む。
(4)醤油を入れて味見をし、塩、砂糖で好みの味にととのえる。
(5)仕上げにバター10gを入れたら完成。

3.「おいしくてからだにいい すごいフレンチトースト」

これは一見して、普通のフランスパンを切ったバゲットのフレンチトーストに見えるが、実は栄養たっぷりのからだにいいフレンチトーストなのだという。

先日、ユーグレナ社のコーポレートシェフに就任し、藻の仲間であるユーグレナを美味しく食べるための活動をミッションとする鳥羽シェフによれば、ユーグレナには旨みがあり、無限の可能性があるという。

今回使用しているユーグレナは、石垣ユーグレナを使用したもの。石垣島ユーグレナには人間が必要とする豊富な59種の栄養素、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、オレイン酸などの不飽和脂肪酸、特有成分パラミロンなどがあり、細胞壁をもたないため、栄養の消化吸収率も高い特長があるスーパーフードだという。

鳥羽シェフ「からだにユーグレナ グリーンパウダーを使っているのでめっちゃからだにいい。そして味は抹茶みたいな感じになっているので、フレンチトーストにはめっちゃ合います。だからすごいフレンチトーストなんです」

レシピ動画の最後には、鳥羽シェフが試食し「うまっ」「これうまほんと!」とリアルな感想も見られる。

【材料(4人分)】
・バゲット 1本
・卵 5個
・グラニュー糖 75g
・牛乳 100g
・生クリーム 75g
・からだにユーグレナ グリーンパウダー 1本(5g)
・バニラエッセンス 5摘
・バター 20g
・メープルシロップ 大さじ4
・粉糖 適量

【作り方】
(1)バゲットを8等分にカットする。
(2)ボウルに卵を割り入れ、グラニュー糖を加えてよくすり混ぜる。
(3)ユーグレナ、牛乳、生クリーム、バニラエッセンスを順に加えてその都度よく混ぜる。
(4)深さのある容器にバゲットを並べて、上から卵液をかけて一晩置き、中心まで浸透させる。
(5)フライパンにバターを溶かし、バゲットの断面を下にして入れる。

(6)両面に焼き色が付くまで弱火で焼く。
(7)皿に盛り付けて、粉糖、メープルシロップをかける。

4.「鶏胸肉の唐揚げ

続いては、驚くほどやわらかくなると評判の、鶏胸肉の唐揚げ。下味をつけてサッと揚げれば完成。揚げ物をあまりやらない人でも、簡単にできるのでトライしてみよう。

鳥羽シェフ「このやり方で揚げると究極にジューシーに仕上がります。下味と別に、あとがけスパイスで味と香りを決めるので、失敗知らずです」

【材料】
・鶏胸肉 300g
・(A)酒 25g
・(A)水 25g
・(A)にんにく 2.5g
・(A)生姜 2.5g
・(A)塩 2.5g
・(A)砂糖 5g
・片栗粉 適量
・小麦粉 適量
・山椒、黒胡椒、塩、味の素等の調味料 適量

【作り方】
(1)鶏むね肉を6等分に切る(1個50gになるように)。
(2)Aで下味をつける。

(3)片栗粉:小麦=1:1の粉につける
(4)180度の油で、3分揚げて、3分休ませて、1分揚げ油をよく切る
(5)ボウルに入れて、山椒、黒胡椒、塩、味の素を全体に振りかけて和えたら完成

5.「牛わさび茶漬け

最後は、松屋でテイクアウトしてきた牛丼を使ったアレンジレシピ。薬味とお茶を用意すれば、いつもとは違う、渋い美味しさが味わえる。

鳥羽シェフ「わさび多めでお願いします。めっちゃうまいので、絶対試してほしいです」

【材料(1人前)】
・牛めし(あたまの大盛) 1つ
・ねぎ 適量
・ミョウガ 適量
・刻み海苔 適量
・わさび 適量
・熱いお茶 適量

【作り方】
(1)ごはんに焼肉のたれを適量かける。
(2)牛皿とねぎ、ミョウガ、刻み海苔を散らし、わさびを多めにのせる。

(3)最初はそのまま、最後は熱いお茶でさっぱりと。

どれも鳥羽シェフならではの“激うま”な魔法が仕掛けられた美味しいのに簡単なレシピ。美味しいものを作りたいけれど、手間はかけたくないし時間がない。そんなときに試してみよう。

【参考】「ユーグレナ あとはおいしくするだけプロジェクト」特設サイト

取材・文/石原亜香利

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。